2010年2月16日 (火)

高性能モバイルの新VAIO Zが国内正式発表に

海外向けには年始のCESで発表されていた新VAIO Zですが、国内向けにも正式発表となりました。

SONY:VAIO Z特設ページ
AV Watch:ソニー、ハイスペック13.1型モバイル「VAIO Z」正式発表
AV Watch:VAIO Z開発者インタビュー

z

13.1型、最軽量1.36kg、最長11時間駆動のモバイルマシンながらCPUにCore i5/i7搭載。GPUはGeForce GT330MとGMAのハイブリッドとデスクトップマシン顔負けのハイスペック。魅力的ですねー

液晶もVAIOオーナーメードモデルならフルHDにできますし、AdobeRGB96%カバーの広色域になるので本格的な画像編集も可能。ソニー独自のサウンドエンジン「SoundReality」も搭載しているなどクリエイティブな用途をかなり意識しているようです。

圧巻はSSD×4でRAID0を構成するクァッドSSD。これは凄まじい。
ただデュアルSSDに比べ+4万円程度とかなりお高いのがネックですが・・・

VAIOオーナーメイドでは最小構成で153,800円~。CPUをi7、ストレージをデュアルSSD128GB、液晶をフルHDにしても20万円を切るのでスペックを考えれば決して高すぎないと思います。ただクァッドSSDやLバッテリーなどを選ぶと一気に25万、30万となってしまうので構成選択はかなり悩ましいですね。

個人的には値段よりもLバッテリーで1.5~1.6kgという重さがネックに感じます。今使ってるtypeG(1.0kg)より大幅に重くなるのは避けたいのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

VAIO X正式発表。13.9mm厚で10時間動作

9月頭のIFAで公開、9月末にはティザー公開をしていたVAIO Xがついに正式発表となりました。

PC Watch:ソニー、13.9mm厚の超薄型モバイル「VAIO X」正式発表
PC Watch:HotHotレビュー ソニー「VAIO X」
SonyStyle:パーソナルコンピューター “VAIO”VAIO Xシリーズ

vaioxside

VAIO Xは11.1型ワイドモニタを搭載しながら薄さ13.9mm、重量655g(最小構成時)、標準バッテリーで10時間稼動というモバイル性の高いノートPC。
ギリギリまで隠していたパフォーマンススペックについてはAtomZ+US15W+メモリ2GBというtypePなどと同等のネットブック的なものでした。

その他OSにWin7、ストレージにSSD、GPS+WWAN or WiMAX、Bluetooth、ミニD-Sub、有線/無線LAN、NTSC比100%の高品質モニタ、マルチタッチ対応パッドなどを搭載します。

なお標準のLバッテリーのほか、なんと20.5時間稼動を実現するXバッテリー、5時間稼動でより軽いSバッテリーも用意されています。ただしXバッテリーを付けるとかなり出っ張るためせっかくの薄さが台無しなのがネックですが。
vaioxx

ソニースタイル直販価格はAtom Z530/Sバッテリ/64GB SSDの最小構成で89,800円、Atom Z550/Lバッテリ/128GB SSDといった実用的な構成にしても11万円台などなかなか魅力的な価格設定がされています。

自分も含めCore2などのCULVクラスのCPUでなかったことを残念に思う方も多いでしょうが、一方で性能よりも薄さ軽さバッテリーを重視したいというニーズもやはり多いのだと思います。

US15WならHD動画再生も可能ですし、CPUもAtomとはいえZ550など高クロックモデルを採用しているのでよほど高負荷な用途でなければそれなりの快適さで動くでしょう。ストレージがSSDというのも体感性能の向上に大きく役立つと思います。気軽に持ち運べてしっかり使えるノートPCとして魅力的ですね。

調べれば調べるほど欲しくなってしまいますが、今はデスクトップのCore i7化貯金のほうが優先。ガマンガマン・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

日本SonyStyleにVAIO Xのティザー登場。発表間近か

今月はじめにIFAで発表された超薄型、軽量、高スタミナPC「VAIO X」のティザーが日本のソニーHPにも登場しました。

SonyStyle:VAIO New Mobile
vaioxteaser

VAIO Xは薄さ14mm、重量700g、長時間駆動(具体的数値は不明)といった特徴を持つ11.1型のモバイルノートPC。今月はじめのIFAにて発表されました。
今回のティザー公開で日本での発売も確定したということですね。
VAIO Xに関する最新情報をメール配信するサービスも受付しているので興味のある方は登録しておきましょう。

さてVAIO Xについて気になるのは未公開のスペックとバッテリーですね。バッテリーに関しては昨日Core2Duoを採用しながら16時間駆動という高スタミナを実現させたLet'sNote S8/N8が発表されましたが、性能的に劣ると思われるVAIO Xではやはりこれを上回る駆動時間を実現させることが期待されます。20時間の大台に乗るとインパクトがありますがどうでしょうか?
(薄さ重さのハンディがあるから厳しいか)

スペックについてはIFA展示版では未確定としながらAtom搭載でした。ただ最近はAtom(+945GSE)に対してスペック不足を感じるユーザーも多くなっているので願わくば超低電圧版Core2DuoなどCULVクラスのプロセッサにアップグレードしていると嬉しいところ。

正式発表がいつになるか分かりませんがこのタイミングだと10月6日から開催のCEATEC 2009で発表の可能性が高いかもしれませんね。期待して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

薄さ14mm,重量700gのウルトラモバイル「VAIO X」が発表に

現在ベルリンで開催中のベルリン国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)において激しく薄いノートPC「VAIO X」が発表されたようです。

Engadget:ソニー VAIO X 実機ギャラリー、X505と比較
Engadget(英文):Sony announces VAIO X ultraportable
Engadget:ソニー、新 VAIO Xシリーズを発表、11インチで700g ・ 14mm厚

vaiox

イベントで発表されたばかりなので詳細な仕様については不明ですが、ブランド名は”VAIO X”11.1インチディスプレイに厚さ14mmの激薄ボディ、700gを切る軽さを備えています。外装はカーボンファイバー、キーボードはアルミニウムだそうです。さらにバッテリーは1日とさらに夜まで使えるくらいの高いスタミナを持っているとか。

PCとしてのスペックはまだ不明な点が多いものの、CPUはAtomを搭載し、WWANを備えるということでVAIO typePのようなプレミアムクラスのネットブックという位置づけではないでしょうか。

[追記 9/3 13:00]
情報元リンクを追加しました。
IFA展示モデルではAtomに2GBメモリ、OSはWin7という構成だったとのこと。GPUは不明ですがAeroが有効になっていないところを見るとIONの可能性は低そうです。しかしこれは試作機の段階であり、スペックについては変更される可能性があるということです。個人的には1ランク上のパフォーマンスを持つCULVやIONのほうが訴求力が高そうに思いますがそこはバッテリーとのトレードオフがあるので難しいかもしれませんね。

バッテリーについては当初”1日使える”と書きましたが私の誤訳で、”1日とさらに夜まで使える”ということでした。10時間くらいは持つのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

シャープからモバイルネットに特化した新デバイス登場

シャープからLinux搭載の”モバイルインターネットツール”「NetWalker」が発表されました。9月25日から発売で予想実売価格は44,800円。

PC Watch:シャープ、Linux搭載のモバイルインターネットツール「NetWalker」

pcz1

NetWalker(PC-Z1)はインターネットをモバイルで利用するためのツールで、コンセプトとしてはネットブックに近いもの。
ただしネットブックの多くがWindowsを搭載することでPCとしてほぼフル機能を持っているのに対し、NetWalkerはARMのCPUOSはLinuxとかなり割り切った仕様になっています。その代わりモバイル性能はネットブックを凌駕しており、電子辞書並みのA6サイズの本体、409gの軽さ、10時間のバッテリー駆動時間を備えています。

具体的な仕様はCPUにFreescale i.MX515(800MHz)、OSはUbuntu 9.04カスタム、5型1,024×600ドット液晶、メモリは512MB固定、ストレージは4GB(MicroSDで拡張可能)、11b/g無線LAN、USB×1、miniUSB×1など。
プリインストールソフトはFireFox、Thunderbird、OpenOffceなど。動画再生ソフトのTotemは再生支援にも対応しています。
※シャープ:PC-Z1仕様一覧

確かにネットブックは大きさはともかくバッテリーが2~3時間程度しか保たない機種が多く、本当に気軽に持ち出して自由に使えるとは言いがたい部分がありましたので、こういったデバイスが受け入れられる余地は十分にありそうです。
今後他社からも似たようなデバイスが数多く登場しそうですね。

以下ぶつぶつとダメ出しです↓
--------------------------
1,024×600ドットの高解像はいいですけど、5型ということはドットピッチが0.107mmですよね・・・VAIO typePより狭いですよ。フォントは独自の読みやすいフォントらしいですけどそれでも厳しくないでしょうか。あとモバイルでネット利用がウリのデバイスなのに3G無線やWiMAXが非搭載ってありえなくないですか?バッテリーも10時間駆動とは謳ってますけど外だとモニタ輝度も高くなりがち、無線LANも使うわけで実際にはどの程度保つのやら・・・バッテリー交換不能なのもネックですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年1月 8日 (木)

SDカードとメモリースティックがともに仕様拡張、最大容量2TBに

SDカードとメモリースティックがともに仕様を拡張、最大2TBまで対応できるようになるそうです。

AV Watch:最大2TBを実現するSDカード上位規格「SDXC」
ソニー:サンディスクとソニー、「メモリースティックPRO」と「メモリースティック マイクロ」の拡張フォーマットを共同開発

現在メモリーカード市場で多分2TOPであろうSDカードとメモリースティックですが、どちらも現在の仕様では32GBまでという容量制限があります。
ところがSDカードは既に32GBモデルを発売中、メモリースティックも16GBと制限一歩手前まで来ており、容量の壁が目前に迫っています。

そこで今回のフォーマット拡張ではファイルシステムを変更することで物理的なカード形状などを変更することなく、最大2TBまでの容量拡張を可能にするとともに、転送速度も高速化されることになります。

具体的にはSDカードは現在のSDHCから「SDXC」フォーマットに拡張され、ファイルシステムにexFATを採用。最大容量2TB、転送速度104MB/sを実現します。さらに将来の拡張で転送速度は300MB/sまで高速化する予定との事。

対するメモリースティック陣営も名称は「高容量向け拡張フォーマット(仮称)」でファイルシステムも明らかにされていませんが、最大容量2TB、転送速度60MB/sを実現します。
転送速度がSDカードのほうが速くてより良い気がしますが、60MB/sでも現在の3倍速なのでまぁ決して遅いわけではないです。

早くもPSP2はこの拡張フォーマット対応ではないかとかSDXCの300MB/sは嘘くさいとかいろいろな話が持ち上がっているようですが、2TBのメモリーカードなんて想像しただけで将来が楽しみになりますね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

超ワイド、超軽い、3G対応のVAIO type P 発表!

ティザー広告がうたれていた『VAIO New Mobile』ことVAIO PシリーズがCESで正式発表されました。
その正体は変則ワイドモニタのAtomノートです。

 gallery_mid_bkg gallery_top_bkg

vaiop

SONY:VAIO type P(日本)

◎VAIO Pシリーズ基本仕様
・Sonyいわく”ポケットスタイルPC”
・Atom Z520(1.33GHz)、Z530(1.6GHz)、Z540(1.86GHz)の3モデル
・Windows Vista搭載 (Aero使用不可)
・8インチ 1600×768ドットウルトラワイドモニタ
・245mm(W) x 19.8mm(H) x120mm(D)(MacBook Airとほぼ同じ厚み)
・60GB HDDや128GB SSD搭載可能
・2GBメモリ
・最長4.5時間バッテリー(別売大容量バッテリーで9時間)
ファンレス
約588g~ (EeePCより断然軽い、ウィルコムD4並)
3Gデータ通信(ドコモ)、Bluetooth、802.11b/g/n
・ワンセグモデルあり
インスタントモード(電源OFFからクイック起動、XMBでネットや動画)
・GPS、Webカメラ、カードリーダー内蔵
・大きめのポインティングスティック(トラックポイント)
・USB×2、独自コネクタで外部ディスプレイと有線LAN対応
・最小構成79,800円より、SonyStyleで1月9日10時より先行販売予約開始
・黒、赤、緑、白の4色バリエーション(黒はSonyStyle限定)

低価格志向のネットブックとは違い、高価格路線のウルトラモバイルPCという位置づけのようです。3Gデータ通信などウィルコムD4にも近いところがありますね。ネットブックでは物足りないバリバリのパワーモバイルユーザーには魅力的ではないでしょうか?
ただ標準のZ520ではCPUがちょと弱い気がするのでSonyStyleでZ540などにしたほうがいいかもしれません。あとこのサイズで縦768ドットは凄い文字細かそうな予感・・・

◎関連リンク
Hothotレビューソニー「VAIO type P」~小型モバイルの新たなスタイルを提案
こだわったのは薄さ、軽さ、そしてスタミナ~VAIO type P開発者インタビュー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月28日 (水)

幻の外付けGPU「XG Station」が正式発表!

すっかり企画ごと消えたのかと思ってました・・・

ASUSTekからノートPC向けの外付けグラフィックボードという斬新な製品、「ROG XG Station」が発表されました。

xgstation

ROG XG Stationは本体内にGeForce 8600GTを内蔵しており、ノートPCとExpressCard経由で接続することで本機をノートPCのGPUとして使用することができるようになります。
これによりノートPCでもデスクトップマシン並のグラフィック性能が得られ、3Dゲーム快適にプレイ可能になる・・・らしいです。
ASUSTekによれば本機を使用するとIntel 945GM内蔵GPUに対して12倍、Intel 965GMに比べ6.7倍の性能向上が得られるとしています。

なかなかコンセプトは面白いと思います。
発売時期や価格、8600GT以外のモデルやユーザーによるグラボの交換は出来るのかなどなど詳細が知りたくなってきますが、今のところ公表されていません。

ちなみにこのXG Stationは2007年1月のCESで参考展示されていて、それなりに話題になっていたのですが、その後なかなか続報がなかったのでやきもきしていたユーザーも多かったのではないでしょうか?
どうやら本当に発売されるようですので、ノートPCユーザーは期待して待ちましょう!

◎関連リンク
ASUSTeK、ノートPC用外付けビデオカードを正式発表(PC Watch)
ノートPC用グラフィックスカード”「XG Station」の正体に迫る(4Gamer)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

メモリ価格が円高影響で再崩落!

メモリが・・・メモリが安すぎる・・・

秋葉原ではとうとう1GBモジュールが2000円を切ったらしい・・・
これまではそれほど下がってこなかった2GBモジュールも初の5000円割れを記録・・・
しかもまだ下がる見通しらしい・・・

つまりわずか8000円出せば32bitOSの限界である4GBメモリ環境が実現・・・
1万円でおつりがくる・・・
1GB=10000円時代はいずこに・・・

さぁ、みんなメモリを買うんだ・・・
(なんか3点リーダだらけの文だ・・・)

◎関連リンク
メモリ価格が崩落、1GBは2千円割れで2GBは5千円割れ(Akiba PC)
メモリ価格が再び暴落中!1GBがついに2千円台へ
DDR2メモリの価格が暴落中~今が買いどきだ!~

◎ネットショップリンク
デスクトップ用メモリー
[クレバリー] [TWOTOP] [ドスパラ] [Faith] [TSUKUMO]

----------------------------------
ところで15日木曜日にゲーム『ヘブンリーソード』買いました。
そしてもうクリアしました^^
ちょっと格ゲーっぽいアクションゲーム。面白かったです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年10月24日 (水)

ベンキューから5万円で買える24型ワイド液晶が登場!HDMI・DbD対応!

ひさしぶりにモニタの話。

先日ベンキューからHDMI入力対応24インチワイド液晶ディスプレイ「G2400W」が発表されました。
すでに発売していて、実売価格が5万円台前半という驚きの低価格です。

Benq_1

G2400Wの主なスペックは24インチワイド、WUXGA(1,920×1,200)対応、約1,677万色表示、輝度250cd/m2、応答速度5ms、コントラスト比1,000:1、
入力はDVI-D(HDCP対応)、ミニD-Sub15ピン、HDMIの3系統。
安価なモニタでのHDMI対応は珍しいですね。

また、HDMI入力は1080pでの入力に対応し、表示モードも全画面引き伸ばし、アス比固定引き伸ばし、ドットバイドットと豊富。
特にドットバイドット表示はAVユーザーやゲーマーを中心に需要が高いモードです。
これも安価なモニタで対応しているものが少ないので、5万円モニタで対応はうれしいポイント。

あとスペック表には載ってないのですが、どうやらパネルはTNパネルのようです。
VAの可能性を期待したのですがさすがにこの値段でそれは期待しすぎですか・・・
(ちなみにTNは一般に安価だが応答速度や視野角に難あり、VAはやや高価ながらハイスペックという特徴があります)

----------------------------
う~ん、24インチ、HDMI対応で実売5万円はおそろしく安いですね。
DELLでさえ24インチは7万円弱してるのに・・・(しかもHDMI非対応)

モニタは4月にE207WFPに買い換えたばかりですが、これほしいなぁ(笑)
実は最近E207WFPにPS3をつないでゲームしてまして。
そうすると変換アダプタでDVI接続するので1系統しかないDVIが塞がれてしまうんですね。
だからPCをするにはわざわざ抜き差ししなきゃならなくてとっても面倒なんです。

だけどG2400WならPS3はHDMI、PCはDVIと分けられるので繋ぎ変えの必要がないですもんねぇ。
あとWUXGAなら1080pのフルHDが表示できるってのも魅力。
E207WFPでは720pまでなので。(十分キレイですが)
とはいえ5万はきついか・・・最近出費も多いし。

ちなみにハイスペック指向の方には三菱のMDT241WGがオススメです。
11万円くらいしますがHDMI2系統、D5入力対応などマルチメディアディスプレイとして大変優秀。
24インチモニタの一番人気です。
私もできればこっちが欲しいですが、さすがに10万オーバーは・・・


◎関連リンク
ベンキュー、HDMI装備で実売6万円の24型ワイド液晶(PC Watch)

◎ネットショップリンク
[PC DEPOT] [TWOTOP] [クレバリー] [Faith] [TSUKUMO]
↑PC DEPOTが安いです!5万切ってます!(@24日PM3時)
PCDEPOT WEB本店/OZZIO

| | コメント (2) | トラックバック (0)