« Sony Reader (PRS-600) 買いました~ | トップページ | PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編 »

2010年4月11日 (日)

PRS-600日本語化(1) ~フォント作成編

前回の予告どおりPRS-600 (Sony Reader TouchEdition)を日本語化する方法を紹介したいと思います。PRS-600は基本的に日本語表示に対応していないのでファイル名などに日本語を使うと文字化けしてしまいますし、メニューも英語、ドイツ語、フランス語、オランダ語しかありません。

しかし以下の方法で日本語化してやることでメニューの日本語化、日本語ファイル名の表示ができるようになるはずです。

一度に書くのは大変なのでフォント作成編とファーム書き換え編の2回に分けます。1回目はフォント作成編です。

----------------------------------
注意など
・失敗して何か大変なことになっても私は責任を取りません
・動作確認はWindowsXPで行っています
(Vista/7でも問題はないと思います)
・2ちゃんねるの下記スレッドを参考にさせてもらいました
【E Ink】電子書籍端末総合12【3qi】
----------------------------------

1.ツールのインストール
・Active Perl
http://www.activestate.com/activeperl/downloads/
・WinRAR
http://www.diana.dti.ne.jp/~winrar/download.html
・Reader Library For PC
http://ebookstore.sony.com/download/

上記ツールをDLしてインストールしておいてください。
tar.gzを解凍できるソフトがあればWinRARでなくても構いません。
Reader LibraryはPRS-600に付属のソフトです。
Active Perlはx86のインストーラー版をDLして、インストール時に”Add Perl to the PATH environment variable”にチェックが入っていることを確認します。

cap perl

2.ttftinkerのDL
ttftinkerというツールをDLします。私はttftinker-2.90.tar.bz2を使いました。
・ttftinker
http://sourceforge.net/projects/monafont/files/ttftinker/

DLしたら解凍して、
フォルダ名をttftinkerにしてCドライブの直下にコピーしておいてください
これ大事です。必ずC:\ttftinkerになるようにしてください。

3-1.フォントのコピーその1
日本語フォントはIPAモナーフォントを使用します。
・IPAモナーフォント
http://www.geocities.jp/ipa_mona/
※この手順ではIPAモナーフォントの使用を前提にしています
勝手に別のフォントに変更しないでください

DL/解凍してできたフォルダの中からipagp-mona.ttfというファイルを探して先の手順で作ったC:\ttftinkerにコピーします。
ipag-mona.ttfやipamp-mona.ttfなど紛らわしいファイルがあるので注意してください。ipagp-mona.ttfです。
ttt

3-2.フォントのコピーその2
手順1でインストールしたReader Libraryの中からtt0003m_.ttfというファイルを探してこれもC:\ttftinkerにコピーしておきます。
インストール先が標準ならC:\Program Files\Sony\Reader\Data\fontsの中にあると思います。

4.フォント生成
ここまで準備ができていることを念入りに確認したらいよいよPRS-600用フォントファイルを生成します。

下記リンクからzipファイルをDL/解凍するとPRS-600_font.batというバッチファイルが入っているのでダブルクリックで実行してください。
http://pc-parts.cocolog-nifty.com/PRS-600_font.zip
※私が書いたバッチなので何かおかしかったらコメント欄で教えてください
[4/13]Cドライブ以外からバッチを実行すると失敗する問題を修正

うまくいけば”フォント生成に成功しました”とメッセージが出て、C:\ttftinker\ipagの中にtt0003m_.ttfというファイルが出来ていると思います。このファイルが日本語化する際に必要なフォントデータです。
手順3-2でコピーしたファイルと同じ名前ですが、サイズは大分違うと思います。(1.8MBくらい?)

-----------------------------------

これでフォント作成編は終わりです。お疲れ様でした。手順4で生成したtt0003m_.ttf以外はもう不要なので邪魔なら消しても構いません。

次回は作成したフォントデータを使って実際にPRS-600のファームウェアを書き換える作業を行います。

PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編

|

« Sony Reader (PRS-600) 買いました~ | トップページ | PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編 »

コメント

早速、指示の通りしておりますが
PRS-600_font.bat

'pl2bat' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'pl2bat' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'ttfunpack' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'ttfunpack' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
指定されたパスが見つかりません。
指定されたパスが見つかりません。
'ttfpack' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
フォント生成に成功しました
続行するには何かキーを押してください . . .

となり、
C:\ttftinker\ipagの中にtt0003m_.ttf(1.8MB)が作成できません。

OSはWin7です。

お忙しいところ恐縮ですが、助けて頂けませんでしょうか?

お願いします。

投稿: ありがとうございます | 2010年8月25日 (水) 07時29分

手順1でActive Perlがインストールされていない、もしくはインストール時に”Add Perl to the PATH environment variable”にチェックが入っていなかった可能性が高いです。確認してみてください。

投稿: 管理人 | 2010年8月25日 (水) 10時15分

お忙しいところアドバイスありがとうございます。
再度、アドバイスのとおり行ないましたら作成できました。
本当にアドバイス頂けたこと感謝しております。
ありがとうございます。

投稿: ありがとうございます | 2010年8月27日 (金) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/34178089

この記事へのトラックバック一覧です: PRS-600日本語化(1) ~フォント作成編:

« Sony Reader (PRS-600) 買いました~ | トップページ | PRS-600日本語化(2) ~ファーム書き換え編 »