« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

CEATEC 2008開催中!ニュースまとめ

今日9月30日(火)から10月4日(土)まで幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2008」が開催されています。
CEATECは国内最大級のマルチメディア製品の展示会で、各社の最新技術や新製品などなどが見られます。
入場料は1,000円(事前登録すれば無料)です。

私も毎年見に行ってますが、今回はスケジュールが厳しいので行けるかどうか・・・一応事前登録はしてありますが・・・

ということで今日から各ニュースサイトのCEATEC関連記事をひたすら貼っていきたいと思います。

-----------------------------------
◎まとめ記事
AV Watch:「CEATEC JAPAN 2008」が幕張メッセで開幕-シャープなど各社がLED液晶TV。無線化技術も

PC Wtach:CEATEC JAPAN 2008 レポートリンク集

ITmedia:まもなく開幕、「CEATEC JAPAN 2008」の見どころ紹介

GIZMODO:CEATEC2008に関する記事一覧

◎個別ニュース記事
「部分駆動LED」と「3D」に注目今年のCEATECトレンド情報

【シャープ】「AQUOS XS1」を中心に「創エネ」を訴求
シャープ、“メガコントラスト”の最上位「AQUOS XS1」
シャープ、次世代液晶「メガASV」採用 AQUOSを発表

薄さ競争、終息か――テレビは“+α”で勝負
CEATEC開幕、会場を彩る“個性派テレビ”たち

CETAEC JAPAN 2008【松下編】-WirelessHDテレビを'09年製品化へ。新UIの提案も

【日立編】LED採用で最薄15mmの液晶TV。超解像技術も

【パイオニア編】液晶「KURO」出展。8倍速BDドライブも

CETAEC JAPAN 2008【三菱電機編】-無線伝送やキューブ型BDレコーダなど。レーザーTVも

CETAEC JAPAN 2008【東芝編】立てかけREGZAやCell TVなど多くの技術展示
【東芝編】ネットブックNB100を展示、SpursEngine搭載カードも

CETAEC JAPAN 2008【ソニー編】-世界最薄9.9mmのZX1など。BD搭載で最小のVAIOも
ソニー、BD搭載で世界最小・最軽量の「VAIO type T」
ソニー、薄さ0.3ミリの超薄型有機ELディスプレイをお披露目
ああ、有機ELテレビは、今日も薄かった

【BDA編】Blu-rayの規格化は一段落。3Dなど新展開を模索

【PCメーカー編】ソニー、NEC、富士通が最新モデルを展示

【モバイル/ネットブック編】BenQ/Lenovo/aigo製MIDや、発売前のネットブックが展示

ポケットサイズ、フォーカス調整いらずの“次世代レーザープロジェクタ”

【マイクロソフトブース編】スカパーPCやIE8、Arc Mouseなどを展示

マイクロソフト、新インターフェイス「Surface」を国内初公開

-----------------------------
CEATECも閉幕し、とりあえずこれで更新は終了予定です。
今年もいろいろありましたが、なんだかテレビ関連の話題ばかりだったような気もします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲーム紹介:協力プレイが魅力!「リトルビッグプラネット」

PS3で10月30日発売予定のソフト「リトルビッグプラネット」クローズドβテストの抽選に当たりまして、昨日から参加しています。
とーっても面白いので宣伝を少し(笑)

どんなゲームかというと一言では表しにくいのですが、
基本はぬいぐるみのキャラクター”リビッツ”をあやつる2.5Dのアクションゲームです。奥行き表現のあるマリオ・・・といえば分かるでしょうか。
ただステージはいたるところに物理演算が駆使されていて新鮮。パズル的要素も豊富です。

またリトルビッグプラネット(以下LBP)はただのアクションゲームというわけではなくクリエイションオンラインが特徴。
自分でステージを作って世界中のユーザーに遊んでもらったり、逆に世界中のユーザーが作ったステージをプレイしたり。ステージ数は無限というわけ。
最大4人の協力プレイも魅力で、オンライン上の見知らぬプレイヤーと一緒に協力してステージをクリアしていくこともできます。
もちろんコントローラーを複数用意して友達とわいわいプレイもOK。

・・・と私の拙い文章じゃいまいち分かってもらえないと思うのでビデオを。

どうです?面白そうでしょ?

βテストの応募期間は終わってしまったので今からテスト参加はムリですが、10月30日発売なのでぜひお買い求めください(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

たぶん毎週更新するニュースと呟き(9/22-9/27)

・Amazon遅い!
先日Amazonで3冊ほど本を注文したんです。
早く欲しかったのでお急ぎ便にしようかとも思いましたが、普通便でも3日くらいで届くだろうとたかをくくっていたんです。
ところが普通であれば注文から数時間で来るはずの「支払い番号」が3日経った今日になっても来ない!よって入金もできないし当然発送もされない。
注文時にはいずれも在庫ありになってたので在庫確保ができないということではないと思うのですが・・・
しかもちょっと調べてみたら他にも同じような状態の方が結構いるみたいです。システム障害とか配送業者とのトラブルとかいろいろ噂がたっていますが、なんいせよ早く届けて欲しいなぁ

・MegaMan 9が面白い
先日Wiiウェアで発売になった「ロックマン9」ですが、実は海外では「MegaMan 9」のタイトルでPS3でも売っているんです。
ファミコン時代の8bit風なグラフィックに惹かれてこの海外版を購入しました。
最近のゲームとしては難易度がやたら高くなっており、1ステージクリアするのも大変ですが、歯ごたえがあって面白いです。
PS3で海外のDLゲームを買うのはちょっと工夫が必要ですが、Wiiをお持ちなら日本版のロックマン9が簡単に購入できますのでぜひ。
megaman9

それでは今週のニュースをどうぞ↓
-----------------------------------------
◎PC関連
Intel製SSDが発売に、リード240MB/sで約8万円
ついに発売になりましたね。他のSSDよりやや高いですが圧倒的なパフォーマンスは魅力的です

東芝、業界最大級の256GB MLC SSD
一方東芝は大容量タイプを発表

アースソフト、PC用デジタルチューナ「PT1」を10月25日発売
いろいろとヤバそうですがフリーオも黙殺状態だしいいんですかね?

Core i7は日本では11月1日発売か?
さてCore2ほどのブームは起こせるでしょうか?

AMD、エコキャラクターの愛称を募集
ダサい・・・

◎AV関連
PSPでも視聴できるPS3向け動画配信サービスがスタート
亡念のザムド、1話だけ見てみましたが微妙・・・
他のアニメが全部SD画質なのが残念

【新製品レビュー】人気のカナル型イヤフォンが一新
EX500SLのレビュー。私も購入予定です

Blu-ray版「AKIRA」が2009年2月20日発売
ショウゲート、「バイオハザード」単品版Blu-rayを12月発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

1000円でライトセーバー買いました

こんなの買っちゃいました。

lightsaver

スターウォーズのライトセーバーですね。

マスターレプリカ社の”ミニ ライトセーバー”シリーズといって、実物のライトセーバーの約半分のサイズのミニチュアモデルです。
ミニチュアとはいえ実際の映画撮影に用いられた小道具を忠実に再現しており、すばらしい質感を持っています。

実はこれ、普通に買うと1本5000円くらいする本格的なコレクターズアイテムなのですが、なんと今日オープンした「さくらや」でオープン記念特価980円!
思わず並んでいた3種類全部買ってきました(笑)

昔スターウォーズにはまっていたころマスターレプリカのフルサイズのレプリカ(2万円くらいするやつ)が欲しくて欲しくて結局買えなかったという苦い記憶があるのですが、ミニサイズとはいえ1本1000円以下で買えてしまうとは・・・嬉しい反面ちょっと寂しいかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

無線LAN付きSDカード「Eye-Fi」が日本で発売!

「無線LAN内蔵SDメモリーカード」というちょっと変わった製品が登場します。

eyefi

「Eye-Fi」無線LANを内蔵した2GBのSDメモリーカードで、デジカメで撮った写真を無線LAN経由でPCやflickerなどのネットサービスに転送する機能を備えています。
本体に無線LANを備え同様の機能を実現するデジカメはいくつかありますが、このEye-Fiを使えばそういった無線LAN機能がないデジカメにも無線LANを機能を追加できるというわけ。けっこう便利そうですねー

ちなみにこの製品はアメリカで発売済みで、今回日本での発売が決まったというもの。発売は年内ということです。

◎関連リンク
無線LAN搭載のSDカード「Eye-Fi」、年内に日本で発売
無線LAN内蔵SDカード Eye-Fi 試用インプレッション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

なるたけ毎週更新するニュースと呟き(9/14-9/21)

また一日遅れ・・・しかも1週間更新してない・・・

・ようやく地デジ導入
マンションの管理組合がやっと地デジアンテナを取り付けてくれました。
これで我が家のアクオスが購入2年目にしてようやく真の力を発揮します(笑)
(あと白フリーオも)

・ポケモンにハマる
こないだビックカメラに行ったときに「ポケットモンスター プラチナ」を衝動買い。で、ハマる。(笑)
現在パーティの平均レベル32、5つめのジムリーダーを倒したあたりです。
なんでも今はポケモンの種類が463匹もいるらしいですね。自分は151匹時代しか知らなかったのでこれは驚いた。とてもコンプはできそうもないです。

ではニュース↓
なんか今週ニュース少ないですね
----------------------------------
◎PC関連
Intelが普及版Nehalemの量産を2010年Q1に延期
GPU統合のデュアルコア版のみ延期のようです

LG、フルHD対応の3系統入力21.5型ワイド液晶
レノボ、白色LEDバックライトの24型ワイド液晶
ナナオ、省電力化した24.1型/22型ワイド液晶
ベンキュー、16:9の24型フルHD液晶

◎AV関連
PS3のネットサービス「Life with PlayStation」開始
現状ではニュース一覧くらいしか見れないので面白くないです

東芝、'09秋に発売のCell TVの高速映像処理をデモ
本当はこれをソニーがやるはずだった・・・

東芝、超解像搭載の新「REGZA」。国内シェア20%超へ
東芝、高画質1080p化「XDE」搭載の新「VARDIA」
東芝、「XDE」で高画質1080p再生可能なDVDプレーヤー
”超解像"、”XDE"の言葉ばかり独り歩きしてません?
実際の効果はその大層な名前に見合うものなんでしょうか

◎ゲーム関連
カプコン、「東京ゲームショウ2008」出展情報公開「モンスターハンター3」や「バイオハザード5」など全タイトルをプレイ可能!!
自分はモンハンは興味ないですが、こりゃ今年も混みそうですねぇ

SCEJ、PS3「リトルビッグプラネット」世界同時βテスト実施決定。参加者募集を開始
Home、SOCOMとベータ募集にことごとく外れているので今度こそっ!

SCEJ、PS3「まいにちいっしょ」9月度アップデート実施「トロフィー機能」への対応や「まいいつSTORE」の機能拡張など
いきなりトロフィー100%になったw

『Mirror’s Edge』発売前にXBLMとPSNでデモを配信予定
日本での発売は海外から1月後れですね・・・

白騎士物語公式サイトリニューアル
PS3発売前から発表されていたRPGがようやく今年の12/25に発売決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

たぶん毎週更新するニュースとつぶやき(9/7-9/13)

 

◎PC関連
エヴァンゲリオンのエントリープラグ型USBメモリ
ちょっと欲しいかもw

Intel、10chアクセスで高速化したSSDを出荷開始
平澤寿康の周辺機器レビューIntelの超高速SSD「X25-M Mainstream SATA SSD」
Intel製SSDのデモ開始、RAID 0で500MB/s超
発売予定日は9月25日らしいです

Radeon中堅「Radeon HD 4670」が登場、1.2万円
これにするか、もう少し出して9600GTにするか・・・

Microsoft、BlueTrack搭載のワイヤレスゲーミングマウス「SideWinder X8 Mouse」

◎AV関連
ソニー、フルサイズで2,460万画素の「α900」
パナソニック、初のマイクロフォーサーズ機「DMC-G1」
デジタル一眼も欲しいんですよねぇ
フィルム時代に使ってたのでニコンがいいかと思ってましたがソニーもよさそう

【新製品レビュー】音楽との出会いを演出。新iPod nano
今日ヤマダで見てきましたがなかなか良い質感でしたね

ユニバーサル、Blu-ray Discの国内発売を12月より開始
「アポロ13」がないだと!?

パイオニア、50/60型の新PDP「KURO」とBDレコーダ

◎ゲーム関連
創造力を刺激するアクションゲームSCEJ、PS3「リトルビッグプラネット」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ソニー、バッテリー内蔵の有機ELテレビを参考展示

今日はいろいろ発表ラッシュ。

ソニーは年末商戦向けの新商品内覧会を開催し、そこでバッテリー駆動、ワイヤレスチューナ採用で完全ケーブルフリーを実現した有機ELテレビを参考展示しているようです。

パネルは「XEL-1」と同じ11型/1.4mm厚の有機ELパネルですが、本体にバッテリー(駆動時間不明)を内蔵し、別に用意されたチューナーユニットから映像と音声をワイヤレス伝送する方式を採用。バッテリー駆動時は一切のケーブルが必要なくなり、壁掛けや持ち運びなど利用スタイルの自由度が増すとしています。
ただし参考展示品であるため商品化の時期、価格とも未定です。
気になるバッテリー持続時間も未定ですが、同クラスの液晶テレビよりは長いようです。東芝の12型ポータブル液晶TVが連続動作約2時間らしいので、3時間くらいは持つのでしょうか?

「ひとりテレビ」としてなかなか魅力的な感じではありますが、それよりもパネルの大型化のほうはどうなってるんでしょうかねぇ?

◎関連リンク
ソニー、バッテリ駆動で完全ワイヤレスな有機ELテレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HD4000世代のミドルレンジGPU「HD4670」「HD4650」発表!

RADEON HD4800シリーズのヒットで波に乗るAMD(ATI)からHD4000世代のミドルレンジ向けGPU「RADEON HD4600」シリーズが発表されました。

hd4670
HD4670リファレンス。ボード長が短いですねぇ

今回発表されたのはRADEON HD4670と同 HD4650。いずれもミドルレンジ向けのGPUです。
主な仕様は以下のとおり

○RADEON HD4670
コアクロック:750MHz
SP数:320SP
メモリクロック:2.0GHz(GDDR3)、1.8GHz(DDR3)
メモリ容量:512MB(GDDR3)、1GB(DDR3)
メモリインタフェース:128bit
消費電力:59W

○RADEON HD4650
コアクロック:600MHz
SP数:320SP
メモリクロック:1.0GHz
メモリ容量:512MB(DDR2)
メモリインタフェース:128bit
消費電力:48W

いずれもDirectX10.1、PCIe 2.0、UVD 2.0(動画再生支援)、CrossFireXなどに対応しています。

高いコストパフォーマンスで大ヒットしているHD4800シリーズと同アーキテクチャを採用しているということで期待がかかるパフォーマンス面ですが、多和田氏のベンチマークによればHD4670は1世代前のハイエンドモデルであるHD3850に匹敵するパフォーマンスを得ています。
ただし同じアッパーミドルクラスに位置するGeForce 9600GTと比べるとパフォーマンスで劣るシーンが多いようです。ただしHD4670は9600GTよりも安価となるはずですので、コストパフォーマンスでは魅力的になるだろうとしています。消費電力面でもHD4670は光っていますね。

エンコードユーザーである私はついついCUDAがあるGeForceに心移りしてしまいそうですが、HD4670もいいですねぇ。

◎関連リンク
AMD、メインストリーム向けGPU「ATI Radeon HD 4600」
Radeon HD 4000世代初のミッドレンジ「Radeon HD 4670」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoftが青色LEDセンサーの新型マウスを発表

米Microsoftがティザーサイトで予告していた”新方式”を採用したマウスが発表されました。その正体はBlueTrackテクノロジーという青色LEDを使ったセンサーでした。

ms_3 ms_5

Explorerの上面と底面。底面周囲が青く光ってるのはただの飾り

今回発表されたのは「Explorer」「Explorer Mini」の2製品。
どちらもBlueTrackテクノロジーを採用し、青色LEDを読み取りセンサーに使っています。青色LEDを使うことで従来の赤色LEDセンサーやレーザーセンサーよりも高精度なトラッキングが可能になり、従来型では読み取りにくい大理石などの光沢のある面でも快適に利用可能であるとしています。

「Explorer」と「Explorer Mini」の違いは名前のとおり大きさで、Miniはモバイル向けの小型タイプ。デザインはほとんど違いがありません。
エルゴノミクスデザインでMMM8000にも似ていますね。
いずれもUSBドングルを利用した2.4GHz無線タイプのワイヤレスマウスになっています。ただし電源はExplorerが内蔵バッテリーであるのに対してMiniは単三電池利用です。
アメリカでの発売は11月予定。(日本では未発表)
価格は無印が99.95ドル、Miniが79.95ドルです。

ちなみに普通のレーザー方式ですが、デザインが奇抜なマウス「Arc Mouse」も同時発表されています。

◎関連リンク
Microsoft、青色LED採用の光学式ワイヤレスマウス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple、iPodシリーズを一新!nanoはスリムに、touchは値下げ

AppleがiPodシリーズのラインナップを一新しました。

Apple Keynote

○iPod nano
一番の売れ筋であろうnanoはデザインを一新。デブになった従来モデルとはうってかわってスリムな細長いボディになりました。厚みは6.2mmと"iPod史上最薄”。エッジをカーブさせたデザインとあいまって非常に薄く見えます。
メモリ容量は8GB(17,800円)/16GB(23,800円)で、8GBモデルは本日より発売、16GBも9月中に順次発売されます。
カラバリは豊富な9色を用意(レッドはAppleストア限定)

nano

液晶はデブ幅広の前世代モデルと同じ2型/320×240のディスプレイでMPEG4再生に対応。
ホイール操作こそ変わらないもののインターフェースは改良され、加速度センサーで縦横検知、メニュー/曲名の音声読み上げ、大型フォントの採用などがなされているようです。

○iPod touch
iPhone 3Gの勢いのおこぼれを頂きたいであろう新touchは機能/デザインこそ従来とほとんど変わりませんが、値段が1万円前後値下げされました。
8GBが27,800円、16GBが35,800円、32GBが47,800円になっています。
(値下げ幅は8GBが-9,000円、16GBが-13,000円、32GBが-12,000円)
発売日は9月下旬。

newtouch

機能的、デザイン的変化は側面にボリュームボタン追加、スピーカー内蔵、厚みが0.5mm厚くなった、でも重さは5g軽くなった、バッテリー持続時間が向上したなど。それ以外の基本的な機能は変化無し。

○iPod classic
もはや需要があるのかよく分からないclassicはとうとう120GB HDDの1モデルのみになりました。価格は29,800円と従来の80GBモデルから価格据え置きで大容量化。本日より発売中。
カラバリはブラックとシルバーの2色のみ、デザイン/機能とも従来モデルから変化無し。

app3_02

○iPod shuffle
こっちも需要が怪しいsuffleですが、新nanoに合わせてカラーバリエーションを変更、シルバー、ブルー、グリーン、レッド、ピンクの5色展開です。
(例によってレッドはAppleストア限定)
それ以外変化無し。

-------------------------------------

新nanoはうってかわっての縦長ボディになりましたがどうでしょうかね?
個人的には結構好みですが、サイドが緩くラウンドしたデザインは人によっては違和感を感じているかもしれません。

◎関連リンク
Apple、縦長ボディ/加速度センサー内蔵の新iPod nano
アップル、1万円以上値下げした第2世代iPod touch
アップル、120GB HDD搭載で29,800円のiPod classic

◎ネットショップリンク
Appleストア iPod nano 製品情報ページ
Appleストア iPod touch 製品情報ページ

Apple Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SpursEngine搭載のPCIe拡張ボードが一般向けに登場するようです

リードテックが「SpursEngine」を搭載したPCI-Expressx1拡張ボード「WinFast PxVC1100」を一般向けに発売する予定があることを明らかにしました。

PC Watch:リードテック、東芝のメディアプロセッサ「SpursEngine」搭載PCIe拡張カード

pxvc1100 
ファンが付いてる・・・

SpursEngineとは東芝が開発したメディアストリーミングプロセッサで、PS3などに採用されているCPU「Cell.B.E」をベースにH.264/MPEG2デコーダ、エンコーダを内蔵しています。
これを使うことでビデオ再生/編集などの映像処理を高速化できます。

今回発表された「WinFast PxVC1100」はPCI-Expressx1接続のロープロ対応拡張ボードで、SpursEngineを搭載。バンドルソフトとしてDVDオーサリングソフト「DVD MovieWrite」とDVD再生ソフト「WinDVD」が付属します。
リードテックによれば本ボードを使用することで、SD映像の高品質アップコンバート、ビデオ編集、オーサリング、トランスコード、DVD/AVCHDディスクの作成と再生といったことができるそうです。
・・・が、これら機能はバンドルソフトでのみ利用可能なのでしょうね。おそらく。きっと。まちがいなく。

これまでSpursEngineは東芝のノートPC「Qosmio」に実装されたのみでしたが、WinFast PxVC1100によって広く一般ユーザーがSpursEngineを利用することができるようになりそうです。
WinFast PxVC1100は10月以降の発売を予定しており価格は未定です。
なお製品は今月30日より幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2008」に出展されるようなので興味のある方は行かれてはいかがでしょうか?

◎関連リンク
リードテック、東芝のメディアプロセッサ「SpursEngine」搭載PCIe拡張カード
SpursEngineでパソコンはどう変わる?-「Qosmio G50」のアップコンバートやAVC変換を試す(AV Watch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

ペンタブ購入しました

Wacomのエントリー向けペンタブレット「Bamboo Comic」を買いました。
前から欲しくてAmazonで7千円台まで安くなっていたので。

bamboo

エントリー向けなので入力エリアはA6ワイドと狭いですが、ちょっとお絵かきくらいなら十分です。まして小学生レベルの画力の自分にはこれでも勿体ないくらい(笑)エントリー向けとはいえペンは筆圧読み取り対応です。
”Comic”版にはイラストソフトや漫画制作ソフトが付属しているため買ってきてすぐに遊べるのがいいですね。

ちなみにWindows Vistaではペンタブを操作/入力デバイスとして使う機能が標準搭載されていて、ペンによるマウスカーソル移動とクリック、手書き認識入力で文字入力とペンタブだけで一通りPC操作をこなせます。
手書き認識の精度も意外に(?)高精度で驚きました。

aaaa

しばらくはお絵かきなどして遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォークマンに新モデルS730F/S630F登場「おまかせチャンネル」やWMV対応も

ひさびさにソニーウォークマンの新モデルが登場です。

AV Watch:ソニー、“おまかせチャンネル”搭載の「ウォークマンS」

NW-S739F_ST NW-S638FK

本日発表されたのは「NW-S730F」、「NW-S630F」、「NW-S630FK」の3シリーズ。型番からわかる様に機能と価格のバランスが取れた普及モデルである「Sシリーズ」に位置づけられています。
S730F/S630Fはカード型のアルミ製ボディに薄さ7.5mmの薄型デザインを採用。S730FとS630Fではカラバリや表面仕上げが多少異なっています。
機能面ではS730Fのみがノイズキャンセル機能を搭載していますが、それ以外にはほとんど違いはありません。
S630FKはS630Fに小型の専用スピーカーがセットになったモデルです。

新機能として曲調を解析して自動でプレイリストを作成する「おまかせチャンネル」を搭載。作成されたプレイリストは「アクティブ」、「アップビート」「朝のおすすめ」といったジャンルに分かれており、その時の気分に合わせて楽しむことができます。

さらに動画再生機能が強化され、従来のMPEG4、MPEG4-AVCに加えWMV形式の再生にも対応。(ただし非DRMファイルのみ)
音楽の対応形式は従来と変わらずMP3/WMA/ATRAC/AAC/リニアPCMに対応。
もちろん楽曲転送にはSonicStageが必須です。

S730Fのみの機能であるノイズキャンセル(NC)機能も強化されており、音楽を再生しないでNC効果のみを得られる「サイレントモード」と録音ケーブル(別売)を使ってウォークマン以外の機器で再生した音楽にもNC効果を与える「外部入力モード」が搭載されています。

その他FMラジオ内蔵、ポッドキャスト機能搭載。連続再生は40時間(音楽)。
付属するイヤホンはS730FシリーズはNC機能付きのもの、S630FはNW-EX85SL相当のものが付属します。
タイミング的にEX300SLの採用もありうるかと思っていましたがそうはなりませんでしたね。

現行のS710やA910よりは良いデザインになっていますし、機能的にも成熟してきた感じがあってなかなか魅力的なモデルですね。
とはいえA800から買い換えるほどの”なにか”はないかなぁと思いますが。
A800の時のように「これは買わなきゃ!」と思わせてくれる革新的な新モデルが欲しいですね。

◎関連リンク
ソニー、“おまかせチャンネル”搭載の「ウォークマンS」
カラフルなアルミニウムのボディに、一体感のあるキュートなスピーカーを付属“ウォークマン” Sシリーズ 3機種発売

Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

ぎりぎり毎週更新するニュースと呟き(8/31-7/6)

・忙しい忙しい
ゲームもできないプラモも作れない・・・
ブログも書けない(笑)

--------------------------------------
◎PC関連
デル、8.9型液晶/重量1,035gのネットブック「Inspiron mini 9」
とうとうDellもネットブック市場に参戦。
自分は一時のブームだと思ってたのですが定着してしまうんですかねぇ

HavendaleとLynnfieldでNehalemを一気に浸透させるIntel

Microsoft、新センサー搭載マウスを9月9日に発表
さてどんなのが出てくるのか・・・

デル株式会社

◎AV関連
ソニー、AVC長時間録画と高画質化を図った新BDレコーダ
「X」が欲しい!

ソニー、CREAS搭載の単体BDプレーヤー「S5000ES」
普及型で4.5万・・・PS3のほうが高性能で安いです

「マトリックス」Blu-ray BOXに本編のみの低価格版
やっぱり出ました本編のみ低価格BOX

◎ゲーム関連
SCEJ、音声チャットがワイヤレスで楽しめるPS3用「ワイヤレスヘッドセット」発売決定
PS3用にと以前買ったBTヘッドセットは今や引き出しの奥に眠る・・・

アニメ超えてるよ…『Naruto Ultimate Ninja Storm』最新プレイムービー公開
完全にアニメ超えてるよ・・・

「Fallout 3」日本版発売日が12月4日に決定!
面白そうだけど面白くなさそうなビミョ~なソフト

「Mirror's Edge」PS3版は独占ダウンロードコンテンツを用意
wktk

これがSPOREだ! 9月5日に発売される「SPORE」のスクリーンショット43点を掲載
これも買うか悩んでるソフト
コンセプトは面白そうなんだけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

GoogleChromeリリース!機能紹介や感想など

予定通りGoogleのWebブラウザ「Google Chrome」ベータ版がリリースされました。機能の紹介や使ってみた感想などを。

◎シンプルデザイン

chorome

これがGoogle Chrome(以下Chrome)のウィンドウ。
一目見て分かるように超シンプル。
一番上にタブバーがあり、その下にはアドレスバーがある。だけ。
ステータスバーもなければホームボタンもない。めちゃめちゃシンプルです。
設定を変えることでホームボタンやブックマークバーを出す事は可能ですが、デフォルトではこれだけ。

◎必要最小限の機能
デザインと同様に機能も極めてシンプルです。
昨今のトレンドであるRSSフィードの機能もないし、デフォルトではブックマークすらワンボタンでは出てきません。
一応Chromeの特徴的機能をいくつか列挙しましょう。

・多機能ワンボックス
アドレスバーが検索ボックスを兼ねており、ここにキーワードを入力する事でサイトや履歴、ブックマークを横断的に検索できるようになっています。もちろんインクリメンタルサーチ対応。検索エンジンもGoogleだけでなくYahoo!などの他社エンジンも利用可能です。
ただし現時点では候補が乱雑に表示されていて少し分かりにくいと感じました。

・新しいタブ機能
新しいタブを開くと自分がよく閲覧するページのサムネイルが表示されます。
この点は真っ白いタブを開くFireFoxなどより親切ですね。
その他のタブの動作は他のブラウザとほとんど同じですが、タブをウィンドウ外にドラッグすると新しいウィンドウが開くなど独自の機能もあります。
また、ひとつひとつのタブは独立したプロセスで動いているため、あるタブが悪質なコードや重いFlashで固まっても他のタブを巻き込むことがないというのは地味に嬉しいですね。

・アプリケーションショートカット
Webアプリケーション(Gmailなど)を独立したショートカットとしてデスクトップ等に登録する事ができます。ショートカットを押せばWebアプリケーションがさもローカルアプリのように起動する・・・という機能なのですが、ちょっと使ってみた限りではURLショートカットをローカルに置いておくとの大して変わらず、さほど革新的な機能とは感じませんでした。
何か応用することで面白い事ができるのかもしれません?

・シークレットモード
「シークレットウィンドウを開く」を選択すると新しいウィンドウが”シークレットモード”で開きます。このモードになっているウィンドウではCookieや履歴などの個人情報を保存・送信しないようになります。
要はIE8の「InPrivateブラウズ」と同じ機能のようですね。
ちなみにシークレットモードの説明書きがちょっと面白い。

ccc 
「見張りの秘密諜報員」って何だ(笑)

◎高速な起動と読み込み
シンプルな分だけ起動やページのレンダリングは大変速いです。
起動は他のどのブラウザと比べても段違いに速く、ページレンダリングもFireFox3と比べても同等かそれ以上のスピード。
この軽さ速さはChromeの大きな魅力になるのではないでしょうか。
ただ画面スクロールが滑らかではなく、ややカクついた動きをするのが気になりました。これは仕様なのかな?だとしたら残念。

●その他雑感など
Chromeは真の意味で「シンプル」なブラウザだと感じました。現在の多機能・高機能なブラウザに慣れてしまっていると最初は戸惑うかもしれません。
しかしChromeの軽量高速な動作は多くのユーザーが恩恵を実感する事ができるでしょう。そういうシンプルさを割り切って使えるユーザーには試す価値が十分あるといえるでしょう。安定性もベータ版とは思えないほどで、どっかのベータ版とは比べ物になりません。

個人的にはGoogleツールバーの機能をChromeに取り込む事ができればシンプルさと機能のバランスが取れてさらに魅力的なブラウザになるのではないかと感じます。GoogleツールバーはGoogleの魅力的なWebサービスにワンボタンでアクセスする事ができ、この機能がChromeにあれば例えばRSSフィードはGoogleリーダー、ブックマークはGoogleブックマーク、メールクライアントはGmailというようにChromeの機能的な弱さを補え、かつ動作の軽量さも保てるのではないでしょうか?Googleとしても自社のサービスの利用を促せるという点でメリットが多いでしょう。

Chrome対応のGoogleツールバーが公開されたらすぐにでもメインブラウザに乗り換えてもいい、そう思わせるだけの魅力がChromeにはあります。
ぜひ一度ダウンロードしてみてください。

◎関連リンク
Google Chromeダウンロード
Googleが独自開発ブラウザ「Google Chrome」ベータ版をリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleが独自のブラウザ「Google Chrome」を予告

GoogleがオリジナルのWebブラウザ「Google Chrome」のベータ版を2日(時差で日本は3日)にリリースする事を明らかにしました。

logo_sm 

Gmail、GoogleEarthなど魅力的なサービスを次々に打ち出しているGoogleのブラウザということで否が応にも期待は高まりますが、現時点ではどういったものなのかはほとんど分かっていません。
Google Chromeを紹介するコミックブックINTERNET Watchなどから分かる要素を列挙すると、

・オープンソース
・シンプル、クリーン、効率的なインターフェース
・より安定的(1つのタブがクラッシュしても他のタブに影響しない)
・より高速(独自のJavascriptエンジン「V8」採用)
・よりセキュア

MozillaのFireFoxやAppleのWebKitのコンポネーントを利用しているらしいのでHTMLレンダリングエンジンはFirefoxのGeckoかSafariのWebCoreを使っているのでしょうか?どちらもスピードに定評のあるエンジンなので期待できそうです。

まぁ何にせよ詳しいことはリリースされてからですね。
間もなくリリースされるはずなので試してみたいと思います。

◎関連リンク
Googleが独自ブラウザ「Google Chrome」を9月2日にリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

PSP-3000は10/16発売、PS3経由でネット対戦が可能に

液晶モニタが高画質化した「PSP-3000」ですが、本日行われた発表会で発売日や価格などの詳細情報が明らかになりました。

SCEJ:さらなる高画質化を実現したPSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000) 発売日決定

発表によればPSP-3000の発売日は10月16日。個人的予想の9日ではありませんでした。価格はPSP-2000から据え置きの19,800円となります。
さらに単品の他に4GBのメモリースティックやポーチ、クロス、ストラップをセットにした「バリューパック」も同日発売。こちらは24,800円です。
ゲームタイトルとの同梱版も多く用意され、「起動戦士ガンダムvsガンダム」、「パタポン2」、「ディシディアファイナルファンタジー」とのセットが予定されています。

さらに2GBのメモステにポーチ、クロス、ストラップがセットになった「アクセサリーパック」(3,800円)や、PSP-3000に対応した2200mAhの大容量バッテリー(5,500円)、クレードル(4,800円)、ゲームなども一緒に収納できるタイプのポーチ(1,800円)など多くの周辺機器が一斉にリリースされます。

なお、カラーバリエーションは既報のとおりピアノ・ブラック、パール・ホワイト、ミスティック・シルバーの3色ですが、プレスリリースには”一層のユーザー拡大に向け、今後カラーバリエーションの発売も予定しております。”とあるのでやはりPSP-3000も積極的な多色展開がなされるようです。

また今回の発表会ではPSPの今後のネットワーク機能の強化についても言及され、PS3やPCを経由せず直接ダウンロードコンテンツを購入できるようになることや、PS3を橋渡しに使うことでアドホック対応ゲームをネット経由で遊ぶことができるようになるといった発表がされました。
特に後者はかなり魅力的な機能ですね。
なおこれらのネットワーク機能はPSP-3000だけでなく従来の機種でも利用可能になるそうです。

さらにさらにAV Watchの記事からPSP-3000の高画質化した液晶の詳細スペックも判明。NTSC比83%、コントラスト比2000:1、応答速度8msとなっており、やはりPSP-3000の液晶はシャープの「新モバイルASV液晶」である可能性が高そうです。

以上新たに多くの事が判明したPSP-3000、今から10月16日の発売日が楽しみですね!
(私はミスティックシルバーを購入予定です)

◎関連リンク
さらなる高画質化を実現したPSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000) 発売日決定
新型PSP「PSP-3000」は19,800円で10月16日発売
PSP-3000の詳細仕様が判明!モニタ高品質化、マイク内蔵、インタレ出力対応など
PSP-3000の液晶ディスプレイはどれくらい進化しているのか? 写真で徹底解剖!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »