« ギリギリ毎週更新するニュースと呟き(9/14-9/20) | トップページ | 東京ゲームショウ初日ニュースまとめ »

2009年9月23日 (水)

DX11対応のRADEON HD5870/HD5850発表

AMDが新ハイエンドGPU「RADEON HD5800」シリーズを発表しました。
コンシューマ向けで初のDirectX11対応GPUになります。

PC Watch:AMD、業界初DirectX 11対応GPU「Radeon HD 5800」シリーズ
4Gamer:「ATI Radeon HD 5870」レビュー。世界初のDirectX 11カードは「速い」だけに留まらない

hd4870

今回発表されたのはRADEON HD5870と同HD5850の2モデル。
基本的なアーキテクチャはHD4800シリーズを踏襲しながらプロセスを40nmへ微細化するなどしてトランジスタ数増加、高クロック化、省電力化を実現しています。またWindows7で実装されるDirectX11にも対応しており対応ソフトではより高速で高品質なパフォーマンスを得られる可能性があります。
先日発表されたマルチディスプレイ技術Eyefinityによってリファレンスで3画面、最大では6画面の同時出力も可能とのこと。

エルミタによれば日本での発売は来週でHD5870が5万円前後、HD5850は3.4万円前後。ただし初回入荷量は極少数らしいのでHD4770の時と同様しばらくは入手困難になりそうです。40nmプロセスの歩留まりがなかなか良くならないのでしょうか?

ハイエンドGPUながらアイドル時の消費電力が27Wと大幅に低くなっているのは注目ポイントですね。パフォーマンスも現シングルGPU最速のGTX285を十分に上回っているようです。ただ個人的にはGPGPUへの取り組みに積極性が見られないのが残念。ここは次期GeForceにも期待したいところです。

|

« ギリギリ毎週更新するニュースと呟き(9/14-9/20) | トップページ | 東京ゲームショウ初日ニュースまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/31487087

この記事へのトラックバック一覧です: DX11対応のRADEON HD5870/HD5850発表:

« ギリギリ毎週更新するニュースと呟き(9/14-9/20) | トップページ | 東京ゲームショウ初日ニュースまとめ »