« HD DVDで敗北した東芝がいよいよBD事業に参入か | トップページ | Windows 7のパッケージが公開。エコでシンプルに »

2009年6月24日 (水)

TranscendとグリーンハウスからSSDの新製品が登場

メモリー製品大手のTranscendとPC用周辺機器を多数手がけるグリーンハウスからSSDの新製品が発表されています。

PC Watch:トランセンド、読み込み230MB/sec、書き込み180MB/secのキャッシュ搭載SSD
PC Watch:グリーンハウス、64MBキャッシュ搭載のSATA対応SSD

SSD25D ssd_gs_2ma

Transcendが発表したのは「SSD25D」という型番で64MBキャッシュ搭載。60GBと120GBモデルが用意されています。速度は120GBモデルの場合リード230MB/s、ライト180MB/sとされていますが60GBモデルの速度は不明。
店頭予想価格は60GBモデルが28,800円、120GBモデルが48,800円です。

グリーンハウスが発表した「GH-SSD*GS-2MA」も64MBキャッシュ搭載で、容量は32GB/64GB/128GB/256GBの4種と豊富なラインナップ。
速度は32/64GBがリード180MB/sライト90MB/sとやや遅めですが128/256GBはリード220MB/sライト140MB/sと比較的高速になっています。

どちらも64MBキャッシュ搭載ということで搭載コントローラーはIndilinx製のものと思われます。同コントローラー採用でMLCのSSDとしてはOCZのAgilityやVertex、PhotoFastのG-Monster V3、SuperTalent UltraDrive MEなど数多くがすでに市場に出回っていますが果たしてこれらと競合することはできるのでしょうか?今人気のあるIntelやSUMSUNGコントローラー製品との主導権争いも興味深いですね。

全くの余談ですが私はTranscendのメモリは信用していません。過去にMP3プレイヤーやSDカードで泣かされた経験があるので。

|

« HD DVDで敗北した東芝がいよいよBD事業に参入か | トップページ | Windows 7のパッケージが公開。エコでシンプルに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/30257362

この記事へのトラックバック一覧です: TranscendとグリーンハウスからSSDの新製品が登場:

» お別れ会~さようなら三沢光晴!追悼番組も [お別れ会~さようなら三沢光晴!追悼番組も]
お別れ会~さようなら三沢光晴!追悼番組も [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 01時44分

» 【プチフリ解消】2.5インチMLC SSD「GS-2MA」(256Gバイト) [ぱふぅ家のサイバー小物]
キャッシュメモリとして64Mバイトを内蔵し、転送速度を高速化している。プチフリーズも解消。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 18時46分

» 【ちょい古なノートPCもサクサク動く】IDE接続対応SSD「GH-SSDxxGP-1xA/GH-SSDxxGP-2xA」シリーズ [ぱふぅ家のサイバー小物]
ちょっと古いノートPCのレスポンスを改善したい方にお勧め。予算に応じて様々なSSDを選択できる。 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 19時34分

« HD DVDで敗北した東芝がいよいよBD事業に参入か | トップページ | Windows 7のパッケージが公開。エコでシンプルに »