« ソニーの有機ELタッチウォークマン「NWZ-X1000」の詳細仕様が明らかに | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(3/9-3/14) »

2009年3月11日 (水)

新iPod shuffleはしゃべる100円ライターだった

AppleがiPod shuffleをリニューアルしました。
shuffle

iPod Shuffleの新モデルは細長くなり、高さ45.2mm、薄さ7.8mmで世界最小サイズらしいです。容量は4GBで8800円。
本体には再生モードを切り替えるスライドスイッチがひとつだけ。
音量調整や再生/一時停止などの操作はイヤホンコードについています。

本機の特徴はVoiceOverという機能で、ボタンを押すと再生中の曲名やプレイリスト名を音声で読み上げてくれます。この機能により”たとえランニングの途中でも、目をそらすことなく、指先だけで、聴きたいプレイリストを簡単に見つけられます。”だそうです。
ちなみにこの音声はshuffle本体で自動生成するわけではなく、転送前にiTunesによってあらかじめ生成されるということです。
製品情報サイトで音声サンプルが公開されているようなんですが、自分はなぜか聴けず。よって日本語の発音がなめらかかどうかは不明。

しかし酷いデザインですね。100円ライターみたい(笑)
本体サイズも世界最小とはいえ驚くほどの小ささではないですし、これはいくらなんでも人気でないだろうなぁ。

○関連リンク
iPod shuffle製品情報サイト

|

« ソニーの有機ELタッチウォークマン「NWZ-X1000」の詳細仕様が明らかに | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(3/9-3/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/28574713

この記事へのトラックバック一覧です: 新iPod shuffleはしゃべる100円ライターだった:

« ソニーの有機ELタッチウォークマン「NWZ-X1000」の詳細仕様が明らかに | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(3/9-3/14) »