« ウォークマンXレビュー第1回:外観とか付属物とか | トップページ | ウォークマンXレビュー第3回:ビデオとネット »

2009年6月 1日 (月)

ウォークマンXレビュー第2回:操作系と音質

ウォークマンX(NW-X1060/BI)レビュー第2回。
主に音楽まわりのインターフェースとD&Dに対応した転送、音質・ノイズキャンセル機能についてレビューします。

第1回:外観とか付属物とか
第2回:操作系と音質 ←いまここ
第3回:ビデオとネット

◎インターフェース
P1030620   P1030613
画像左が音楽再生画面。HOMEメニューで真ん中の音符のボタンを押すとこの画面になります。上部に曲名やアーティスト名、中央にジャケット画像、一番下にオプションメニューが並びます。画像右はオプションで音質調整などができます。

再生画面で気になったのは長い曲名だと先頭の一部しか表示しないこと。
例えばこの画像の曲は「アブダ・カ・ダブラ(T...」と後半が省略表示になっており、果たしてこの曲がアブダ・カ・ダブラ(TYPE1)なのか同(TYPE2)なのか、聞いてみないと判別できません。ここはスクロールして表示する仕様にしてほしかったですね。(ちなみに旧モデルのNW-A800はスクロール表示します)

またアーテイスト名やジャンル名のところはタッチしても無反応なのですがここはタッチでそのアーティスト/ジャンルの曲を表示するようにしてあると便利だったような気がします。(A800はできます)

P1030616 P1030577
オプションメニューの左から2番目がサーチメニューで、アルバムやジヤンルなどいろいろな要素からリストアップさせることができます。右の画像はアルバムリスト表示にしたところ。画面上で指をなぞるように動かすとスクロールします。ゆっくりなぞればゆっくりスクロール、素早くはじくようにすれば高速でスクロールができるので直感的。

インターフェースのレスポンスは非常に良好。サクサク動いて表示にもたつくことはほとんどありません。タッチパネルの精度も概ね良いですが小さいボタンはやや押しにくくて反応が悪いこともありました。
ただ上述の曲名表示などもそうですが細かいところでイラっとさせられることがチラホラあって操作系自体の完成度はあまり高くないように感じます。ブックマーク機能やスター評価などこれまでのウォークマンから削減された機能も結構あってソフトウェア面はどことなく突貫工事の印象を受けました。

◎ファイル転送
本機は国内向けモデルとしては初のドラッグ&ドロップ転送対応となっています。転送方法は説明する必要のないくらい簡単で、エクスプローラで開いてMUSICフォルダに楽曲を入れるだけ。
xdd 
ただし転送速度は著しく遅いです。これはD&D転送だけではなくSonicStageなどからの転送でも同じなのですが、簡易計測で平均1.6MB/s程度しか出ていません。昔からメモリ型ウォークマンはやたら転送速度が遅いのでもはや伝統のような感じですが、つくづくこの遅さは疑問です。

転送さえしてしまえばウォークマン側でタグなどを読んでデータベースに組み込んでくれて、D&DとかSonicStageといった転送方式は意識せずに使うことが出来ます。 日本語タイトルもウォークマン側の内蔵辞書で読み仮名をつけてくれるのでイニシャルサーチが可能。漢字の仮名ふりも結構正確です。
ただし涼宮(すずみや)が”ら”行と判定されてしまったり間違えることも当然あるので、その場合はSonicStageで手動仮名ふりをして転送してやる必要があります。ウォークマン側で手動仮名設定をすることは出来ません。

◎音質・ノイズキャンセル
※音質評価は極めて私的な評価ですので参考程度にどうぞ

まず、ホワイトノイズが酷いです。
部屋で付属イヤホン耳に入れて電源入れればサーっという音が聞こえてきてすぐに気が付くと思います。音づくり云々以前の問題ですね。これだけで音質的観点からの本機の価値は半減すると言っていいでしょう。

ホワイトノイズは無視して音の傾向ですが、良い音かと問われれば良い音です。が、これで聞いたら他のDAPじゃ聞けないなんて言うほど大きな差はありません。傾向としては全体的に素直で淡白な音という印象です。
クセがなくどんなソースでも破綻させることなく鳴らす一方、味付けがない淡白な音づくりなので面白みに欠けるようなところもあります。
中音域に厚みがある一方低音はやや弱め。古典的なロックや明るいポップな曲なんかが向いているような感じがありますね。

S-masterデジタルアンプ採用やウォークマン史上最高音質といった謳い文句で音質には期待している方も多いかと思いますが、ハッキリ言って音質だけを求めてX1000を買うのはオススメできません。たぶんそのお金でヘッドホンを買い換えたほうがはるかに幸せになれるのではないでしょうか。

ちなみに付属イヤホンの音は最近のソニーらしくモニター系の分解能が高く硬い音。低音もこのクラスにしては割りと出ていますし素性は良いですね。少なくともただ鳴らしているだけのしょぼいイヤホンではありません。

ノイズキャンセル(NC)はかなり効果高いです。NCをONすると周囲の雑音がスーッと遠ざかっていくような感覚がハッキリとしますね。特に電車の中では冷房のゴーッという音がシューッという感じに、ガタンガタンという音はコトンコトンという感じになるのでちょっとした感動モノです。騒音98.0%カットという謳い文句もうなずけます。

◎今回のレビューまとめ
・レスポンスとタッチ精度は良し
・操作系の完成度は微妙
・転送速度は遅いがD&D転送は結構使える
・ホワイトノイズ酷し。音質は期待しすぎに禁物
・NCは効果大

次回はビデオやネット機能等のレビューをします。

|

« ウォークマンXレビュー第1回:外観とか付属物とか | トップページ | ウォークマンXレビュー第3回:ビデオとネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/29902706

この記事へのトラックバック一覧です: ウォークマンXレビュー第2回:操作系と音質:

« ウォークマンXレビュー第1回:外観とか付属物とか | トップページ | ウォークマンXレビュー第3回:ビデオとネット »