« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

今日のお買い物(ゲーム)

最近書くネタもないですね・・・
(親サイトのほうはいろいろ溜まってるんですが)

久しぶりにゲームを買ってきました。

1月の注目ゲームがほとんど31日に集結するという珍現象(?)のおかげで一気に3本も購入するというなかなかお財布には辛い日になってしまいました。

買ったのは『デビルメイクライ4』(PS3)と『アサシンクリード』(PS3)、
涼宮ハルヒの戸惑』(PS2)です。

ただ、今日はソフトラッシュとはいえ、個人的にどーしても欲しい!ってソフトはなかった。
この3本もここのところやるゲームがなかったので仕方なくヒマつぶしに、って感じですし。
(ヒマつぶしに3本は多い気もしますが笑)

2月も今のところ欲しいゲームがないので、まぁゆっくり積み崩しますよ。

ちなみに”ハルヒ”なんか買ってますが、別に私はアニオタではないです。
いや、ホントですよ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

RADEON HD3870X2/HD3600/HD3400が発表に

予定通り1月23日にAMD(ATI)よりRADEON HD3000シリーズのミドルレンジ/ローエンド向けモデルとなる『RADEON HD3600』シリーズと『RADEON HD3400』シリーズ計3種が発表されました。

また、正式な発表こそされていませんが、デュアルGPUの超ハイエンドモデル『RADEON HD3870X2』も搭載製品がベンダーから発表されています。

まず、RADEON HD3870X2は、一枚のビデオカード上にRADEON HD3870を2枚実装したデュアルGPUです。
一枚のボードでCrosFireが構成でき、2枚用意すれば4GPUによるCrossFire X環境の構築も可能です。

基本的なスペックはHD3870と共通ですが、コアクロックが825MHzに上昇している一方、メモリクロックは2.25GHzから1.8GHzへ下がっています。
その他シェーダ数は512SP(256SP×2)、メモリは1GB(512MB×2)、PCI-Express 2.0対応、DirectX 10.1/ShaderModel 4.1対応など。
ASUSTekなど一部のベンダーから搭載ボードが発表されていて、予想実売価格はいずれも6万円台後半です。

続いてミドルレンジ向けのRADEON HD3600シリーズ。
上位モデルのHD3670と下位のHD3650の2モデルがラインナップ・・・されるはずでしたが、今のところHD3650のみの発表となっています。
コア725MHz/メモリ1.6GHzで120SP、PCIe 2.0やDX 10.1/SM4.1対応。
ビデオ再生支援のUVDも標準搭載です。

ローエンド向けにはRADEON HD3400シリーズ。
上位のHD3470と下位のHD3450の2種ともに発表されています。
HD3470がコア800MHz/メモリ1.9GHz、HD3450はコア600MHz/メモリ 1.0GHzです。
シェーダ数は40SP、ローエンドGPUでどれほど有効かは不明ですがPCIe 2.0/DX10.1/SM4.1に対応。UVDも搭載。

なお、これらHD3800シリーズはいずれも55nmプロセスコア、ボード上にサウンドチップを持ち、HDMI/Display Port出力に対応しています。

肝心の性能についてですが、毎度おなじみPC Wathcの多和田氏が評価記事を書いていらっしゃいますので参照のこと。
要点だけ書いてしまえば、性能はイマイチで、あとは価格次第ということです。
まぁHD3800の時点で分かってはいましたが、HD3000世代のコアはパフォーマンス的に厳しいですね。

PhenomといいRADEON HD3000といい、AMDに悪い波が来ています。
いかにこの苦境をしのいで市場シェアを守るのかに注目しましょう。

◎関連記事
AMD、メインストリーム向けDirectX 10.1対応「Radeon HD 3600/3400」(PC Watch)
HD3600/HD3400ベンチマーク(PC Watch)
デュアルGPUのRadeon HD 3870 X2搭載製品が各社から発表(PC Watch)

◎ネットショップリンク
RADEON HD3000シリーズ
[ドスパラ] [クレバリー] [TWOTOP] [Faith] [TSUKUMO]
デル株式会社

[更新 1/28]
RADEON HD3870X2が正式に発表されました
また、HD3870X2のクロックを書き忘れていたので修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

とうとうCeleronもデュアルコア化!Celeron Dual-Core 登場

Penrynこと45nm版Core2発売の陰に隠れてしまいましたが、Celeronブランドにもひっそりと新モデルが登場していたようです。

『Celeron Dual-Core E1200』はCeleronブランドでは初となるデュアルコアCPU。
とうとうローエンドの低価格帯CPUにもデュアルコア化の流れが来たようです。

主な仕様は、Conroeベースのデュアルコア、クロック1.6GHz、FSB 800MHz、L2キャッシュ512KB、TDP 65Wとなっています。
その他EM64TとCeleronでは初のEISTも搭載
実勢価格は7,000円前後とデュアルコアながらCeleronらしい価格になっています。

ただ同価格帯の対抗製品としてAthlon64X2 4000+(2.0GHz)がいるのが気になります。性能的には4000+のほうが高いと思われるので、あとは将来性や拡張性で判断することになるかと。

おそらく今後もCeleronクラスCPUのデュアルコア化は進んでいくことと思われます。
将来的には市場からシングルコアCPUがなくなる、なんてこともあるのかもしれません。

◎関連リンク
Celeron初のデュアルコアも登場、最安6千円(Akiba PC Hotline!)

パソコン工房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

ついに普及帯Penrynが発売!気になる実勢価格は?

先日のPenryn発売イベントはなかなか盛り上がったようですね。

Wolfdaleこと45nm製造のCore 2 Duo登場、深夜販売も(Akiba PC)
“ぴったりサイズ”で好評だった新型Core 2 Duoの深夜販売(ITMedia)

ただPenrynの共給量は多くないらしく、今後しばらく(3月ごろまで?)は入手しづらかったり、値段が高止まりすることと思われます。
すでにネットショップでは在庫のある店は限られてきていますので、欲しい方はできるだけ早く確保しておきましょう。

Penrynの実勢価格ですが、秋葉原では、
E8500 (3.16GHz): 30,000円前後
E8400 (3.0GHz): 25,000円前後
E8200 (2.66GHz): 23,000円前後
くらいになっています。 (Akiba PC Hotline!より)

コストパフォーマンス的に優れるのはやはりE8400でしょうか。
2万円台でPenryn 3.0GHzのパフォーマンスはなかなか魅力かと思います。
ちょっとOCすればE8500相当やそれ以上も狙えますしね。

今後はクァッドコアPenrynも控えていますし、今年もまだまだCore2ブームが続きそうですね。

◎ネットショップリンク
Core 2 Duo E8500
[TSUKUMO] [ドスパラ] [TWOTOP] [クレバリー] [Faith]
Core 2 Duo E8400
[TSUKUMO] [ドスパラ] [TWOTOP] [クレバリー] [Faith]
Core 2 Duo E8200
[TSUKUMO] [ドスパラ] [TWOTOP] [クレバリー] [Faith]
Penryn搭載ショップブランドPC
[TSUKUMO] [ドスパラ] [TWOTOP] [クレバリー] [Faith]

※在庫確認できたのはTWOTOPFaithの2店、あとは在庫なし@21日19時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

Penrynの深夜販売情報まとめ

書こうと思って忘れてた・・・

先日正式にアナウンスのあった”Penryn"こと45nmプロセス版Core2シリーズですが、その第一弾(Core 2 Duo)の発売が明日、20日に迫っています。

秋葉原では各店が競うように深夜販売イベントを開催することにしており、大変な盛り上がりが予想されます。

そこで各店のイベント情報をまとめておきましょう。

-----------------------------

TSUKUMO eX.
おなじみツクモでは本日22:30よりイベント開始
E8500~E8200までの3モデルを販売し、いずれも整理券配布の予定です。
E8400は80枚と豊富なのですが、E8500/E8200の本数が少ないので、争奪戦かも?ちなみにPenrynを買うと先着でマフラーがもらえるそうです。
イベントにあわせた特価品も多数用意。Penryn対応マザーが9,980円など。
神様”こと天野氏とPCライター高橋氏の豪華な二人によるトークショーも用意されています。
九十九電機ロゴ 120x60  黒

TWOTOP
イベントは22時から。同店でCore2シリーズを購入すると店員とのジャンケンができ、勝つとHDD(500GB)、あいこでHDD(320GB)、負けても4GBUSBメモリがもらえるというやたら豪気なことを予定しています。
その他店内全商品3%OFFや誰でも参加できる45円オークションなど。

Faith
Faithも22時から、TWOTOPと同系列店ということもあり、イベント内容は似ています。
Core2買うとHDDがもらえるサイコロチャレンジや45円オークションなど。
各種パーツやショップブランドPCの特価品も多数用意。
web限定の特価品も用意されていますので22時の販売開始までに要チェック!

ドスパラ
ドスパラは早めの21時スタート
イリュージョンショーから始まり、天野氏によるPenryn説明会、声優の古谷徹氏によるトークショー、大ビンゴ大会とかなり豪華なイベント内容。
大ビンゴ大会は19日に同店で2000円以上購入した方が参加できるもので、古谷氏のサイン入りパーツがもらえるチャンスです。
Penrynは整理券配布なので早めにどうぞ。
ちなみにPenrynを買うとネットカフェの5時間無料券がもらえるので、電車がなくなってもOKだそうです(笑)

T-ZONE
22時スタート、整理券配布。
E8500/E8200は各10本と少なめなので争奪戦か。
発売記念の特価品が種類は少ないながら豪華です。500GBHDDが7千円台や、512MBメモリ2枚セットが45円、人気マウスVXナノが2000円など。
ただし限定数があるので一瞬でなくなることでしょう(笑)
VXナノこの値段なら欲しいぞ・・・

--------------------------------------

翌日も日曜日で休みということもあり、かなりの盛り上がることと思われます。
みなさんもぜひ!ぜひ行ってみて下さい。
私は・・・行けませんが(涙)
電車がねーのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000がようやく我が手に!

きちゃった・・・

2006年12月に注文した
『Microsoft Wireless Notebook Presenter Mouse 8000』(P8000)
が、紆余曲折を経てとうとう私の手元にっ!

代引で6,980円を持っていかれたときには正直開封しないで売り飛ばしてしまおうかとも思ったのですが(汗)
まぁせっかく1年越しでうちへ来たのだから、我が子にしてあげるかと思い切ってベリベリッと開封しました(笑)

とりあえず少し使ってみたレポ

本体質感は思ってたよりイイ感じ。質感の違う複数の材質をうまく使い分けています。もうちょっと安っぽいのかと思ってました。
形状はMMM8000を見慣れてるせいもあって、やたらペチャンコに見えますが、ごく普通のマウスの形です。
ホールド感もいたって普通のマウス。エルゴのMMM8000のように手に吸い付く感じに慣れてしまっているのでむしろ新鮮かも(笑)
少しお尻が高くなっているのが気になるけどイヤってほどじゃないです。

 
MMM8000とP8000で高さ比較

ポイント精度や滑り具合は(悪い意味で)MMM8000と同じ。
じゅうたんの上だとすべりが悪いのが不満です。
クリック感は浅いけど硬い。個人的にはもうすこし柔らかいほうがうれしいな。
左右で感触が少し違うのもマイナス。
本体左右側面のボタンはデザイン優先なのかやたら押しにくいです。
特に右側ボタンは事実上押せない位置にあり存在価値0。むしろ誤動作を招くので設定で無効にしました(汗)

P8000の特徴でもあるマウス底面のプレゼンターボタンはなかなか使えそうです。内蔵レーザーポインタとあわせて、ビジネスマンのプレゼンには大活躍でしょう。多分。(私にはプレゼンする機会がない)
プレゼンだけでなく音量調整や再生/一時停止ができるマルチメディアリモコンとしても使えます。

ということで100点満点とはいかないものの、概ね好印象を得ています。
しばらくはP8000メインで使っていくつもり。
MMM8000はそのうちPS3用マウスにでもなってもらうことにしましょう。

◎関連リンク
Presenter 8000商品情報ページ(Microsoft)
マイクロソフトの最新Bluetoothマウスを試す(ITMedia)
マイクロソフト、プレゼンター機能付きマウスを販売再開(PC Watch)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

因縁の”アレ”がうちに来てしまうらしい

さっき来たメール

件名:○○ 様 へ 商品発送のお知らせ

あれ?なんか買ったっけ?

---------------------------------------

毎度ありがとうございます。「NTT-X Store」です。
ご注文頂いております商品を発送させていただきましたのでご報告申し上げます。
商品コード:MS11923968
商品名:WIRELESS NOTEBOOK PRESENTER MOUSE 8000
JAN:4988648398269
出荷数:1
出荷日:2008/01/16
運送便:佐川代引EDI
送り状:xxxxxxxxxxxxx

---------------------------------------

(´゚д゚`)因縁のプレゼンターマウスが発送されちまったっ!!

てっきり出荷停止で自動キャンセルになったもんだとばっかり思ってた(笑)
それに振込み払いにしてあるから払わなければOKと思ってたら代引きだったのかい!
やっべー(^^;)

それにしても注文してから1年以上経ってるんだから発送前に一言くらいあってもいいじゃんか・・・
いきなり「発送しました」かよ(笑)

確か6000円くらいだったよな・・・
今月は正月出費がきつかったので抑えてるのに~

ピーーンチ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超薄い!MacBook Air登場も・・・

私はMacを使ったことがないので話題に出すのもどうかと思いましたが・・・

macair

Appleは同社のイベントMacworldで超薄型の新しいノートMac、
「MacBook Air」を発表しました。
が、残念ながらこのAir、個人的には失望を感じずにはいられませんでした。

一言で言えば「薄い!・・・でもそれだけ」です。

MacBook Airの仕様などはPC Watchでも見ていただきたいと思いますが、とにかく薄いのが特徴で、最薄部で4mm、最厚部でも19.4mmしかありません。
それは素直に凄いと思うのですが、その薄型化と引き換えに多くのハード的制約がかかってしまっているんですね。

まずその重さ。
あまりの薄さに一見軽く見えますが、1.36kgもあります。
国産モバイルノートと比べるとかなり重く、モバイルとしてはギリギリ許せるかどうかの重さです。
この重さのひとつの要因となっているであろう13.3インチワイドという大きさもマルチメディアな用途にはいいでしょうが、モバイル向けとはいえません。

そしてインターフェースの少なさも大きな問題。
MacBook Airは有線LANポートもなければDVDドライブもなし。
Macの特徴でもあったFirewireも廃止。
あるのは僅か1ポートのUSBと外部ディスプレイ用のmini DVIポート、ヘッドホン出力だけ。
Bluetoothこそ内蔵していますが、マウスくらいにしか使い道がないのが現実。
これではとても使い物にはならないといわざるをえませんね。
せめてUSBは2ポート、意地でもDVD搭載くらいはしてほしかった。

さらに性能はアンバランス。
CPUがCore2Duoでこの薄さを考えれば強力なCPUを持っているのに比べ、GPUはチップセット内蔵のGMA3100と非力です。
MacOS Xがどの程度の3D性能を要求するのかは知りませんが、Vista以上に3Dエフェクトを使うであろうOS Xでは辛いのでは?
HDDも1.8インチを採用した影響で80GBと最近のノートにしては少ないです。

モバイルノートではバッテリーが重要ですが、それもMacBook Airは公称で5時間ですから苦しいです。
バッテリーをユーザーが交換できないというのも不満。
予備バッテリーで伸ばす、ということが出来ないわけですからね。

AppleをApple足らしめている大きな要因であろうデザインも、個人的にはイマイチだと思います。
なんだか反り返っている底面はまだいいにしても、液晶ベゼルは不恰好に厚く、黒いキーボードもMacらしくないですね。

 

・・・というわけでだいぶ辛口批評してしまいましたが、なんだかこのMacBook AirはAppleらしくないというか、徹底したこだわりを感じないんですよねぇ。
もっとデザインでも性能でも妥協を一切しない、本当に魅力的なモバイルMacを作れれば日本などモバイル需要の多い国を中心に売れると思うんですが。

さて、そろそろ”Macを使ったこともないヤツが偉そうに批評するな!”と怒られそうなのでこの辺にしておきますか(笑)

◎関連リンク
アップル、2cmを切る超薄型モバイル「MacBook Air」(PC Watch)
MacBook Airは買うべきか買わざるべきか(PC Watch)
MacBook Air商品情報ページ(Apple)

Apple Store(Japan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

体調最悪、インフルエンザか?

昨日、というか今日の早朝から体調が最悪・・・
38度の熱、頭痛、足腰の筋肉痛、倦怠感、悪寒、吐き気と、これはどう考えてもインフルエンザだろうという症状が出ております。

昨晩食べに行ったラーメンは全て戻してしまったし・・
つーか吐くのなんて何年ぶりだよ

食欲も全く無く、今日はスポーツドリンクとジュースのローテーション。
これじゃますます直らないですよね。

ということで回復するまで更新もお休みです。
みなさんも体調管理には十分気をつけましょう

[追記 1/14]
一晩寝たらあっさり直りました(^^;)
どうやらただの風邪だったようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

NVIDIA、AMDの次期GPU情報まとめ

なんとなくAMD/NVIDIAの次期GPUが話題になっているみたいなので情報を集めてきましたのでまとめて紹介します。
なお、AMDのほうは親サイトにも書きました。後でNVIDIAのほうも書きます。

--------------------------------------------

◇AMD(ATI)

◎RADEON HD3870X2
・超ハイエンド向け
・1ボードにHD 3870を2基実装したデュアルGPUボード
・1/23に発表予定、399米ドル
・基本機能はHD3870のそれを踏襲(DX10.1とかPCIe 2.0とか)
・シェーダ数は640SP(320SP×2)
・Cross FireX対応で2ボード用意すればクァッドGPUも

◎RADEON HD3670/HD3650
・ミドルレンジ向けGPU
・HD3670が1月末(23日?)、HD3650が2月
・シェーダ数はどちらも120SP
・クロックはHD3670がコア/メモリ 800MHz/1.6GHz
HD3650はコア/メモリ 600MHz/1.0GHz
・PCI-Express 2.0/DirectX10.1/ShaderModel 4.1対応
・CrossFireX対応

◎RADEON HD3470/HD3450
・ローエンドGPU
・どちらも1月23日発表
・シェーダは40SP
・HD3470 コア800MHz/メモリ 950MHz
・HD3450 コア600MHz/メモリ 500MHz(1.0GHzかも)
・PCI-Express 2.0/DirectX10.1/ShaderModel 4.1対応
・CrossFireXは不明(ローエンドGPUじゃ意味無い?)

◇NVIDIA

◎GeForce 9800GX2
・超ハイエンド
・HD3870X2同様1ボードに8800GTSをデュアル実装
・2月発表(14日?)、499ドル
・基本機能はG92版8800GTSを踏襲(DX10/PCIe2.0対応)
・2基合計256SP(128SP×2)
・2ボードでQuad SLI可

◎GeForce 9600GT
・ミドルレンジ
・2月14日あたり発表
・PCI-Express 2.0/DirectX 10/ShaderModel 4.0対応
・64SP
・コア650MHz/メモリ1.8GHz
・性能はGeForce 8600GTの2倍程度、性能重視で消費電力高いっぽい

--------------------------------------------

次々期の情報もあるけどとりあえずこれくらいです。
今世代はパフォーマンスは劣るが省電力のAMD対性能重視のNVIDIAの構図になりそうです。
CPUに比べまだまだGPUの消費電力を気にする人は少ないですので、今期もNVIDIA有利になっていきそう。

私もそろそろDirectX10世代に乗り換えようかなぁ。

(ところでfc2サーバーが落ちてるっぽい @12日21時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

PS3で見られるMPEG4動画を作る方法

DLNAサーバーを立てたこともあり、しばらくやめていた動画エンコードを再開しました。
録画したアニメ・ドラマや手持ちのDVDなんかを圧縮してがんがん玄箱にぶちこんでいます。

ほんとはDVDにしてPS3のアップコンバートで見るのが最高に美しいのですが、そこはネットワーク再生の利便性とのトレードオフですね。
特にアニメはHDソースと見紛うような画になるのでPS3でアプコン再生したのをHDキャプチャしたいくらいです。(キャプチャボード持ってないけど)

まぁそれはさておき、エンコードって結構煩雑な作業でして、しばらくやってないとすぐにやり方や設定を忘れてしまうんですよ。
するとまたググり直しになってしまうので、毎回面倒です。

ということで、ちょっと自分用にエンコ工程をメモっておくことにしました。
特に今回はわりとシンプルで快適な環境が構築できたので。
ちょっと知らぬ間にツールも大分進歩してるもんですな。

動画エンコードに興味あるけどやり方がわからないって方にも少しは参考になるかもしれません。

それでは”続きを読む”から。ちょと長いです

--------------------------------------------

続きを読む "PS3で見られるMPEG4動画を作る方法"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

Penrynの一般向け7モデルが発表に!

ハイエンドモデルが先行していたIntelの45nmCPU、”Penryn”シリーズの一般向けモデルが発表されました。
発表されたのはクァッドコアが3モデル、デュアルコアが4モデルの計7モデル。
それぞれ従来どおり『Core 2 Quad』、『Core 2 Duo』のブランドで展開されます。

ただし、QuadとDualで登場時期は異なり、Quadが第一四半期中、Dualは1月中に量産が開始される見込みとなっております。
Quadにはエラッタが見つかっており、その修正のための延期と思われます。

以下今回発表された7モデルの詳細表

製品名 クロック FSB キャッシュ TDP
C2Q Q9550 2.83GHz 1,333MHz 6MB×2 95W
C2Q Q9450 2.66GHz 1,333MHz 6MB×2 95W
C2Q Q9300 2.50GHz 1,333MHz 6MB×2 95W
C2D E8500 3.16GHz 1,333MHz 6MB 65W
C2D E8400 3.0GHz 1,333MHz 6MB 65W
C2D E8200 2.66GHz 1,333MHz 6MB 65W
C2D E8190 2.66GHz 1,333MHz 6MB 65W

※E8200とE8190の違いはVTの有無

 

いよいよCore2も一般向けで3GHzオーバーモデルがでてきますね。
クァッドコアモデルも高性能なようなので早めの登場に期待です。
しかしE8190の存在価値がわからないのですが・・・

◎関連リンク
Intel、PenrynコアのCore 2ラインナップを拡大(PC Watch)

◎ネットショップリンク
Core 2シリーズ
[TWOTOP] [クレバリー] [ドスパラ] [PCサクセス] [TSUKUMO]
デル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プレゼンターマウスが販売再開・・・

マイクロソフト、プレゼンター機能付きマウスを販売再開

・・・冗談だろ?

 

---(Prsenter 8000と私の履歴)----------------
06/12/08 Wireless Notebook Presenter Mouse 8000発売

06/12/18 注文

06/12/19 納期延期

06/12/22 適合検査違反で出荷停止

06/12/24 秋葉原へ探しに行くも回収済み

07/12/11 一年近く待った末、あきらめてMMM8000購入、でも微妙

08/01/07 Presenter 8000販売再開の告知 ←いまここ

08/01/18 販売再開(予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

PS3用DLNAサーバー完成しました

こんにちは。
ここ2日ほど玄箱PROと格闘しておりました。

しかし、なんとか、ようやく、玄箱のDLNAサーバー化に成功しましたよ!
PS3から画像、音楽、動画データがネットワーク越しに自由に再生できます。
MP4はもちろんWMVやDivX形式のビデオも再生できるのがうれしいですね。やっぱりPS3は最強だ!(笑)
PCからもデータサーバーとして使えてとても便利です。

--------------------------------

今回玄箱をDLNAサーバー化するのに参考にしたのは
PS3wikiの「玄箱PROを使用したPS3用DLNAサーバ構築手順
初心者向けに一つ一つ丁寧に解説してあるのでLinuxのことがわからなくても簡単に構築できました。

ただ、このwikiには少し間違い(というか書き忘れ?)があって、それのために予想外に手間取ってしまいました。

wikiの『4.6 Mediatombのインストール』のところで、config.xmlを編集するのですが、<server>セクション内に以下の一文を追加する必要があります。
<protocolInfo extend="yes"/>
wikiの完成例には正しく上の一文が入っているのですが、解説中にはこれを入れるように指示がありません。
おそらくwiki製作者の書き忘れだと思いますが、この一文が無いとPS3側で正しくデータを再生できませんので注意しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

新年のご挨拶と買い物初め

皆様、あけましておめでとうございます
(って、おそっ!)
今年は少しくらい更新頻度を上げて、内容も充実させられたらいいなぁと思っておりますのでよろしくおねがいします。

コメント欄にお寄せいただいたコメントを読むと、秋葉原に元旦から並んだ方もいらっしゃるようで、いやはやお疲れ様でございます。

--------------------------

私は今日、秋葉原に行って今年の買い物初め(?)をしてまいりましたよ。
購入したのは
ノートPC用メモリ(1GB)と3.5インチHDD(500GB)、そしてNASキット
玄箱PROでございます

以前も書いたように最近はもっぱらノートPCしか使ってないので、こちらも快適環境へアップグレードということで1GB追加の合計2GBへ。
バルクメモリで2500円くらいでした。(安くなったねぇ)

HDDと玄箱PROとくれば目的は明白ですねDLNAサーバー(NAS)の構築です。
NASは以前から欲しくて、機種選定までしたこともありました。
PS3がDLNA対応しているのでメディアサーバー的な環境を構築する目論見です

ところで玄箱はNASキットですので本当はLinuxの知識が必要なんですが、私はLinuxはさっぱりです(笑)
ですが今はネットで構築例がいくらでもありますから、それを手本にしますよ。
(Linuxを本格的に勉強してみるのも面白そうではありますが)

以上新年のご挨拶と買い物報告でした

◎関連リンク
玄箱PRO商品情報サイト(玄人志向)
PCDEPOT WEB本店/OZZIO
【個人のお客様向け】デル・オンライン広告限定ページ(ノートブック)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »