« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

手持ちの本をデータ化しよう!かんたん自炊Tips

今回はマンガの単行本を解体してスキャン/データ化してみようかと思います。
デジタルデータ化することでPCや電子ブックリーダーで読めるようになりますし、ページ焼けなどの経年劣化とも無縁になるのでお気に入りの作品を永久保存することができます。ちなみに最近はこのような手持ちの書籍をデータ化することを”自炊”と呼ぶんだとか。

本の解体からスキャナーによるスキャンまで一気に紹介します。

1. 用意するもの
・解体したい本
P1040811 P1040815
今回は例としてB6サイズのマンガ単行本を解体します。
解体する本は写真右のようにページと表紙が白いノリでくっついているものにしてください。雑誌などに多いホチキス留めの本はダメです。
当然ですがジャケット(カバー)は外しておいてください。

・ホットプレート
P1040773
焼肉やお好み焼きで使うやつです。本の高さ分の大きさがあればいいので小さいものでもOK。ホットプレートを持ってない方や調理器具を使うのに抵抗がある方はアイロンでも代用できますが、熱を均等にかけるのが難しいのであまりオススメしません。

・キッチンペーパー
P1040788

100均で売ってるような薄いのではなく厚手のものがいいです。クッキングシートとは違いますのでご注意を。

 

・スキャナー
 P1040792
手持ちのものがあればそれで構いません。多少古くてもOKです。
これから買う場合はCCDのフラットベッド型のものをオススメします。よほどこだわらないかぎり安いのでいいです。
ちなみに私がメインで使ってるのはCanoScan 5200Fです

2. 表紙とページを分離する
あらかじめホットプレートは熱しておきます。温度は150~200度くらい。ホットケーキやお好み焼きを焼くくらいです。(もちろん油はひきません)
アイロンを使う場合はナイロンや絹くらいの温度設定です(スチームはオフで)
P1040778 image
そしてこのように本の背の部分を熱してノリを溶かしていきます。
キッチンペーパーを挟んで過熱を防ぎつつ背の部分に均一に熱が加わるようにしましょう。写真じゃよくわからない場合は右の模式図を参考に。

ある程度熱を加えたら表紙とページを引き剥がしてみましょう。十分ノリが溶けていれば分離するはずです。取れないようなら無理せず暖めなおしましょう。なかなか取れない場合は本の背のカド(模式図の赤印の部分)を重点的に熱してやると剥がれやすいです。ノリは冷えるとまた固まるので手早くかつ慎重に行うのが大事です。
P1040781 P1040780
こんな感じで表紙部分とページ部分に分離します。

3. ページ同士を分離する
まだページ部分の背にのりが残っていてページ同士がくっついていると思います。このまま手で強引に剥がしていってもいいのですが、ノリを除去してからのほうがやりやすいのです。
P1040782  
表紙剥がしと同じ感じでページの束のノリがくっついた部分を加熱します。
ある程度加熱したら素早くキッチンペーパーを剥がします。するとページ束に付いていたノリがペーパーにくっついて一緒に剥がれてくれるはずです。
コツは加熱後素早くペーパーを剥がすこと。もたもたしているとペーパーとページ束がくっ付いてしまいます。

ペーパーのキレイな部分をページ束に当てなおして同じことを何度か繰り返していくことで徐々にページ束のノリが除去されていきます。
P1040785 P1040784
写真左:ページ束に付いていたノリがキッチンペーパーに付いて剥がれている
写真右:4回ほど繰り返したあとのペーパー

ある程度除去できれば自然とページ同士がバラバラになっていくはずです。
あとは張り付いているページ同士を手で一枚ずつバラしてやればOK
↓が完成した状態。
P1040787

4. 歪みを直す
熱や経年劣化でページが歪んでいることがあるので重石をかけて平らにしてやりましょう。バラしたページの上から辞典など重くて平らなものを乗せてやります。丸1日は重石をかけておくといいでしょう。
imagw2
写真がないのでショボい模式図で失礼・・・

5. スキャン
まぁ普通にスキャンするだけなんですが・・・いくつかTipsを
 P1040794

たいていのスキャナは原稿台の端数ミリが無効領域になっているので金尺を置いて端が切れるのを防ぎます。原稿台の汚れをキレイに拭き取っておくのを忘れずに。

 

 P1040804 P1040806
A4スキャナであればマンガ単行本を2ページづつスキャンできると思います。
原稿台に並べて、裏写り防止のために黒い紙かプラ板を被せます。

 image3
あとはスキャンするだけ。解像度はあまり高くしても無意味なので300~1200dpiくらいがいいでしょう。私は600dpiを主に使っています。
----------------------------------------------------

慣れるまでは解体で失敗することも多いので最初のうちは潰してもいい本で練習することをオススメします。自分も一度ページを破いてしまって泣く泣く買いなおしたことがありますw

今回紹介したノリを熱で溶かす解体法はマンガなどページ中央部分近くまで印刷されていてカットしたくない場合に有効な手法で、時間と手間がかかりますが比較的キレイな仕上がりになります。ホットプレートなど身近なものでできるのもメリット。

一方で文字主体の小説など中央部分が切れても問題ない場合は裁断機やカッターを用いたカット型の解体法が圧倒的に早くてラク。ただし家にあるようなカッターではキレイにできないことも多く、専用の裁断機は数万円~と高いのがネックです。

スキャンしたあとは画像処理ソフトを使って画質補正してやると読みやすくなります。最近のスキャナなら自動で補正する機能もありますし。
※当初は画質補正方法も紹介予定でしたがめんどう分かりやすい紹介ができそうにないのでやめました。無責任でごめんなさい。
(グレースケール化とレベル補正だけでもかなりキレイになります)

------------------------------------------------

次回はブルーレイ関連か、ウォークマン関連の話になる予定・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

青空文庫を電子ブックリーダーで!「ChainLP」を紹介

書けと言われたので書きますw

前回紹介したSony Readerの日本語化Tipsはそれなりに参考にしていただいたようで何人かの方々が挑戦して1人を除いて成功されているようです。
Readerは日本での発売も決まりまして今後さらに需要のない記事になっていくことと思いますが、発売が待てない!というチャレンジャーな方々の成功/失敗報告を今後もお待ちしています。

さて(だいぶ間が空きましたが)前回最後の予告通り電子ブックリーダーで本を読むときに便利なソフト「ChainLP」を紹介します。このソフトは青空文庫テキストやスキャンした画像データを電子ブックリーダーで読みやすい形式に変換してくれるというソフトです。Reader以外にもKindleやiPad、PSPなどにも対応していますので電子デバイスでの読書を検討されている方はぜひ使ってみてください。

-------------------------------

ChainLPのダウンロードはこちらから。基本的に最新版を使えばいいと思います
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/
青空文庫メインで使う方はUNZIP32.DLLもインストールしておくと便利です
http://www.forest.impress.co.jp/lib/arc/archive/arcdll/unzip32.html

ChainLPをダウンロード/解凍して起動するとこんな画面chainlp

今回はChainLPの機能である青空ダウンローダーを使って青空文庫から直接小説をDLしてみましょう。すでに青空文庫テキストを持っている場合はドラッグ&ドロップで読み込むこともできます。

上の画像のように[ツール]→[青空ダウンローダー]を選択するとこのような小窓が開きます。

chainlp2

ここで読みたい小説を探します。今回は夏目漱石の「こころ」を選びました。
[選択]を押して適当な場所にDLしてください。このときUNZIP32.DLLがインストールされていないとエラーが出ますので注意。

chainlp3

正常に読み込みできればこのようになります。
Reader(PRS-600)を使っている場合は初期設定のままでOKですが、Kindleなど別のデバイスを使っている方はメニューの[解像度]から適当なデバイスを選んでください。

その他の設定は基本的に初期のままで問題ないと思いますが、Readerで使う場合は、出力形式をlrf、ルーラー配置は下角、本文ボールド化にチェックを入れておくのがオススメです。特にボールド化をするとしないとでは読みやすさが格段に違うので必ずチェックを入れておきましょう。

フォントの種類や大きさは[編集]→[詳細設定]→[青空テキスト設定]で変えられます。初期設定ではMS明朝の16ptですが、私は少し小さめの14ptにしています。なおフォント設定を変えた後は一度ChainLPを再起動しないと設定が反映されないようです

設定できたらあとは[出力]を押して保存し、Readerに転送すればOK。
↓このように表示されます。
P1040766

かなり駆け足での紹介でしたがどうでしょうか?
今回は紹介しませんでしたが青空文庫テキスト以外にも画像ファイルやPDFファイルなども変換できるので電子ブックリーダーユーザーにはとても便利なソフトだと思います。ぜひ一度使ってみてください。

次回は・・・マンガや小説のスキャン方法とかどうでしょう?
もしくは需要のありそうなBDエンコード関連の話でもいいかな
もし長期間更新しなくなったらコメントでケツ叩いてくれるとやる気になるかもしれませんのでよろしくお願いしますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »