« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』のBD版がやっぱり登場。新カットを加えて5月27日発売 | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(2/14-2/21) »

2009年2月21日 (土)

つらつらゲームレビュー:Flowery

適当に書いていくゲームレビュー。今回はPS3のDLゲーム『Flowery』です。
草原や花畑を花びらが舞う画面は大変美しいものですが、どんなゲームかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

flower_banner 

興味のある方は”続きを読む”をどうぞ。

○プレイ状況など
完全クリア。トロフィーコンプ。

◎どんなゲーム?
プレイヤーは花びらを操作して空を舞い、ステージに点在するたくさんの花を咲かせていきます。花を一輪咲かせるたびに花びらが一枚づつ増えていき、ステージをクリアするころにはなが~い花びらの束になっていることでしょう。
花をたくさん咲かせてステージのゴールを目指す、という一応の目的はあるものの、難しいクリア条件があるわけでも複雑な迷路になっているわけでもなく、ただ美しい草原をひらひらと舞うことを楽しむ、いわゆる癒しゲーになっています。

◎草原に花を咲かせる感動
プレイヤーが花を咲かせることでステージにはいろいろな変化が起こります。
枯れた草原が緑を取り戻したり、止まっていた風車が動き出したり様々ですが、美しいグラフィックや綺麗なBGMとあいまって心を動かされます。
まさに直球ど真ん中の癒しって感じですね。

◎シナリオにも感動
癒しゲーといっても本作は”ポエティックアドベンチャー”というジャンル表記になっていまして、ゲームの展開にはストーリーがあります。
ストーリーといってもお姫さまを助けに行くというような目的がハッキリしたものではなく、詩的というか芸術的なあいまいなシナリオなのですが、最終ステージをクリアしたときには涙が出てくるほどの感動が味わますよ。

◎ボリュームは少なめ
ステージ数はあまり多くなく、数時間でクリアできてしまいます。
隠しステージがありそうでなかったガッカリ感もあってもう少しボリュームがあってもいいかなと思いました。
あと画面が非常に美しいのでスクリーンショットの機能も欲しかったです。

◎まとめ
触ってナンボの芸術的癒しゲーということでなかなか文章でその魅力が伝えられないのが歯がゆいです。記事の最後にステージ1のプレイ動画を置いておくのでそちらも見てみてください。Floweryを開発したthat game companyの前作『flOw』も癒し系のゲームでしたが癒しを超えた”感動”までは到達していませんでした。その点でFloweryは癒しだけでなく感動も味わえる素晴らしい作品になっていると思います。ボリュームが少ないとはいえ800円分の価値は十分にあると保証しますのでぜひ買って遊んでみてください。

10点満点で良ゲー評価の8点です。

|

« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』のBD版がやっぱり登場。新カットを加えて5月27日発売 | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(2/14-2/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/28251038

この記事へのトラックバック一覧です: つらつらゲームレビュー:Flowery:

« 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序』のBD版がやっぱり登場。新カットを加えて5月27日発売 | トップページ | たぶん毎週更新するニュースと呟き(2/14-2/21) »