« x264でアスペクト比(SAR)を正しく設定する方法 | トップページ | 毎週土日に更新するニュースと呟き(12/15-12/20) »

2008年12月19日 (金)

55nmでデュアルGPUの「GeForce GTX 295」

NVIDIAからデュアルGPUの「GeForce GTX 295」が発表されましたね。

PC Watch:NVIDIA、55nmプロセスのデュアルGPU「GeForce GTX 295」

◎GeForce GTX 295
コアクロック:576MHz
メモリ:GDDR3 1792MB(896MB×2) 1998MHz
シェーダ:480SP(240SP×2)
メモリインターフェイス:448bit
消費電力:289W

基本的にGeForce GTX 260をそのままデュアルにしたようなスペックです。
ただしコアは55nmプロセスにシュリンクされているのでコア単体での消費電力は下がっているようです。
2つのGPUはSLIで動かすモードとそれぞれ独立動作させるモードを切り替えられ、後者の場合は一枚をレンダリング、一枚をPhysXアクセラレート専用に使うというようなこともできるようです。

出荷開始は1月上旬の予定。
なお、シングルGPUモデルも来年初めには55nmプロセスにシュリンクされたモデルに切り替わるという噂です。GeForce GTX 280/260を狙っている方は来年まで待ってみるのもいいかも?

|

« x264でアスペクト比(SAR)を正しく設定する方法 | トップページ | 毎週土日に更新するニュースと呟き(12/15-12/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/26317686

この記事へのトラックバック一覧です: 55nmでデュアルGPUの「GeForce GTX 295」:

« x264でアスペクト比(SAR)を正しく設定する方法 | トップページ | 毎週土日に更新するニュースと呟き(12/15-12/20) »