« PRS-600日本語化(1) ~フォント作成編 | トップページ | 青空文庫を電子ブックリーダーで!「ChainLP」を紹介 »

2010年4月13日 (火)

PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編

前回に引き続きPRS-600の日本語化手順の紹介です。
冷静に考えてものすごく需要の少ないTipsだなーと思いつつ、書き始めてしまった以上は最後までがんばります。自分用メモにもなるし。

前回はフォント作成編でした。今回はそのフォントを埋め込んだカスタムファームウェアを作成してPRS-600にインストールする作業になります。
前回より手順が複雑ですし、実際にPRS-600をいじるため危険度が高いです。

--------------------------------------
注意!
・PRS-600の改造は自己責任でお願いします
   この手順を実行してPRS-600が壊れても私は責任を取りません
・動作確認はWindows 7(64bit)で行っています
  (XP/Vistaや32bit版でも同様の手順で問題ないと思います)
・前回同様2ちゃんねるの下記スレッドを参考にさせてもらいました
【E Ink】電子書籍端末総合12【3qi】
--------------------------------------

1. PRS-600ファームウェアの更新
PRS-600のファームウェアが1.0.01.08040であることを確認して、もし違う場合はここからアップデータをDLしてアップデートしておいてください。バージョンの確認はPRS-600のホーム画面からOther→Settings→Aboutで確認できます。

もし1.0.01.08040より新しいバージョンの場合は日本語化できるか不明ですのでやめといたほうがいいでしょう。1.0.01.10230ではできるらしいですが、私は確認していません。

2. cramfs-toolsのDL
下記URLからcramfs-tools.zipをDLします
・cramfs-tools
http://www.mobileread.com/forums/attachment.php?attachmentid=1931&d=1161443986

DLしたらCドライブの直下にcramfs-toolsというフォルダ名で解凍してください。これ大事です。必ずC:\cramfs-toolsになるようにしてください。

3. UnxUtilsのDL
・UnxUtils
http://sourceforge.net/projects/unxutils/

上記リンクからUnxUtils.zipをDLして解凍すると中にmd5sum.exeというファイルがあるのでそれを先の手順で作ったC:\cramfs-toolsにコピーします。
階層の深いところにあるので見つけにくいですが\UnxUtils\usr\local\wbinにあるはずです。

4. ロシア語ファームのDL
http://www.the-ebook.org/forum/viewtopic.php?t=12146
上記URLにアクセスしてPRS600.upd.1.05b.zipをDLしてください。
ロシア語サイトですが雰囲気でわかると思いますw
必ず1.05bをDLしてください。それ以外のバージョンでは確認していません。

capcp

解凍するとPRS600.Firmware.Reload.Packageというフォルダができると思いますのでこのフォルダをやはりC:\cramfs-toolsにコピーします。

5. メニュー設定ファイルのDL
http://pc-parts.cocolog-nifty.com/PRS-600_firm.zip
上記URLからPRS-600_firm.zipをDL/解凍すると
assets.xmlとPRS-600_firm.batというファイルが入っているのでassets.xmlをC:\cramfs-toolsにコピーします。

ちなみにこのassets.xmlがメニューを日本語化するための設定ファイルで、私が拙い英語力で適当に訳したものです。訳が気に入らないとか誤訳がある場合はお好みで編集してください。
メニューは日本語化したくないという方もガマンしてこの手順に従ってください。改造後も英語、フランス語、ドイツ語メニューはそのまま利用できます。

6. 作成したフォントデータのコピー
前回のフォント作成編で作ったtt0003m_.ttfをC:\cramfs-toolsにコピーしてください。作ってない方はフォント作成編へ戻って作ってきてください。

7. ドライブレターの確認
PRS-600をUSBで接続して[マイコンピュータ]を開き、PRS-600の本体メモリーのドライブレターを確認します。ラベルが”READER"になっているやつです。
↓の画像だと”M”ですね。次の手順で使うので覚えておいてください。

bbb

8. 改造ファームウェアの生成と書き換え
ここまで準備ができるとC:\cramfs-toolsの中はこんな感じになってると思います。一つでも足りないものがあると失敗するので必ず確認してください。
w

念入りに確認したら手順5でDLしたPRS-600_firm.zipの中のPRS-600_firm.batを実行します。※このバッチも私が書いたものなので文句は私へどうぞ
この時XPの場合は必ず管理者権限のあるユーザーで実行してください。
Vista/7の場合は必ず右クリック→管理者として実行を選択してください。

実行してしばらくすると”本当にファームウェアを書き換えますか?(Y/N)”というメッセージが出ます。Yを入力してエンターを押すとファームウェアを書き換える作業に入ります。やっぱりや~めたという場合はNを入力してエンターで書き換えせずに終了します。

Yで続行した場合は”Enter the letter of the Reader drive?”と表示されるので先の手順で確認しておいたPRS-600のドライブレターを入力してエンター。
最終的に”続行するには何かキーを押してください”と出たら適当なキーを押して終了します。

aaa

9. PRS-600の再起動
ここまで問題なく出来たらPRS-600をPCから切断します。念のため[ハードウェアの安全な取り外し]をしてからのほうがいいでしょう。

切断してしばらくするとPRS-600がホーム画面に戻ります。
ホーム画面の読み込みが終わったら本体底面のリセットボタンを一回だけ押します。押したら電源スイッチを1回だけスライドしてください。これでPRS-600が再起動するはず。正常に再起動してホーム画面が表示されれば成功です。
日本語ファイル名などが正しく表示されれるか確認しましょう。

メニューも日本語化したい場合はOther→Settings→Menu languageと進んでРусскийを選択してOKすると日本語になります。
※何でРусский(ロシア語)なのかは気にしないでください。もともとロシア語のデータを日本語に書き換えたからです。

P1040674

---------------------------------------
お疲れ様でした。無事に日本語化できたでしょうか?
失敗した方はご愁傷様です。リセットボタンを10回くらい押してから再起動すると元に戻るという話もあります。私は試してないですが。
途中でつまずいた方はコメント欄から質問してくれれば分かる範囲でお手伝いします。

次回は電子ブックリーダーで本を読むときに大変便利なソフト「ChainLP」の紹介をしたいと思います。それでは~

|

« PRS-600日本語化(1) ~フォント作成編 | トップページ | 青空文庫を電子ブックリーダーで!「ChainLP」を紹介 »

コメント

1.0.01.10230で成功しました。
ありがとうございます。

投稿: 今井 | 2010年4月19日 (月) 21時45分

1.0.01.08040で手順通り、うまくゆきました。
活用方法をいろいろ試してみます。

投稿: imainaka | 2010年5月 5日 (水) 21時13分

文鎮化してしまったようです。。。。
チェックサム0だったのになんでだろう。
Openingbook....で停止したままです。(T^T)

投稿: KP | 2010年5月 6日 (木) 20時26分

>KPさん
お悔やみ申し上げます( -人-)
USBで繋いで認識するようなら手順4のロシア語ファームをそのまま(日本語化しないで)インストールしてやると直るかもしれませんよ

投稿: 管理人 | 2010年5月 6日 (木) 20時58分

>管理人様

ありがとうございます。
しかし、USBも認識しません。。。。
サービスモードとかに入れる隠しコマンドとか
あればいいのですが、どちらにせよ当分放置です。

投稿: KP | 2010年5月 7日 (金) 06時59分

1.0.02.13180で成功しました。ありがとうございました。

投稿: ぱぱぁ | 2010年5月27日 (木) 00時25分


ホテル入ったとたんに押し倒されたぞ!!
お口でビンビンにさせられて即 挿 入!!しかもナ マ 中 出 し!!

そのまま満足いくまでセク~スして、報 酬 7 万置いて帰ったしwww
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるなwwww
http://toy.pizapizahiza.net/gsrfwy1/

投稿: これがジェネレーションギャップかwww | 2010年5月29日 (土) 08時47分

記事書かないのー??

投稿: コス | 2010年6月 6日 (日) 17時16分

1.0.01.08040で何も問題なく成功しました。
面倒な作業を初心者にもわかり易い説明で、とても感謝いたしております。

投稿: 博多男子 | 2010年6月19日 (土) 14時59分

日本語化成功しました、詳しい説明ありがとうございます。現在、少年漫画の単行本を切断、ScanSnapでPDFファイルにスキャンして、PRS-600で読んでみたのですが、文字が小さく読みづらいです。単行本が縦長のせいか、PRS-600を縦にして読むと両サイドに無地の空間ができてしまい画面全体を使いきれないのがネックです。何か良い方法があればぜひアイデアをお願いします。

投稿: 漫画電子化が夢 | 2010年6月21日 (月) 01時13分

ぱぱぁさんに続いて1.0.02.13180での日本語化に成功いたしました。

投稿: どす | 2010年6月25日 (金) 20時39分

1.0.02.13180
手順4 1.05f
最終段階で2回ほどリセット押しましたが
何とか成功しました。
非常に分かりやすく、ありがとうございました。

投稿: r | 2010年6月27日 (日) 21時55分

私も文鎮化させてしまいました。。。
KPさま、その後何かありましたら教えてもらえるとうれしいです。

投稿: あきこ | 2010年7月 1日 (木) 11時48分

日本語化に挑戦しようと思っている者です。
文鎮化してしまった方、ご愁傷様です。

以下の情報がお役に立てると良いんですが。。。

while reading a PDF, an attempt to resize the font locked up her reader - even power off and reset buttons had no effect.

The gentleman at Sony Support offered this solution, which seemed to work:

press in and hold the reset button. while the reset is being pressed, cycle the power switch 5 times.

投稿: Taku | 2010年7月 2日 (金) 09時12分

手順どおり作業したつもりでしたが、文鎮になってしまいました、、、
takuさんが書かれた方法もトライしてみまさたが、相変わらずOpening bookで止まってしまいます。

投稿: kei | 2010年7月 3日 (土) 14時27分

文鎮になっちゃいました
どうにかならないかなぁ・・・・Sonyが日本語版を出してくれるのを気長に待つしかないですかね

投稿: damechan | 2010年7月12日 (月) 00時47分

文鎮化報告が相次いでいるので欧州ソニーが公開しているハードリセット方法を日本語訳して記事にしました。完全文鎮化した状態から直るかどうは正直怪しいですが、不燃ゴミに出す前にお試しください。
http://pc-parts.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/prs-600-77ec.html

投稿: 管理人 | 2010年7月12日 (月) 01時23分

とてもわかりやすい記事を書いてくださった上にバッチまで作って下さりありがとございました。1.0.02.13180で無事日本語化できました。

投稿: 本好き | 2010年7月29日 (木) 07時53分

初めて書き込みさせていただきます。
今さらですがソニー系Readerを「無改造」で日本語PDF及び日本語Epubを利用出来る方法をネットで見つけたのでgoogleでここにたどり着いた方のためにかいておきます。(年内には日本語ファームが来るとは思うんですが)

またこちらのフラッシュ弄りと違いタイトルは文字化けします。

1,ReaderをPCに繋ぎストレージ上に[fonts」フォルダを作りその中にモナーフォントを4つ入れておく。
2,本の管理を「calibre]で行います。
http://calibre-ebook.com/
3,日本語のtext(青空対応)を「text2epub」でepub化します。
http://no722.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/text2epub-v010.html
4,calibre上でepub化してあるデータを選択し右クリック、convert bookを選択、look&feelのタブを選択して
extra cssの欄に

@font-face {
font-family: "ipagpmona";
src: url(res:///Data/fonts/ipagp-mona.ttf);
}

body {
font-family: "ipagpmona";
}

をコピーして変換(つまりCSSフォント情報の上書き。

このepubは横書きのtext系Epubファイルになりサイズは画像のepub1/50程度、文字の拡大縮小も可能になります。

ちなみに管理人様のフラッシュ弄りをした機体は逆に文字化けしましたのでご注意下さい。

投稿: マルマル | 2010年11月 7日 (日) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/34198652

この記事へのトラックバック一覧です: PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編:

« PRS-600日本語化(1) ~フォント作成編 | トップページ | 青空文庫を電子ブックリーダーで!「ChainLP」を紹介 »