« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

IE8ベータ版を試してみる

「Internet Explorer 8」(以下IE8)のベータ版を入れてみました。
さてどこが変わったのでしょうか?その使い勝手やいかに?

とりあえずMicrosoftからダウンロードしてさくっとインストール。
途中2回再起動して約20分でインストールを完了しました。
お気に入りやRSSフィードなどの設定は自動的に引継ぎされましたが、フォントの設定はリセットされていました。

asdsad

これがIE8のスクリーンショット。(やべタスクバー丸見えだ)
インターフェースは一見するとIE7と何ら変わらないように思えますが細部のデザインが少し変わってあっさりした感じになっています。
さらにアドレスバーの下に「お気に入りバー」が追加されている点や、コマンドバーに「セーフティ」の項目が加わっているなどの変化がありますね。

お気に入りバーにはよく使うページやRSSフィードへのリンクを並べることができるようになっています。これはFireFoxに実装されているものとよく似ています。

セーフティの項目からは「InPrivate ブラウズ」という機能が利用できます。
これを選択するとIE8のウィンドウがもう一つ新しく開きます。
このウィンドウはInPrivateモードになっており、この状態で閲覧したサイトのCookieやキャッシュ、履歴は保存されないようになります。
正直実用性は?な気もしないでもないですね・・・
セキュリティ関連では他にアドレスバーのURL表示でドメイン名が強調表示されるようになっていて、偽装サイトを用いたフィッシング対策だと思われます。

aa

またIE8ではタブの動作が少し変わっているようで、「タブグループ」という概念が積極的に利用されています。関連するタブ(リンクのつながったタブ)同士は同じ色のタブで表示され、複数のサイトを一度に閲覧しているような場合でもページ同士の関連性が分かりやすくなっています。

この他新機能で地味に便利なのが「ウェブアクセラレータ」
ページの文字列を選択するとアイコンが出てきて、それをクリックするとその文字列を用いてWeb検索などができるというもの。
これまでコピー&ペーストをしていた作業がさくっとできるようになります。
検索エンジンもユーザーが指定でき、単純なWeb検索だけでなく、地図検索なども可能です。

初歩的な機能ながらIE7で未対応だったタブの復元にもIE8は対応。
うっかりタブを閉じてしまったときなど簡単に復元ができます。
クラッシュからの復旧時にもクラッシュ前に表示していたタブを全て復元することができるようになったのもGoodです。

gytgygy

-----------------------------------------

ということでIE8の新機能はこんな感じで個々の機能としては魅力的なものが多いのですが、自分が短時間使ってみた感触は残念ながらあまり良いものではありませんでした。
まず「セーフティ」の項目が増えたことでタブの表示できる領域が大きく狭まったのがマイナスポイント。特にノートPCなどで画面サイズが小さい場合はタブが窮屈に感じてしまうでしょう。
私がIE7でとても気に入っているRSSフィードもIE7では更新があった時にアイコンが変化して知らせてくれたのにIE8では更新があったかどうか分かりにくくなっています。
こうした細かい部分で改悪と言わざるを得ない点が多々ありますね。

レンダリング速度の改善もIE8のウリの一つなのですが、ちょっと使ってみた感じではそれほど速くなったとは感じませんでした。
確かにIE7に比べれば幾分か速くなっているようですが、FireFox3のような劇的な進化というにはほど遠いです。

さらに動作が致命的なまでに不安定
今回入れたのはベータ版ですので不安定なのは仕方のないことですが、それにしてもクラッシュが多い。特にタブ周りの動作に問題があるようで、タブを開く、閉じる、入れ替えるといった動作でフリーズが頻発しました。
1時間で5回もクラッシュされるとさすがに常用する気は失せますね。

とりあえず今回は入れてから1時間でIE7に戻してしまいました。
正式版のリリースにまでブラッシュアップがなされることを期待しています。

◎関連リンク
マイクロソフト、高速化し便利になった「IE8 ベータ2」提供開始

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月30日 (土)

たぶん毎週更新するニュースと呟き(8/24-8/30)

・北海道に行ってきました
月曜日から昨日まで、北海道に行っていました。楽しかったけど歩き回ってメチャメチャ疲れた~
DSCN1583 

では今週のニュースをどうぞ
ずっと更新してなかったのでいつもより多いです
--------------------------------------
◎PC関連
ペガシス、「TMPGEnc 4.0 XPress」にNVIDIA GPUエンコードを実装へ
TMPGEnc 4.0 XPressとPowerDirectorのCUDA対応版がデモ
Elementalの超高速H.264エンコーダは9月登場ほか
ちょっとGeForce買ってくる!

ASUSTeK、「Eee PC 900-X」を実売49,800円で国内販売
ブームが続いてる間にガンガン売る戦略でしょうかね

ASUSTeK、容量1LのAtom搭載ミニデスクトップ「Eee Box」
いまの時代デスクトップは売れないと思いますが・・・

マイクロソフト、高速化し便利になった「IE8 ベータ2」提供開始
インターネット エクスプローラー8、その音引き分の付加価値
意外に?安定しているようですが入れてみようかどうしようか

Nehalemの性能を引き上げる切り札「ターボモード」
Intelは積極的にOCを利用する方針のようです

ベンキュー、世界初の21.5型/フルHD液晶ディスプレイ
HDMI、フルHDで3.5万なら結構人気になるかもしれませんね

◎AV関連
ソニー、史上最高画質や世界最薄など新「BRAVIA」
ソニー、コントラスト100万:1の「BRAVIA XR1」
ソニー、新ブラビアエンジン搭載の「BRAVIA X1」
ソニー、最薄部9.9mmの世界最薄液晶TV「BRAVIA ZX1」
ソニー、世界初240Hz駆動で残像を低減する液晶テレビ
ソニーの本気を感じます。贅沢言えば最薄/最高画質/4倍駆動の「全部入り」モデルが欲しいかも。

PS3のビデオ配信が9月24日開始。ガンダムやマクロスも
アニメに偏ってはいますがラインナップは充実。
値段が高いのとSD画質のみなのが残念。

Toshiba、Cellベースの「Resolution+」搭載REGZAを発表
【お詫びと訂正】
記事初出時、「Cellを搭載している」と記載しておりましたが、搭載されておりませんでした。お詫びして訂正します。

おいこらw

ロジクール、バッテリ内蔵のBluetoothスピーカー
あとはPS3がA2DPに対応しさえすればっ!

ソニー、「EX90SL」の後継「MDR-EX500SL」
自分の勘が「これは買いだ」と告げています(笑)

zionote、9,800円からのUSB接続ヘッドフォンアンプ「CARAT」

◎ゲーム関連
SCEJ、PS3「みんなのGOLF 5」と「まいにちいっしょ」コラボレーション企画を8月28日より開始

「アンチャーテッド」がトロフィー対応
一度クリアしたゲームをやり直すのって億劫でイヤなんですが・・・

「RESISTANCE 2」国内発売日が11月13日に決定

νガンダム参戦!『ガンダム無双2』PS3、Xbox 360、PS2で12月4日発売

地球そっくりの、フェルト風惑星(?)で大冒険――PS3「リトルビッグプラネット」
発売が待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

たぶん毎週更新するニュースと呟き(8/16-8/23)

・北海道へ行ってきます
月曜から北海道へ遊びに行くのでその間更新はお休みです。
天気があまりよくなさそうなのでちょっぴり不安ですが・・・

以下今週のニュース
-----------------------------------------
◎PC関連
IDF 2008 レポートリンク集
Core i7 ExtremeとCore i7は11月半ばに登場か
次世代CPU「Core i7」の詳細が明らかに!
Core i7楽しみですね
ミドルレンジに入ってくるのは2009年第3四半期とだいぶ先ですけど

IDFでUSB 3.0のデモが行われる
ワイヤレスUSBはどこへ行ったのか・・・

Radeon HD 4600シリーズは9月10日登場~スペックも明らかに
Radeon HD 4600シリーズのスペックと3DMark Vantageスコア
そろそろGPUを替えようと思っていますが、これにしようかな~

NVIDIAは9月に強化版GeForce GTX 260を予定している模様

2010年代のIntel CPU「Ivy Bridge」と「Haswell」

◎AV関連
東芝松下ディスプレイ、寿命6万時間の2.2型有機EL

ソニー、CellとRSXを用いた業務用CGワークステーション

最近AV系のニュース少ない気がします

◎ゲーム関連
GC 08:「Killzone 2」マルチプレイトレイラーが公開
凄すぎw

EA Asia、シンガポールにて「Mirror's Edge」体験イベントを開催
11月発売に向けて期待が高まります

SCEJ、人気シリーズの続編をPLAYSTATION Storeで配信PS3「ラチェット&クランク FUTURE外伝 海賊ダークウォーターの秘宝」
買いました。クリアしました。面白かったです。

PC版の追加要素などが紹介された「Far Cry 2」“for PC”のカンファレンスの内容
マップエディターはPC版のみの要素ですか。だったらPC版を買おうかな

シリーズ初の試みが満載の「Call of Duty: World at War」最新情報
coopモードには惹かれますねぇ

GC 08:PS Eyeを使ったバーチャルペット「EyePet」を発表 - 動画を追加
技術的には凄いものを感じますがゲームとしてはちょっと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

PSP-3000の液晶比較画像がファミ通に掲載

ファミ通.comにPSP-3000のレポートが掲載されています。
進化した液晶の比較画像もありますのでぜひご覧ください。

ファミ通:PSP-3000、イチ早く触ってみました!

比較画像を見るとわかりますが、その進化がハッキリと感じ取れますね。
コントラスト比の向上と反射低減のコーティング?が予想以上に効果を発揮しているようですね。
また、本体のデザインは変更無しかと思われていましたが、本体ふちの部分がこれまでより丸まっている事が判明。より手にフィットする形状になっているようです。

ちなみに一部ユーザーの間ではPSP-3000の進化した液晶はシャープが昨年発表した「新モバイルASV液晶」ではないかとの憶測が拡がっています。
(従来のPSPは「モバイルASV液晶」を採用)
これを事実だとすればPSP-3000の液晶はコントラスト比2000:1、応答速度8ms、視野角上下/左右176度、応答速度8ms、色域NTSC比100%ということになります。
今回のファミ通の比較画像はこの憶測にさらなる信憑性を与えていると言えるかもしれません。

”ゲーマー”の間ではPSP-3000にわざわざ買い換えるほどの価値はないと判断されている方も多いようですが、PSPのAV的側面に魅力を感じている方にはPSP-3000の価値は非常に高いものに映るのではないでしょうか。
私も今から10月の発売日が楽しみです。

◎関連リンク
PSP-3000、イチ早く触ってみました!
PSP-3000の詳細仕様が判明!モニタ高品質化、マイク内蔵、インタレ出力対応など
シャープ、ワンセグ携帯向けの新「モバイルASV液晶」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

IntelがSSD市場に参入!ランダムアクセスが激速!

GmaesConventionに気をとられて忘れていた・・・というわけではないのですが、先日からIntelのカンファレンス「Intel Developer Confarence」、通称「IDF」が開催されています。
そのIDFでIntelがSSDの新製品を発表しました。
他の競合製品に比べて”コストはそのまま、だけど高性能”がアピールポイントになっています。

intelssd

コンシューマ向けにはMLC(マルチレベルセル)方式の、「X25-M」「X18-M」が用意されています。型番から分かるようにX25-Mが2.5インチ、X18-Mが1.8インチモデル。容量はそれぞれ80GBと160GBの2種を用意。
スペックはシーケンシャルリード250MB/s、シーケンシャルライト70MB/s

このスペック値だけでもMLCタイプのSSDとしてはそれなりに高性能であることが分かりますが、(SuperTalentのSSDはリード120MB/s、ライト80MB/s)
IntelのSSDが特に優れているのがランダムリード/ライトの速度
Intelが公開した比較グラフでは”競合製品”に対して10倍~20倍以上の圧倒的大差を付けています。
もちろんこの比較グラフをそのまま鵜呑みにすべきではありませんが、他のSSDに比べ相当な速度を持っている事は間違いないでしょう。

これだけの高性能だと価格が心配ですが、Intelによれば「容量単価は従来製品と同等」であるとしており、他のSSDと比べても大幅に高いということはなさそうです。
現在市場に出ているMLCタイプSSDの1GB単価が600円~700円であることを考えると160GBモデルで10万円~11万円くらいになるのでしょうか?
なお、製品は30日以内に出荷される予定です。

ちなみにサーバー向けのSLC(シングルレベルセル)モデル「X25-E」も発表されており、シーケンシャルリード250MB/s、シーケンシャルライト170MB/sとさらに高性能ですが、こちらは一般市場に出回るかどうか不明です。

◎関連リンク
IntelがIDFで1.8/2.5インチの高速SSDを発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP-3000の詳細仕様が判明!モニタ高品質化、マイク内蔵、インタレ出力対応など

今朝方速報でお伝えした「PSP-3000」が日本でも正式に発表、詳細な仕様が判明したので紹介します。

psp3004 psp3005

速報でお伝えしたとおりPSP-3000の主な変更点は液晶の高品質化とマイク内蔵
液晶は”携帯機器では最高クラスのコントラスト・応答速度・広色域を実現した液晶ディスプレイ”で、”反射低減技術の採用により、明るい場所でも画面が見やすくなり、屋外での使い勝手が一段と向上しました。”となっています。
従来のPSPの液晶は応答速度にやや難があり、残像が目立つという意見が多かったため、これはうれしい改良になりそうです。

またマイクに関しては対応ゲームやSkypeで活用できるとしています。
マイク対応ゲームとしては既にトークマンシリーズなどがありますが、まだまだ数が少ないため、今後これをきっかけにマイクを活かしたタイトルが出てくることに期待しましょう。

さらにニュースリリースで明らかになった仕様として、PSP-2000から搭載された画面の外部出力機能が拡張され、従来では不可能だったゲーム画面のインターレース出力が可能になっています。
これによりプログレッシブ入力に対応していないブラウン管TVなどでもゲームを楽しめるようになりました。
これもユーザーからの不満が多かったポイントでうれしいですね。
外部出力には他に画面の周りに著しく大きい黒縁が出てしまうという問題がありますが、こちらはニュースリリースでは触れられていないため、改良はできていないものと思われます。

本体カラーはピアノ・ブラックミスティック・シルバーの他にパール・ホワイトの存在も確認され、まずは3色での展開になるようです。
PSP-2000では数多くのカラバリが用意されていましたが、PSP-3000でも今後増えていくのでしょうか。
本体のサイズ、重量に関してはPSP-2000と全く変わっていません。
バッテリーも1200mAhで変更なし。

発売日は2008年10月となっており具体的な日付は不明です。
欧州では10月15日発売とのことなので日本でもほぼ同時期になると思います。
個人的にはマクロスエースフロンティアが発売される10月9日ではないかと予想していますがどうでしょうか?
価格も不明ですが、欧州では169ユーロでお値段据え置きなので日本でも同様に19,800円のままでしょう。

 

PSP-2000からわずか1年での新モデルということで、穏当な進化をしたなという印象のPSP-3000ですね。
モニタが有機ELになるとか、Bluetooth内蔵、キーボード搭載、デザインの大きな変化などのぶっ飛んだ進化を期待していた方々も中にはいたようですが(笑)
それはまた来年、再来年に持ち越しということでしょうか。

◎関連リンク
さらなる高画質化を実現し、マイクを標準搭載したPSP®「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000)2008年10月に日米欧で新発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[速報]ドイツGCにてPSP-3000などが発表されました

ドイツ、ライプチヒで開催中のイベント「GamesConvention」のSCEEカンファレンス速報。
日本に関係のありそうなニュースだけ。

・PSP-3000
FCCで確認されていたPSP-3000ですが、正式に発表されました。
主な進化点は2つ。液晶の高画質化とマイクの内蔵です。

 psp3000 psp3001  psp3002
※画像はクリックで拡大

進化した液晶パネルは表示色域とコントラスト比が増加したことでより深く、鮮やかな色になったそうです。
またアンチリフレクション技術により、特に日中の屋外でプレイしているときに厄介な液晶の反射を抑えてより快適にプレイできるように。
マイクの内蔵に関しては日本のユーザーにはうまみが少ないでしょうが、海外ではSkypeなどのメッセンジャーサービスに力が入っているため、うれしい人にはうれしい進化です。
この他細かいところですが、”Home”ボタンのマークがPSマークになっているほか、裏のリングが細くなっています。
PSP-3000は欧州地域で10月15日発売、価格は169ユーロ
カラバリはピアノブラックミスティックシルバーが確認されています。
近いうちに日本でも正式なアナウンスがあると思われますので期待してお待ちください。
[追記]
日本でも正式に発表がありました。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

・PS3 Wireless Keypad
PS3コントローラーに接続する小型のキーパッドも登場

 ps3_keypad ps3_keypad2
左が単体、右がコントローラに装着したイメージ 
※画像はクリックで拡大

PS3のコントローラに直接覆い被せるように接続するこのキーパッドを使用することでPS3のネットブラウザを使う際や、フレンドとのチャット時にコントローラーでOSK入力するよりも快適になるでしょう。
このキーパッドは単体では動作せず、PS3との接続が前提になりますが、ケータイなどの他のBluetooth機器と連携する機能もあるらしいです。(詳細不明)
こちらは発売日、価格などは不明です。
[追記]
日本でも正式に発表がありました。
新たに判明した事として「フレンド」や「メッセージ」にすぐに飛べるショートカットキーの搭載、モードを切り替えることでタッチパッドとして使用可能。
発売は北米で11月、日本も年内に発売予定とのこと。
気になる他のBluetooth機器との連携については依然不明です。

この他には「PS3の160GBモデルが欧州で限定発売」「無料の音楽配信サービスが欧州で来年から」「バーチャルペットが飼えるゲーム”EyePet”」といったニュースがありましたが、いずれも日本には関係なさそうなので詳しくは紹介しません。

やはり欧州向けの発表会ということもあって、日本ユーザーにはイマイチ盛り上がらない感じもありますが、そこらへんは10月の「東京ゲームショウ」に期待でしょうか。

◎関連リンク
Live from Leipzig: North American Hardware Announcements(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ウォークマンにエントリー向け新モデルが出るらしい

最近音沙汰なかったウォークマンに新モデルの情報が。

e430

ソニーニュージーランドがフライング掲載したらしい(現在は削除済み)新モデルが「NWZ-E430」シリーズ。
スペックは2.0インチQVGA液晶で動画再生対応、MP3/AAC/WMA/LPCM再生対応、FMチューナー搭載など。海外モデルなのでD&D転送に対応してます。
エントリー向けの”Eシリーズ”はこれまでスティックタイプばかりでしたが、E430ではカードタイプになるようですね。

正式発表されたらまた紹介します。

◎関連リンク
新ウォークマンNWZ-E430シリーズ、ソニーニュージーランドに掲載

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月19日 (火)

高性能アプコン”XDE”搭載のDVDプレイヤーが東芝から

HD DVD事業から撤退して、BDに参入するつもりもないらしい東芝から「XDE」というアップスケーリングを搭載したDVDプレイヤーを出すようです。

「XDE」搭載のDVDプレイヤー「XD-E500」は北米向けに149.99ドルで投入される製品ですが、同様のXDE搭載DVDプレイヤーは今後日本でも発売予定とのことです。

「XDE」とは”eXtended Detail Enhancement”の略で、480pのDVD映像を1080pに高画質化(アップコンバート)します。
同様のアップコンバート機能は最近の流行で、他社のDVDレコーダ、プレイヤー、AVアンプ、ゲーム機(PS3)などにも搭載されていますが、わざわざ「XDE」などと名付けているくらいなのでよっぽど凄いのかもしれません。
CELLを使い高品質で知られるPS3のアップコンバートより凄ければAVマニアにそこそこ訴求できるかもしれません。

◎関連リンク
米Toshiba、高画質アップコンバート搭載DVDプレーヤー

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月17日 (日)

毎週更新するニュースと呟き(8/10-8/17)

また土曜日更新を忘れました。
お盆休みで曜日の感覚が狂って・・・などと言い訳

・ウイルスがっ!
迂闊にもトロイに感染しました。
なんとな~く怪しいファイルだったのですがNortonでスキャンしたら問題ないと出たので恐る恐る踏んだら案の定トロイ。
Nortonはやたら重いくせに検知率が低くて信用なりませんねぇ。
間もなくライセンス期限が切れるので次は評判のいいカスペルスキーにしよう。

以下今週のニュース。お盆休みでニュース少ないです
--------------------------------
◎PC関連
SuperTalent製の激安SSDが速度アップで再登場!
激安SSDの先駆けSuperTalentがパワーアップです

Dell、バッテリー駆動19時間のノートPC発表
企業向けのLattitudeシリーズですがカッコイイですね

NVIDIA,PhysX対応GeForce Driverと物理演算デモをまとめたPower Packを公開
こういうゲーム的付加価値でNVIDIAは強いですね

Cyberlink、PCでのBD再生診断ツール「BD Advisor 2」

◎AV関連
パイオニアに聞く「20層/500GB光ディスク」の可能性

Zガンダム、ガンダムTVシリーズ初のBD-BOX化
PartⅠ、PartⅡを両方揃えると79,590円・・・

◎ゲーム関連
海賊の秘宝を追え! 『ラチェット&クランク』の外伝が登場
前作はかなり面白かったのでこっちも期待

GTAファンが待ちに待った,PC版「Grand Theft Auto IV」の発売が決定
カプコン,「GTA IV」の日本語版をPS3とXbox 360で10月30日に発売
海外版は終盤まで来て中断・・・

PC離れが止まらないゲーム業界
苦しい時代ですねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

第3世代PSP、「PSP-3001」の存在が確認されました

アメリカFCCに「PSP-3001」が登録されていることが発見されました。
これにより新型PSPの存在が確実になりました。

psp3000

PSP-2000に続く”PSP-3000”の存在は早い段階から噂されており、先日も「デザインサンプル」と称した画像が出回る騒ぎがありました。(信憑性低かったので取り上げませんでしたが)
その画像ではマイクの内蔵やHomeボタンの代わりにPSボタン、裏のリングが細いものになっているなどの外観的特徴がありましたが、今回のFCC登録画像からはそういった変化は見受けられません。

ただし上の画像は無線LANモジュールやアンテナなどの位置を示すための概念図であり、PSP-3000のデザインそのままではない可能性もあるみたいです。

詳細は45日後に公開されることになっていますので、それまでに正式発表があるものと思われます。
有力候補としては来週開催の「Games Convention 2008」でしょうか?
とにかく期待して待ちましょう。

◎関連リンク
 新型PSP 「PSP-3001」、FCCで確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

AMDからデュアルGPUの「RADEON HD4870 X2」発表!早くも人気沸騰中!

お盆で帰省してました。ピークをさけて今日帰宅。
帰省中のニュースをいくつか。

AMD(旧ATI)から「RADEON HD4870 X2」「同 HD4850 X2」が発表されました。

HD4870 X2/HD4850 X2は一枚のビデオカード上にGPUチップを2基搭載したデュアルGPUタイプのビデオカード。
価格は549ドル/399ドルで、日本での実売価格はHD4870 X2で7万円前後。
(HD4850 X2は未発売)

----スペック---------------------------------
◎RADEON HD4870 X2
・コアクロック 750MHz
・メモリクロック 3.6GHz
・GDDR5 1GB×2
・800SP×2
・PCIe 2.0/DX 10/UVD 2対応
・最大消費電力 286W(デュアルスロット仕様)
・55nmプロセス

◎RADEON HD4850 X2
・コアクロック 625MHz
・メモリクロック 2.0GHz
・GDDR3 1GB×2
・800SP×2
・PCIe 2.0/DX 10/UVD 2対応
・最大消費電力 230W(デュアルスロット仕様)
・55nmプロセス
----------------------------------------------

価格的、パフォーマンスレンジ的にライバルとなるGeForce GTX280と比較してもそれを上回るパフォーマンスを見せており、ユーザーからの人気も上場。
発売直後で入荷数が少ないこともあって品薄傾向になっています。

◎関連リンク
AMD、2GPU搭載の「ATI Radeon HD 4870 X2」
多和田新也のニューアイテム診断室
Radeon HD 4870 X2カードが3社から発売、少量入荷で品薄気味

◎ネットショップリンク
RADEON HD4800シリーズ搭載ボード
[クレバリー] [ドスパラ] [ソフマップ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

Nehalemこと「Core i7」が正式発表に

Intelの次世代CPU「Nehalem」の製品ブランドが「Core i7」(コア アイセブン)となることが正式に発表されました。

i7 i7e

Core i7シリーズCPUはハイエンド向けの”Bloomfield”が今年の第4四半期に市場に投入され、来年中ごろには”Lynnfield”、”Havendale”と呼ばれるミドルレンジ向けモデルの製品展開が予定されています。

ちなみに超ハイエンド向けモデルには従来どおり”Extreme Edition"ブランドが付けられ、上の黒いタイプのロゴが適用されます。

[追記]
ニュースリリースには”インテル Core i7 プロセッサーのブランド・ロゴは高性能デスクトップ PC 向けに使用され”とあることからミドルレンジ向けのLynnfield/HavendaleにはCore i8などまた別のブランドが付くという解釈もできそうです。

◎関連リンク
インテル、Nehalemのブランドを「Core i7」に決定
インテルニュースリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

Nehalemの製品ブランドは「Core i7」に!

Intelが今年後半にハイエンド市場に投入予定の新世代アーキテクチャ採用CPUが「Nehalem」(ネハーレン)ですが、実際の製品ブランドは「Core i7」(コア アイセブン)となるようです。

i7 
Core i7のロゴとされる画像
Expreview.comより転載

これまでCore、Core2と来ていたためNehalem世代はCore3か?と見られていたブランドネームですが、突然Core i7に変化した模様。
ちなみにThe Tech Reportなど各所ではこの「i7」とはアーキテクチャ世代をあらわしているのではないかと推測しています。

ただし世代の数え方については、i4004をi1として起算しi486がi4、P5をi5、P6からCoreまでをi6とまとめてNehalemがi7になるというものと、i386をi1としてi486、P5、P6、Netburst、Coreと並んでNehalemがi7とする説があります。
前者はIntel初のCPUであるi4004をi1とする点で自然ですがP6~Coreまでをi6とまとめてしまうのはやや強引に思えます。対して後者はi4004、i8008を無視してi386から起算する点でやや不自然さが残ります。
まぁ真相は公式発表を待ちましょう。

その公式発表はなんと明日、8月11日に行われるそうです。
実際の製品リリースはQ4となるようですが、明日が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Core2シリーズに新モデル4種が登場!

以前もお伝えしましたが、Core 2シリーズCPUに本日から新モデル4種類が登場しています。

今回発売になったのは、
・Core 2 Duo E8600(3.33GHz/FSB 1333MHz/L2 6MB)
・Core 2 Duo E7300(2.66GHz/FSB 1066MHz/L2 3MB)
・Core 2 Quad Q9650(3GHz/FSB 1333MHz/L2 12MB)
・Core 2 Quad Q9400(2.66GHz/FSB 1333MHz/L2 6MB)
の4モデル。

特にCore 2 Quad Q9650は従来のCore 2 Extreme QX9650と同スペックながら価格はおよそ半値の6万円台半ばということでハイエンドユーザーを中心に人気が出そうです。

そろそろ次世代CPU「Nehalem」の足音が近づいてきましたがまだまだCore2人気は続きそうです。

◎関連リンク
Core 2上位モデルが4種登場、3.33GHzのE8600など

◎ネットショップリンク
Intel Core 2 Quadシリーズ
[クレバリー] [Faith] [TWOTOP] [ドスパラ] [TSUKUMO]
Intel Core 2 Duoシリーズ
[クレバリー] [Faith] [TWOTOP] [ドスパラ] [TSUKUMO]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

なんとか毎週更新するニュースと呟き(8/3-8/9)

・PortalのFlash版が面白い
昨年のアワードを総ナメにしたゲーム「Portal」の非公式Flash版というのを見つけまして、これがやたらに面白いです。
本家Portalは3Dの1人称視点ですが、これは2Dの固定画面。
フリーですぐ遊べるのでぜひ一度遊んでみてください。

Portal: The Flash Version

・本家Portalも面白い
Flash版が面白かったので勢いに乗って本家のPortalも買っちゃいました。
日本ではPS3版が未発売なのでPC版を購入。ネット購入で19.9ドル(約2200円)と結構安いです。
安さとは裏腹にさすが2007年最高のゲームと称されただけあって面白い。パズル的な面白さはもちろん、謎が多く深いストーリー、見た目は明るいのにどことなく不気味なステージデザイン・ミュージックなど演出面も素晴らしいものがあります。体験版もあるのでぜひ一度プレイしてみてください

portal

以下今週のニュース↓
---------------------------------------
◎PC関連
Googleマップの「ストリートビュー」機能、日本でも開始
Google先生すごすぎw

日本通信、FOMA 3G利用のプリペイド式データ通信サービス
このプリペイド方式っていいですよね
でも4万は高い。PS3買えますよ・・・

AMD、DX10対応ビデオ機能内蔵のハイエンドチップセット「AMD 790GX」
3D性能向上とハイエンド向け機能を実装した「AMD 790GX」
単体GPU「HD 3450」を凌駕する衝撃。「AMD 790GX」チップセットの実力検証
ローエンドビデオカード並みの性能はあるようです

バッファロー、1080pアップスケールソフト付属のDVDドライブ
AVアンプ→PS3→DVDレコと流れてきたDVDアプスケの波がついにPCにも

ついにベールを脱いだIntelのCPU&GPUハイブリッド「Larrabee」
まずはGPU用途としてスタートするようです
IntelもハイエンドGPU市場に参戦ということでしょうか?

NEC公式サイトにアクセスするとブラウザが操作不能に
ありとあらゆるブラウザを破壊する強烈なブラクラだったようです。
いったいNECはどんなシステムでテストをしたんでしょうか?(笑)

◎AV関連
Blu-rayで再現された入道雲に感動TV/DVDとはひと味違う質感「時をかける少女」
金欠で悩みましたが結局買いました。まだ観てないけど。

バンダイビジュアル、「攻殻機動隊 2.0」を12月19日にBlu-ray化
こないだ深夜にやってた「GHOST IN THE SHELL」見ましたがイミフ(笑)

今週AVネタ少なかったな・・・

◎ゲーム関連
対戦機能を強化したシリーズ最新作!SCEJ、PS3「モーターストーム2」
前作は欲しいと思いつつ時機を逃したのでこっちは買おうかな

質実ともにスケールアップしたシリーズ最新作SCEJ、PS3「RESISTANCE 2」
前作は微妙で途中放棄しました

カプコン、延期後の配信日が8月13日に決定PS3/Xbox 360「バイオニックコマンドー: マスターD復活計画」
13日は帰省中だよ!

西川善司のE3ゲームグラフィックス講座(前編)
西川善司のE3ゲームグラフィックス講座(後編)
たいへん興味深いコラムです

GTAファンが待ちに待った,PC版「Grand Theft Auto IV」の発売が決定
PC版はMOD使えるのが面白そうですよね

ドキュメンタリーのワンシーンのような『Call of Duty: World at War』最新ショット
一部で敵が日本兵なのがイヤって話も聞こえますが自分は抵抗ないですね。ゲームと割り切ってるし。

クレイトスやナリコも登場!『LittleBigPlanet』ユニークな海外版特典が明らかに
DL追加キャラは日本にもぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

PS3の大注目作リトルビッグプラネットの発売が決定!予約特典はぬいぐるみ!

コミカルな世界観と自由度の高いゲーム性で世界中から注目を集めているPS3専用ソフト「リトルビッグプラネット」の発売日が10月30日に決定しました!
本日からAmazonなど多数のゲームショップで予約受付が開始されています。
※ゲームの詳細については公式サイトをご覧ください

938583_20080716_screen018

予約特典は「原寸大リビッツ人形」
リビッツとはゲーム中でプレイヤーが操るぬいぐるみのようなキャラクターのことです。

sackboyknit1

上の画像はゲーム開発者のママさんが作った手編みのぬいぐるみ。
実際の特典が具体的にどういったものなのかは公開されていないのですが、このくらいの高クオリティだとうれしいですね。
特典の装着率は30%と全ての人が手に入るというわけではありません。
確実に手に入れるには早めの予約をオススメします。

リトルビッグプラネット 特典 実寸大リビッツ人形付き【AA】

リトルビッグプラネット 公式サイト

"続きを読む”以降にムービーを置いておきます
これを見ればきっと欲しくなるはず!(笑)

続きを読む "PS3の大注目作リトルビッグプラネットの発売が決定!予約特典はぬいぐるみ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

たぶん毎週更新するニュースと呟き(7/27-8/2)

・ちょっと旅行へ
明日から旅行行ってきます。
といっても1泊程度ですが。

・FF13が2009年発売予定に
今日から始まったスクエニのイベント「DKΣ3713」でFF13の国内発売予定が2009年であることが明かされました。
09年3月発売のFF7ACCに体験版が付属することも考えると製作は順調そう。
予定通りに出してほしいですね。
関連:FFⅦアドベントチルドレン・コンプリートが来年3月発売、なんとFF13体験版を収録!

以下今週のニュース
-------------------------------------
◎PC関連
SKnet、地デジチューナ「MonsterTV HDUS」の出荷を停止
改造ソフトを使ってフリーオのようにコピーフリー録画できちゃったそうです
すでに店頭からは消えてプレミアついている模様

ソニー「VAIO type Z VGN-Z90US」~妥協のないスペックが魅力のモバイルノート

インテル、ユーザーイベント「Intel in Akiba」を8月2~3日に開催

サイバーな脳波マウスが販売開始! サイコミュなりうるか!?
ちょっと欲しいかも

GIGABYTE、賞金4,000ドルのオーバークロック世界大会

◎AV関連
ソニーに聞く「BDレコーダ市場」の現状~ 「Blu-ray専念」の効果は? ~

パラマウント、Blu-rayレンタルを8月20日からスタート
ミッションインポッシブル単体版はBDレンタルのみです

ソニー、2008年第1四半期決算。営業利益734億円
増収減益。ソニエリとSPEが足を引っ張った形。ゲーム部門は黒字化達成

「インディ・ジョーンズ」最新作が年内にBD化
「グレムリン」や「グーニーズ」などがBlu-ray化

◎ゲーム関連
完全版! DKΣ3713最新情報総まとめ
DKΣ3713でサプライズ発表!
FF13が2009年、ヴェルサス13はPS3世界独占、アギト13がPSPに

SCEJ、PS3「PlayStation Home」テスター募集を開始。βテストは8月下旬開始予定
自分も応募したけど当選はムリかな

PS3「PixelJunk Eden」配信開始記念!Baiyon氏と開発者のインタビュー
このゲームはマジで面白いです

スパイク、PS3/PS2/Wii/Xbox 360/DS「TOMB RAIDER: NDERWORLD」とPS3/Xbox 360「The Bourne Conspiracy」を日本で発売

日本発売決定記念! 『ミラーズエッジ』の最新ムービーが公開
「LittleBigPlanet」国内発売日が10月30日に決定!
最近は洋ゲーの期待作も素早くローカライズされてうれしいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FFⅦアドベントチルドレン・コンプリートが来年3月発売、なんとFF13体験版を収録!

「ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン・コンプリート」の発売日が来年3月に決まったようです。
しかも初回版にはなんとPS3で遊べるFF13の体験版!が付属するとのこと

AV Watch:Blu-ray版「FF VII アドベントチルドレン」発売日が2009年3月に

何年か前にDVDで発売されヒットした映像作品「ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン」。
この作品は割と早い段階から追加映像を加えたBD版、「ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン・コンプリート」(FF7ACC)の発売が予告されていたのですが、当初予定の2007年発売から大幅に遅れてようやく、2009年3月の発売が決定しました。

さらにFF7ACCには同じく2009年内の発売が予定されている「ファイナルファンタジーⅩⅢ」の体験版も収録されており、PLAYSTATION 3で遊ぶことができるようです。
これを目当てに買ってしまう人もいるのではないでしょうか?

なお、商品ラインナップとして通常のディスク単体販売の他、PLAYSTATION 3との同梱版を発売することも明らかに。
ゲームメーカーのスクエニらしい戦略です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

NVIDIAからGeForce 9000シリーズに新製品3モデル

先月30日にNVIDIAからGeForce 9000世代GPUの新製品として、
「GeForce 9800GTX+」、「GeForce 9800GT」、「GeForce 9500GT」を発表しました。

各GPUのスペックは以下のとおり
(※各値はリファレンスモデル)

○GeForce 9800GTX+
・コアクロック:738MHz
・メモリ:GDDR3 512MB 2.2GHz
・メモリインターフェース:256bit
・シェーダプロセッサ:128
・55nmプロセス
ベンチマーク(4Gmaer.net)

○GeForce 9800GT
・コアクロック:600MHz
・メモリ:GDDR3 512MB 1.8GHz
・メモリインターフェース:256bit
・シェーダプロセッサ:112
・65nmプロセス
ベンチマーク(4Gmaer.net)

○GeForce 9500GT
・コアクロック:550MHz
・メモリ:GDDR3 256MB または GDDR2 512MB 1.6GHz
・メモリインターフェース:256bit
・シェーダプロセッサ:112
・65nmプロセス
ベンチマーク(4Gmaer.net)

まず9800GTX+について、搭載ボードは既に発売しているのでご存知の方も多いと思いますが、これはGeForce 9800GTXのコアを55nmプロセス化してOCしたモデルで、基本的なコア設計は同一です。
価格的、パフォーマンス的なライバルはRADEON HD4850になります。

続いて9800GT、これはGeForce 8800GTと全く同一の仕様です。
コア、クロック、プロセスいずれもそのまんま。名前が変わっただけ。
それでいながら実売で8800GTより少し高いというなんだかお粗末なGPU。
ただし近いうちに55nmプロセス化したモデルに置き換わると予告されており、そうなれば省電力化などがなされる可能性はあります。
少なくとも55nm化するまでは待ったほうが賢明です。

9500GTは別に使いまわしでも名称変更でもない新設計のミドルレンジGPU。
こちらも現在は65nmプロセスですが、後に55nm化することが予告されています。実売1万円前後。

---------------------------------
GeForce GTX 200シリーズが出ている現状ではつい「いまさら9x?」という感じがしてしまいます(笑)

◎関連リンク
NVIDIA、ミドルレンジ向けGPU「GeForce 9500 GT」
GeForce 9500 GT/9800 GT搭載ビデオカードが各社から
GeForce 9800 GT/9500 GTカードが発売に

◎ネットショップリンク
GeForce 9000シリーズビデオカード
[クレバリー] [TWOTOP] [Faith] [ドスパラ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »