« 体調最悪、インフルエンザか? | トップページ | 因縁の”アレ”がうちに来てしまうらしい »

2008年1月16日 (水)

超薄い!MacBook Air登場も・・・

私はMacを使ったことがないので話題に出すのもどうかと思いましたが・・・

macair

Appleは同社のイベントMacworldで超薄型の新しいノートMac、
「MacBook Air」を発表しました。
が、残念ながらこのAir、個人的には失望を感じずにはいられませんでした。

一言で言えば「薄い!・・・でもそれだけ」です。

MacBook Airの仕様などはPC Watchでも見ていただきたいと思いますが、とにかく薄いのが特徴で、最薄部で4mm、最厚部でも19.4mmしかありません。
それは素直に凄いと思うのですが、その薄型化と引き換えに多くのハード的制約がかかってしまっているんですね。

まずその重さ。
あまりの薄さに一見軽く見えますが、1.36kgもあります。
国産モバイルノートと比べるとかなり重く、モバイルとしてはギリギリ許せるかどうかの重さです。
この重さのひとつの要因となっているであろう13.3インチワイドという大きさもマルチメディアな用途にはいいでしょうが、モバイル向けとはいえません。

そしてインターフェースの少なさも大きな問題。
MacBook Airは有線LANポートもなければDVDドライブもなし。
Macの特徴でもあったFirewireも廃止。
あるのは僅か1ポートのUSBと外部ディスプレイ用のmini DVIポート、ヘッドホン出力だけ。
Bluetoothこそ内蔵していますが、マウスくらいにしか使い道がないのが現実。
これではとても使い物にはならないといわざるをえませんね。
せめてUSBは2ポート、意地でもDVD搭載くらいはしてほしかった。

さらに性能はアンバランス。
CPUがCore2Duoでこの薄さを考えれば強力なCPUを持っているのに比べ、GPUはチップセット内蔵のGMA3100と非力です。
MacOS Xがどの程度の3D性能を要求するのかは知りませんが、Vista以上に3Dエフェクトを使うであろうOS Xでは辛いのでは?
HDDも1.8インチを採用した影響で80GBと最近のノートにしては少ないです。

モバイルノートではバッテリーが重要ですが、それもMacBook Airは公称で5時間ですから苦しいです。
バッテリーをユーザーが交換できないというのも不満。
予備バッテリーで伸ばす、ということが出来ないわけですからね。

AppleをApple足らしめている大きな要因であろうデザインも、個人的にはイマイチだと思います。
なんだか反り返っている底面はまだいいにしても、液晶ベゼルは不恰好に厚く、黒いキーボードもMacらしくないですね。

 

・・・というわけでだいぶ辛口批評してしまいましたが、なんだかこのMacBook AirはAppleらしくないというか、徹底したこだわりを感じないんですよねぇ。
もっとデザインでも性能でも妥協を一切しない、本当に魅力的なモバイルMacを作れれば日本などモバイル需要の多い国を中心に売れると思うんですが。

さて、そろそろ”Macを使ったこともないヤツが偉そうに批評するな!”と怒られそうなのでこの辺にしておきますか(笑)

◎関連リンク
アップル、2cmを切る超薄型モバイル「MacBook Air」(PC Watch)
MacBook Airは買うべきか買わざるべきか(PC Watch)
MacBook Air商品情報ページ(Apple)

Apple Store(Japan)

|

« 体調最悪、インフルエンザか? | トップページ | 因縁の”アレ”がうちに来てしまうらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/9917061

この記事へのトラックバック一覧です: 超薄い!MacBook Air登場も・・・:

« 体調最悪、インフルエンザか? | トップページ | 因縁の”アレ”がうちに来てしまうらしい »