« ソニーの新製品がすごい@CES | トップページ | 新PC購入。Core i7のパワーに振り回される »

2010年1月 8日 (金)

GPU統合のデュアルコアCore i5/i3などが販売開始

7日から開幕しているCESにてIntelの新デュアルコアCPU「Core i5/i3」「Pentium G」シリーズが正式発表となりました。対応チップセットのIntel H57/H55も同時発表。販売も本日から解禁されています。

PC Watch:Intel、32nmプロセス採用の新Coreプロセッサを発表
PC Watch:CPU+GPUを統合したClarkdaleこと「Core i5-661」
4Gamer:Clarkdaleこと「Core i5-661」レビュー,統合グラフィックス機能編

今回発表されたCPU群はアーキテクチャ的にはWestmere、製品的にはClarkdaleと呼ばれていたもので、32nmプロセスの採用と従来のノースブリッジ機能とGPUコアをCPUにオンチップ統合しているのが特徴です。

発表/販売開始製品リスト
■Core i5 670 [3.46-3.73GHz/4スレッド/TDP 73W/\29k]
■Core i5 661 [3.33-3.60GHz/4スレッド/TDP 87W/\20k]
■Core i5 660 [3.33-3.60GHz/4スレッド/TDP 73W/\20k]
■Core i5 650 [3.20-3.46GHz/4スレッド/TDP 73W/\19k]
■Core i3 540 [3.06GHz/4スレッド/TDP 73W/\14k]
■Core i3 530 [2.93GHz/4スレッド/TDP 73W/\12k]
■Pentium G6950 [2.80GHz/2スレッド/TDP 73W/\10k]
※全てLGA1156/デュアルコア

Core i5 661は内蔵GPUクロックが900MHz(他は733MHz)になっており、GPU性能が高い代わりにTDPが高くなっています。

GPUコアを内蔵しているためIntel H57/H55チップセットと組み合わせることで外部GPUなしで映像出力が可能になります。外部GPU無しで安価に組みたい場合などにアドバンテージを発揮しそうですね。
内蔵GPUの性能も(高性能と評判の)AMD 785Gを上回る性能ということでなかなか魅力的ではないでしょうか。欲を言えばAMDチップセットでは可能な外部+内蔵GPUによる4画面出力などの機能があるとよかったのですが。

最近は各種アプリのマルチコア最適化も進み、高クロックのデュアルコアより低クロックのクァッドコアのほうが高い性能が出ることも多いため、パフォーマンス志向の自作市場よりはGPU統合による低コスト化の恩恵を大きく受けるメーカーPC市場のほうで人気になるのではないでしょうか。

1万円以下の普及価格帯まで一気にCore iシリーズが入ってきたということで、そろそろCore2の時代も終わりかもしれませんね。

|

« ソニーの新製品がすごい@CES | トップページ | 新PC購入。Core i7のパワーに振り回される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/32913596

この記事へのトラックバック一覧です: GPU統合のデュアルコアCore i5/i3などが販売開始:

« ソニーの新製品がすごい@CES | トップページ | 新PC購入。Core i7のパワーに振り回される »