2010年1月14日 (木)

PS3がHDDレコーダーに!「torne」発表

PlayStation 3用の地デジ再生・録画装置「torne」(トルネ)が3月発売予定と発表されました!

SCEJ:PS3で地上デジタル放送の録画が可能にPS3®専用周辺機器 地上デジタルレコーダーキット『torne(トルネ)』希望小売価格 9,980円(税込) 3月発売予定

index-main_image

torneはUSB接続のPS3用地デジチューナーユニットで、これをPS3と接続して専用ソフトをインストールすることでPS3がHDDレコーダーになるようです。
発売は3月で9980円とわりとリーズナブルな価格になっています。

録画はMPEG2-TSで、PS3本体のHDDだけでなくUSB接続の外付けHDDにも録画可能。なんとスタンバイ中やゲームプレイ中でも録画が可能です!
録画した番組はPSP用に変換して書き出したり早見再生機能やシーンサーチを使った再生もできるとのこと。

PS3のパワーを活かした快適なインターフェースも特徴で、EPG番組表は最大24時間分の表示が可能で検索機能も豊富。ネット経由で番組の録画予約数などを集計表示する機能などがあるようです。リモートプレイ機能を使えばPSPから録画予約をしたりすることも可能。(※WAN経由のリモートプレイは非対応)
詳細は不明ですがトロフィー機能にも対応してるとか。

製品情報には書いてませんがPS3はDTCP-IP対応してますからきっと録画した番組をDLNA配信することもできると思います。あとはCELLパワーを活かした倍速録画とか複数チューナー対応とかあったらいいですねぇ。夢が広がります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

ソニーの新製品がすごい@CES

1月7日からラスベガスで毎年恒例のInternational CESが開催されています。
早速ソニーがカンファレンスを開催。多数の新製品を発表しています。
その中から個人的に気になる製品を4つピックアップしてみました。

■XBR-LX900
Sony_BRAVIA_LX900_6Deg_Left_med 
3Dに並々ならぬ力を入れているSONYの3D対応TV第一弾がLX900。
40~60インチの4モデルで夏発売予定です。(価格は未定)
フレームシーケンシャル方式による3D映像表示に対応。トランスミッター内蔵で3Dメガネも付属。240Hz駆動、部分駆動LED、BRAVIAエンジン3など画質面も妥協なしのフラッグシップモデルです。11n無線LAN内蔵で各種ネット系サービスに強いのも特徴。

3D対応TVとしてはLX900のほかにもHX900/HX800があり、こちらはトランスミッターとメガネが別売なので初期投資を抑え、後から3D対応にすることができます。このほかにもSONYはCESで計38種ものBRAVIAを発表しています。
ただ2Dのモデルについては目新しい機能もなく、価格競争力の面でもいまひとつかなと思います。
Phileweb:米ソニー、3D対応液晶テレビを今夏発売

■Sony Dash
dash 
Sony Dashは7インチタッチパネルモニタを備える卓上ネット端末。
卓上ネット端末というとあまり馴染みがありませんがベッドサイドやリビングにおいておけばわざわざPCを立ち上げなくても気軽にWebブラウズや動画視聴ができるわけですね。Chumbyプラットホーム採用で天気予報、ネットラジオなど1000を超える豊富なアプリを利用できます。199ドルという戦略的な価格設定とあいまってブレイクの予感。
ITMedia:ソニー版Chumby!? 卓上ネット端末「dash」

■VAIO Z
Z_Black_-_Front_Right_med 
高性能モバイルノートVAIO Zがリニューアル。
13.1ワイドながらCPUにCore i5やi7を搭載可能。GPUも内蔵GPUとGeForce GT330Mを切り替え可能というハイパフォーマンスさ。キーボードはバックライト内蔵で暗いところでも使いやすくなっています。1900ドル~と少々値は張りますがこれは欲しい!春発売です。
ASCII.jp:CESにコアi7のVAIO Zがっ!!

■DSC-HX5V
hx5
デジカメの私的注目株はTransferJet(TJ)初搭載のHX5V。
無線でPCなどにデータ転送が可能です。GPS+コンパス内蔵で位置情報を記録できるのも面白いですね。1080/60iの動画撮影にも対応します。
惜しむらくはF3.5とレンズがやや暗いことでしょうか。
TJ対応製品としてはほかに薄型のDSC-TX7、どんなデジカメもTJ対応にするメモリースティック、PC用のTJステーションも発表されています。
デジカメWatch:ソニー、海外でGPSと電子コンパス搭載の「DSC-HX5V」発表

ソニーのCES出展内容の概要はこちら、発表製品の一覧(英語)はこちらです。
みなさんは気になる新製品、ありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

新ウォークマンNW-A840レポ~UI・機能編~

NW-A840レポ2回目
インターフェースとか新機能などを一通り見ていきます。

P1040135 

続きを読む "新ウォークマンNW-A840レポ~UI・機能編~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ウォークマンNW-A840フォトレポ~開封編~

SONYのウォークマン「NW-A846」が届きました。予定通り29日。正式な発売日は31日ですが店頭でも既に販売しているところも多いようです。

P1040053

早速フォトレポします。まずは開封編ということで中身の確認だけ。
音質や使い勝手などはまた後で。
興味のある方は”続きを読む”をどうぞ。

続きを読む "新ウォークマンNW-A840フォトレポ~開封編~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ウォークマンA840のSonyStyle先行予約受付が開始に

今月末より発売の新ウォークマン「A840」の先行予約販売が始まっています。

SonyStyle:"ウォークマン"A840シリーズ

ソニースタイル価格は16GBのA845が23,800円+3%ポイント、32GBのA846が29,800円+3%、64GBの39,800円+3%、ソニースタイル限定のバイオレット64GBが42,800円+5%となっています。納期は刻印なしだと10月29日頃、刻印ありの場合は11月上旬となっているようです(7日20時現在)

純粋な販売価格ではアマゾンなどより安いショップもありますが、ソニースタイルでの購入だと水没や落下まで保証してくれる3年ワイド保証(有料)やメッセージやデザインが刻印できるサービスなどを受けることができます。

ちなみに私もさっそく予約しました。32GBのブラックです。
今回は納期優先で刻印はなし。10%割引クーポンと3年ワイド保証無料クーポン、さらにX1060を買ったときのポイントも使って24,200円+849ポイントでした。

sonya840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

東芝がついにCell搭載レグザを発表。豪華レコーダ付で100万円。ただし解像度はフルHD

東芝がかねてより予告していたCell搭載のTVを発表しました。
その名もCELLレグザ 55X1。12月上旬発売。約100万円。

AV Watch:東芝、“CELL REGZA”を12月上旬発売。実売約100万
AV Watch:「CELL REGZA」詳細仕様。新LED/超解像搭載の最上位TV
東芝:世界初「Cell Broadband Engine」搭載高画質液晶テレビ「CELLレグザ 55X1」の発売について

CELLRegza55X1_300

55X1はCPUにPS3にも使われている高性能プロセッサCell B.Eを搭載した液晶TV。東芝の”レグザ”シリーズでフラッグシップモデルとなります。
パネルサイズは55型のみのラインナップ。1月には4K2Kとしていた解像度は残念ながらフルHDになっています。

Cellを活かした高精度アップコンバートや超高速ch切替などの機能を備えるほか14系統のデジタルチューナ/3TBのHDDを搭載して地デジ全番組の同時録画が可能などレコーダーとしても高性能。液晶部分も部分制御LEDバックライトで500万:1相当のコントラストを実現するなど画質面にも妥協のないまさにフラッグシップにふさわしい仕様になっています。

100万円前後という価格は当然55型液晶TVでは圧倒的に高価ですが、豪華なチューナーユニットの存在などもありますし決して買えないような値段でもないような気がします。(もちろん私には買えませんよw)
価格のことよりも4K2Kという話だったパネル解像度がフルHDになっているというのが大変ガッカリ。4K2Kなら200万でも買う人はたくさんいると思うのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

BOSEからQC-2後継のNCヘッドホンQuietComfort15

BOSEが新しいノイズキャンセルヘッドホン「QuietComfort15」を発表しました。本日からBOSEの直営店、直販サイト限定で39,800円で販売されています。

AV Watch:ボーズ、ノイズキャンセル能力高めた「QuietComfort15」
BOSE:QuietComfort15 製品概要

qc15

QuietComfort15(QC-15)は同社の人気NCヘッドホンQuietComfort2(QC-2)を置き換えるモデルで、ハウジングのサイズやデザインなどはQC-2に酷似しています。QC-15ではQC-2に対して騒音測定マイクの追加やNCアルゴリズムの改良によってNC能力がパワーアップしているとのこと。
単四電池一本で35時間駆動、重量は190gでQC-2の38時間170gより若干レベルダウンしているもののこのくらいなら許容範囲内でしょうか。
なおQC-2/QC-15より小型のQuietComfort3については今後も販売継続されるようです。

ちょっと試してみたいですがBOSE直営店や直販サイトのみでの販売ということで気軽に電気店で試聴というわけにはいかなさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

新ウォークマンの先行体験会に行ってきました

本日発表された新ウォークマンA840/S740/S640の先行体験会が銀座ソニービルで行われていたので行ってきました。担当者さんからいろいろ聞いてこれたのでまとめます。

■NW-A840について
・初見の印象は”板”。薄いがタテヨコが結構あるので割と大きい感じ
・大きさの割に軽い印象、Xのようなギッシリ感はない
・表面は金属と強化ガラスの2種類の質感。側・背面はサラサラのアルミ
・画面とその周囲は強化ガラスでツヤツヤ。指紋が目立つ
・ブラックは画面周囲にラメ入り。目立つほどのラメではない
・有機EL2.8型は大きくて見やすい
・各操作ボタンが隣接していて凹凸もないため操作ミスしやすい
(ただし説明員によれば慣れるとこっちのほうが使いやすいとのこと)
・おまかせチャンネルは非対応
・スター機能はなし。理由はよく分からないがD&D対応とは関係ないらしい
・音質は凄く良い。S740とは明確な差がある。NC効果も強力
・UIはXに近い。音楽再生画面で上下キー押すとアルバムスクロール
・音量上下とホールドはいずれも右側面で小さい。NCのオンオフボタンはない
・楽曲検索に[フォルダ]が追加。D&D曲のみフォルダ階層/ファイル名表示
・ソニスタ特典は刻印
・ソニスタモデルのバイオレットは偏光らしいがほとんど色変化しない
・動画はAVCの場合10Mbps/Main-ProfileまででHighは非対応
・イヤホンは5極でXと互換性あり。ただ特性があるので交換はオススメしない
・ホワイトノイズはXより少ない気がした。ただし特に低減のために何かしているわけではないとのこと
DSCN2227

■NW-S740/S640について
・A840をそのまま小型化した感じ。結構小さい
・画面部分は有機ELではなくTFT。強化ガラスでなくアクリル
・UIや操作ボタン類はA840に準じるが画面が小さいので見難い印象
・S640の付属イヤホンはEX300SLと同じもの
・再生スピードコントロールは語学学習以外でも使えそう
・転送速度が高速化。x-アプリとの組み合わせで3倍くらい(A840も同じ)
・TV出力はウォークマンをジュークボックス的に使うことを想定
・ソニスタ特典は刻印。ソニスタモデルは淡いピンクで女の子向き
・欧米モデルのS540は日本で出す予定無し。市場動向などから判断した結果

■x-アプリについて
・UIはSonicStageVとほとんど同じ
・変更点はビデオや写真の管理ができるようになったことと歌詞ピタ対応
・ビデオは転送時に自動変換。入力はPCにデコーダがあれば基本的に何でも
・変換形式はAVCのみ。設定はfpsくらいでビットレートなどはいじれない

■歌詞ピタについて
・一曲10円~20円くらい
・7万5千曲でスタート。月500曲程度追加予定
・2006年以降のオリコンに出てる曲なら8割程度そろえている
・全然違う曲と歌詞を組み合わせることも出来る
・楽曲と歌詞は一対一で対応。例えばボーカルあり/なしの両方に歌詞を付けたければ2つ買う必要がある。
・ユーザーで歌詞を付けることは不可能
・リクエスト機能あり。要望の多い曲は優先的に追加されるかもしれない

8階の特設展示室の解説員の方はさすがに詳しかったですが3階のお姉さん方はまだまだ勉強途中という感じで受け答えもしどろもどろでしたね。
今のX1000に不満があるわけではないですが軽いしA840乗り換え確定ですかねぇ解説員の方もワンセグと無線LAN使わないならA840のほうが絶対オススメと言ってました(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ソニーから新ウォークマンA840/S740/S640登場

先日の展示会で展示されていたソニーの新ウォークマンが発表されました。

ソニー:音楽に合わせて歌詞を自動でスクロール表示「歌う・聴く」 楽しみが広がる“ウォークマン”Sシリーズ 9機種 発売
ソニー:約7.2mmの薄型の本体に、高音質・高画質技術を凝縮有機ELディスプレイ搭載の“ウォークマン”Aシリーズ 3機種 発売

s740 a840
左からS640、S740、A840

発表されたのは新Sシリーズ「NW-S740」「NW-S640」と新Aシリーズ「NW-A840」の3種類。

まずA840はウォークマン史上最薄となる約7.2mmのボディに有機EL2.8型(240×400)ディスプレイ搭載。音質面はデジタルアンプS-MasterデジタルNCを内蔵。付属イヤホンも13.5mmドライバーのEX300SLベースのNCイヤホンになっています。音楽連続再生は29時間。
動画再生も720×480と高解像度の動画が再生可能になりました。
ワンセグやBluetoothは備えませんがFMラジオは搭載。新機能として歌詞をスクロール表示できる歌詞ピタ機能(有料)を備えます。
容量は16/32/64GBと大容量でカラバリはブラックとブラウン。
発売は10月31日で実売価格は容量順に2.4万/3.0万/4.0万円ほど。

続いてS740/S640。デザインはA840とそっくりですがサイズは一回り小さく、ディスプレイは有機ELTFT2.0型(240×320)。S-MasterやデジタルNCもありません。それ以外の機能はほぼA840と同等でFMラジオ、歌詞ピタ、720×480動画再生などを備えます。音楽連続再生はA840を大きく上回る42時間と高スタミナが魅力ですね。
S740とS640の違いはNC機能の有無で、S740はアナログNC付き。カラバリが豊富でS740に4色、S640に4色の計8色が用意されています。容量はS640が8/16GB、S740が8/16/32GB。発売は10月28日で実売価格は1.4万~2.5万くらい。

てっきりスピーカー内蔵モデルが来ると思ってたのでちょっと拍子抜けですが、冷静に考えるとS-MasterとデジタルNCのA840はなかなかに魅力的です。。
S740/S640も1.4万円~と戦略的な価格設定ですし若年層中心に人気が出そう。
新機能の歌詞ピタは有料サービスというのが少々残念です。ユーザー側での歌詞作成などにも対応してくれれば最高だったのですが。ただiPod追随路線から離れてウォークマン独自の付加価値を付けていく方向性は歓迎したいと思います。

[更新 9/16 22:00]
S740/S640のディスプレイを有機ELとしていましたが正しくはTFT液晶でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

ソニー、7.1chサラウンドヘッドホンの改良モデル

ソニーから7.1ch対応ワイヤレスサラウンドヘッドホン「MDR-DS7100」が発表されました。現行モデルのMDR-DS7000の改良版です。

AV Watch:ソニー、2.4GHz無線伝送の7.1chヘッドフォン

ds7100 ds7000
左が新製品のDS7100、右が現行のDS7000。細部が微妙に異なっています

DS7100は基本的な仕様は現モデルのDS7000を踏襲しながら改良を加えたモデル。具体的にはヘッドホンのドライバーユニットが40mmから50mmに大型化されたほか、バッテリー持続時間が10時間から13時間に延長、耳あてを低反撥ウレタンに変更、センターチャネルのレベル調整機能の追加などの改良が行われています。

耳あてが低反撥ウレタンになったことで装着感がよりしっかりしたものになっていそうですね。DS7000の軽めの装着感も私は気に入ってますが、確かに映画などで使うにはもう少ししっかり密着する感じのほうがより没入感を得られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧