2010年2月 4日 (木)

3画面出力&ファンレス&ロープロのHD5450が発売に

HD5000シリーズのローエンドモデルRADEON HD5450が発表されました。
販売も始まっていて実売5000円を切るモデルもあるようです。

PC Watch:AMD、エントリークラスのDirectX 11対応GPU「ATI Radeon HD 5450」
Akiba PC Hotline!:AMDのローエンドGPU「Radeon HD 5450」が登場 最安5千円割れ

amd-01

HD4550の後継となるHD5450はコア650MHz/メモリ1.6GHz,64bit/80SPといった基本スペックはHD4550と全く同じ。ただしアーキテクチャ変更により演算性能は96GFLOPSから104GFLOPSへ微増してDX11対応。40nm化により消費電力は20Wから19.1Wへ微減しています。リファレンスボードはロープロ対応でファンレス。発売したボードも基本的にファンレス・ロープロ対応のものが多いようです。

”Eyefinity”に対応しているので単体で最大3画面の出力が可能。
これはGeForceやHD4550にはない魅力になりそうです。
(ただし3画面対応はDisplayPort搭載モデルのみなので要注意)

個人的にも今の9600GTのファンがうるさいのでファンレスで2ストリーム対応のHD5450は魅力的なのですが、エンコードでGPUフィルタを使ってるのがネックなんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

DX11対応ミドルレンジGPU「RADEON HD5700」

AMDから新世代のミドルレンジGPU「RADEON HD5700」シリーズが発表になりました。ラインナップはHD5770とHD5750の2モデル。

PC Watch:AMD、ミドルレンジで1TFLOPS超の「Radeon HD 5700」シリーズ
4Gamer:
1万円台の市場にDX11時代の開幕を告げる「ATI Radeon HD 5770&5750」レビュー

5770 5750

先日発表されたRADEON HD5800シリーズの下位にあたるのがHD5700シリーズ。40nmプロセス、DirectX11対応、アイドル時の省電力性などHD5x00シリーズの特徴をそのまま持っています。

基本仕様はHD5770がコア800MHz/800SP/GDDR5 128bit 1GB
HD5750がコア700MHz/720SP/GDDR5 128bit 1GBなど。
ミドルレンジGPUながらどちらも2スロット占有型クーラー搭載、6ピン外部電源が必要など発熱面にはやや苦労してそうです。

4亀のレビューによれば128bitのメモリインターフェースがボトルネックになっているようですが、HD5770なら場合によっては現ハイエンドクラスのHD4870やGTX260に肉薄するようなパフォーマンスも見せています。アイドル時の消費電力が非常に低いのもミドルレンジGPUとして魅力的ですね。

販売は今日から解禁されており価格はHD5770が2万円前後、HD5750が1万円台後半という感じ。ただ、今はHD4870が安いものなら1万円台前半、GTX260も1万円台後半と非常に安くなっており、HD5770はこれら並に安くならないと厳しい感じがします。40nmプロセスで出荷量も少ないようですし当面はニッチ向けになりそう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

DX11対応のRADEON HD5870/HD5850発表

AMDが新ハイエンドGPU「RADEON HD5800」シリーズを発表しました。
コンシューマ向けで初のDirectX11対応GPUになります。

PC Watch:AMD、業界初DirectX 11対応GPU「Radeon HD 5800」シリーズ
4Gamer:「ATI Radeon HD 5870」レビュー。世界初のDirectX 11カードは「速い」だけに留まらない

hd4870

今回発表されたのはRADEON HD5870と同HD5850の2モデル。
基本的なアーキテクチャはHD4800シリーズを踏襲しながらプロセスを40nmへ微細化するなどしてトランジスタ数増加、高クロック化、省電力化を実現しています。またWindows7で実装されるDirectX11にも対応しており対応ソフトではより高速で高品質なパフォーマンスを得られる可能性があります。
先日発表されたマルチディスプレイ技術Eyefinityによってリファレンスで3画面、最大では6画面の同時出力も可能とのこと。

エルミタによれば日本での発売は来週でHD5870が5万円前後、HD5850は3.4万円前後。ただし初回入荷量は極少数らしいのでHD4770の時と同様しばらくは入手困難になりそうです。40nmプロセスの歩留まりがなかなか良くならないのでしょうか?

ハイエンドGPUながらアイドル時の消費電力が27Wと大幅に低くなっているのは注目ポイントですね。パフォーマンスも現シングルGPU最速のGTX285を十分に上回っているようです。ただ個人的にはGPGPUへの取り組みに積極性が見られないのが残念。ここは次期GeForceにも期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

いまさらGeForce 9600GTでベンチマークとか再生支援とか

さて、先日購入したGeForce 9600GTをセットアップしました。
Windows Vistaをクリーンインストールしたりしていたのでちょっと時間がかかってしまいましたね。

◎セットアップとか
基本的にはボードを差し替えるだけなのでセットアップも何もないのですが、9600GTの場合は6pinの補助電源を接続するのを忘れないようにします。
そして起動すると・・・画面が映らないorz
挿しなおしたり補助電源コネクタを確認しても全然映らず、550W電源では足りないのか!?とか初期不良だ!とか軽くパニックになりました。
結局2時間近く苦戦して諦めかけたところでCMOSクリアを試すとあっさり起動。皆さんもトラブったときこそ冷静な対応を心がけましょう(汗)

起動するとファンの音がメチャメチャうるさくてたじろぎましたが、最新のForceWare(ドライバ)を入れるとファンコントロールが有効になって一気に静かになります。前使っていたRADEON X1600XTより静かです。
ファンコントロールは1%刻みで細かく制御されているようです。
アイドル時50℃前後。

◎パフォーマンスチェック
いくつかのソフトでベンチマークを取ってみました。
あんまり厳密には取っていないので参考になるか分かりませんが。
・環境
CPU:C2D E6300@1.86GHz、メモリ:1GB×2、HDD:SATA250GB、M/B:ASUS P5B、GPU:GeForce 9600GT 512MB、電源:550W
・結果
DMC4(DX10/720p/4xAA):112.33/86.34/129.23/71.80 Rank S
ラストレムナント(720p):71.80 afps
3DMark06:7775
3DMark Vantage:P5077

X1600XTの時はDMC4はrank D、ラスレムは15fpsくらいしか出ていませんでしたので大幅なパフォーマンスアップですね。最新ゲームもそれなりの設定であれば快適に遊べそうです。
実際今私がプレイ中の「Call of Duty:World at War」ではX1600XTでは720p/2xAAの設定で平均15fpsくらい、場面によっては10fpsを切るシーンもあって別の意味で難易度の高いゲームプレイを強いられていたのですが、9600GTに載せ替えたら平均50fps、重いシーンでも安定して30fps以上を出せるようになり快適にプレイできるようになりました。

冷却能力も上々で、ベンチマークを回した後でも60℃くらいまでしか上がっていません。ファンの音もアイドル時に比べると少しうるさくなりますが十分許容範囲でしょう。やっぱり55nmチップなのかな?

続いて動画再生支援機能のPureVideoを試します。
PureVideo有効時と無効時でCPU負荷の違いを比べてみました。使った動画は1080pで20MbpsのH.264というかなり”重い”ものです。再生ソフトはMPC-HCでCyberLinkのデコーダを使っています。

nodxva  usedxva

左がPureVideo無効、右が有効にして再生したもの。(クリックで拡大)
無効時はCPU使用率が70%前後で推移しているのに対して有効時は安定して10%以下をキープしています。メモリの使用量も200MB程度の差があり、PureVideoによる再生支援の効果は絶大だと言えますね。
なおPureVideoについてはまた別の機会に設定方法など詳しく紹介したいと思います。

そして実は9600GTでいろいろ試している間にある発見、というか嬉しい出来事があったのですが・・・そちらはまた今度。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年2月11日 (水)

GeForce 9600GT買いました

GeForce 9600GTを買いました。
玄人志向のGF9600GT-E512HW/HDGです。

P1030243

RADEON X1600XTからの乗り換え。ようやくDX10世代に追いつきました。
1万円前後のGPUでは最もコストパフォーマンスに優れているということで9600GTをチョイスしました。CUDAにも興味がありましたしね。

P1030245

X1600XTとの比較写真です。ボードが長い!
ボード右端にちょっと見えますが9600GTは12Vの補助電源が必要なややハイエンド寄りのGPUです。写真では分かりにくいですが2スロット占有タイプの大型クーラーが付いていて、そのあたりからも発熱量の多さを感じさせますね。

ところで現在市場に9600GTは65nmのチップと55nmのチップの2種類が流通しているようです。しかも同じ型番のボードで65nm版と55nm版が混在しており、購入前に判別するのはほぼ不可能なんだとか。
現在のところBIOSバージョンが62.94.3C.00.00だと55nmの可能性が高い、という判別方法があるもののこれも100%ではないらしく、確実に判断するにはクーラーを剥がしてチップの刻印を見るしかないようです。
ちなみに自分の買ったモデルは62.94.3C.00.00でしたが、さすがにクーラーを剥がす勇気はありません。

さて早速パフォーマンスを確認、と行きたいのですがHDDのパーティションとかいじり始めたらセットアップに手間取りましてまだ使える状態になっていません。ですのでパフォーマンスチェックはまた後日ということで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

55nmのGeForce GTX285発表、GTX295も販売開始

NVIDIAから55nmプロセスのハイエンド向けGPU『GeForce GTX285』が発表されました。

PC Watch:NVIDIA、55nmプロセスのシングルチップGPU「GeForce GTX 285」

GeForce GTX285は現行のGTX280を55nmプロセスにシュリンクすることでクロックアップさせたGPU。
コアクロックが620MHz→648MHzに、
メモリクロックが2.2GHz→2.4GHzになりました。
さらに消費電力は236W→183Wと大幅にダウン。
その他の仕様はGTX280とほぼ同じで240SPGDDR3 1GBメモリなど。

販売はたぶんすぐに始まると思います。
ちなみに昨年末に発表されていたデュアルGPUの『GeForce GTX295』が今日から販売開始されています。

Akiba PC Hotline!:NVIDIA製GPU最上位、GeForce GTX 295が発売 実売価格は5~6万円程度、OCモデルも登場

◎ネットショップリンク
 
ビデオカード各種
[TWOTOP] [Faith] [クレバリー] [ドスパラ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

55nmでデュアルGPUの「GeForce GTX 295」

NVIDIAからデュアルGPUの「GeForce GTX 295」が発表されましたね。

PC Watch:NVIDIA、55nmプロセスのデュアルGPU「GeForce GTX 295」

◎GeForce GTX 295
コアクロック:576MHz
メモリ:GDDR3 1792MB(896MB×2) 1998MHz
シェーダ:480SP(240SP×2)
メモリインターフェイス:448bit
消費電力:289W

基本的にGeForce GTX 260をそのままデュアルにしたようなスペックです。
ただしコアは55nmプロセスにシュリンクされているのでコア単体での消費電力は下がっているようです。
2つのGPUはSLIで動かすモードとそれぞれ独立動作させるモードを切り替えられ、後者の場合は一枚をレンダリング、一枚をPhysXアクセラレート専用に使うというようなこともできるようです。

出荷開始は1月上旬の予定。
なお、シングルGPUモデルも来年初めには55nmプロセスにシュリンクされたモデルに切り替わるという噂です。GeForce GTX 280/260を狙っている方は来年まで待ってみるのもいいかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

Catalyst 8.12でATI Streamが利用可能に

AMDがCatalyst 8.12を公開しました。
RADEON版CUDAこと「ATI Stream」が使えるようになる大規模アップデートです。

4Gamer:大規模アップデートになった「ATI Catalyst 8.12」が公開に。新機能「ATI Stream」対応と大幅な性能向上を実現

このCatalyst 8.12にはATI Avivo Video Converterというトランスコードソフトが付属していて、これを利用するとGPUを用いた高速トランスコードを行うことができるらしいです。

・・・らしいというのはこれに対応したGPUが今のところRADEON HD4800/HD4600シリーズのみなためで、自分のGPUでは試せないから。
しかもどういうわけか使用レビューも(私が知る限り)出てきていないので一体どれくらい使えるものなのかまだよく分かりません。
ぜひとも誰か試して使用感を教えてください。

SpursEngine、CUDA、ATI StreamとCPU以外のチップを用いたエンコード高速化の流れが活発になっているのはエンコードユーザーにはうれしいですね。
個人的にはCUDAに期待していますが、SDKを無償公開するらしいSpursEngineも今後の展開が注目ですね。
最終的にはOpenCLでハードの違いに関係なく高速化できるようになるのが理想的です。

◎ネットショップリンク
ビデオカード
[TWOTOP] [Faith] [クレバリー] [ドスパラ]
SpursEngine搭載ボード
[TWOTOP] [Faith] [クレバリー] [ドスパラ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

HD4000世代のミドルレンジGPU「HD4670」「HD4650」発表!

RADEON HD4800シリーズのヒットで波に乗るAMD(ATI)からHD4000世代のミドルレンジ向けGPU「RADEON HD4600」シリーズが発表されました。

hd4670
HD4670リファレンス。ボード長が短いですねぇ

今回発表されたのはRADEON HD4670と同 HD4650。いずれもミドルレンジ向けのGPUです。
主な仕様は以下のとおり

○RADEON HD4670
コアクロック:750MHz
SP数:320SP
メモリクロック:2.0GHz(GDDR3)、1.8GHz(DDR3)
メモリ容量:512MB(GDDR3)、1GB(DDR3)
メモリインタフェース:128bit
消費電力:59W

○RADEON HD4650
コアクロック:600MHz
SP数:320SP
メモリクロック:1.0GHz
メモリ容量:512MB(DDR2)
メモリインタフェース:128bit
消費電力:48W

いずれもDirectX10.1、PCIe 2.0、UVD 2.0(動画再生支援)、CrossFireXなどに対応しています。

高いコストパフォーマンスで大ヒットしているHD4800シリーズと同アーキテクチャを採用しているということで期待がかかるパフォーマンス面ですが、多和田氏のベンチマークによればHD4670は1世代前のハイエンドモデルであるHD3850に匹敵するパフォーマンスを得ています。
ただし同じアッパーミドルクラスに位置するGeForce 9600GTと比べるとパフォーマンスで劣るシーンが多いようです。ただしHD4670は9600GTよりも安価となるはずですので、コストパフォーマンスでは魅力的になるだろうとしています。消費電力面でもHD4670は光っていますね。

エンコードユーザーである私はついついCUDAがあるGeForceに心移りしてしまいそうですが、HD4670もいいですねぇ。

◎関連リンク
AMD、メインストリーム向けGPU「ATI Radeon HD 4600」
Radeon HD 4000世代初のミッドレンジ「Radeon HD 4670」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

AMDからデュアルGPUの「RADEON HD4870 X2」発表!早くも人気沸騰中!

お盆で帰省してました。ピークをさけて今日帰宅。
帰省中のニュースをいくつか。

AMD(旧ATI)から「RADEON HD4870 X2」「同 HD4850 X2」が発表されました。

HD4870 X2/HD4850 X2は一枚のビデオカード上にGPUチップを2基搭載したデュアルGPUタイプのビデオカード。
価格は549ドル/399ドルで、日本での実売価格はHD4870 X2で7万円前後。
(HD4850 X2は未発売)

----スペック---------------------------------
◎RADEON HD4870 X2
・コアクロック 750MHz
・メモリクロック 3.6GHz
・GDDR5 1GB×2
・800SP×2
・PCIe 2.0/DX 10/UVD 2対応
・最大消費電力 286W(デュアルスロット仕様)
・55nmプロセス

◎RADEON HD4850 X2
・コアクロック 625MHz
・メモリクロック 2.0GHz
・GDDR3 1GB×2
・800SP×2
・PCIe 2.0/DX 10/UVD 2対応
・最大消費電力 230W(デュアルスロット仕様)
・55nmプロセス
----------------------------------------------

価格的、パフォーマンスレンジ的にライバルとなるGeForce GTX280と比較してもそれを上回るパフォーマンスを見せており、ユーザーからの人気も上場。
発売直後で入荷数が少ないこともあって品薄傾向になっています。

◎関連リンク
AMD、2GPU搭載の「ATI Radeon HD 4870 X2」
多和田新也のニューアイテム診断室
Radeon HD 4870 X2カードが3社から発売、少量入荷で品薄気味

◎ネットショップリンク
RADEON HD4800シリーズ搭載ボード
[クレバリー] [ドスパラ] [ソフマップ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧