« 出先で無料でネット、Wi-Fineを試してみる | トップページ | MMM8000のその後レポ »

2007年12月25日 (火)

倍率フリーのPhenom 9600 BEが本日発売

世間的にはクリスマスですね。
といってもサンタが来るような歳でもないのでどうでもいいです。
(これ去年も書いたような・・・)

えーと、AMDからのクリスマスプレゼント、かどうかは分かりませんが、
本日25日より『Phenom 9600 Black Edition』が発売するようです。
(今は朝2時なので確認できませんが)

Phenom 9600 BlackEditionとは、AMDのクァッドコアCPU”Phenom 9600”(2.3GHz)のクロック倍率固定が解除された特別モデルです。

--------------------------
なんのことかよく分からない人のために解説すると、
CPUの動作クロックというのは”ベースクロック×倍率”で決まっています。
例えばベース200MHz×10倍だと2.0GHzになるわけです。
で、CPUというのは大抵の場合は倍率が固定されており、ユーザーが動かすことはできません。オーバークロックする、という時は通常ベースクロックを上げることを指します。
(ベースを200MHz→220MHzにすれば220M×10=2.2GHzになりますね)

ところがこのBlackEditionは倍率が固定されていないのでユーザーが変更することができるようになっており、オーバークロック方法の幅がひろがるんですね。
(倍率を11倍にすればベースは200Mのまま200M×11=2.2GHzにできます)

まぁ簡単にいってしまえばオーバークロックしやすいモデルということになりますかね。
--------------------------

とはいえPhnomはオーバークロック耐性がさほど高くないことが知られており、秋葉原のデモでも2.7GHzどまりで、3GHzの大台まで上げるのは難しそうです。エラッタの心配もありますしねぇ・・・

予価は34,000円前後のようで、通常の9600が3万円を切り始めていることを考えると割高感があります。
積極的にOCを狙うユーザー以外はノーマル9600が無難な選択でしょうか。
(そもそもPhenomを選ぶのが無難なのか分かりませんが)

◎関連リンク
Phenom 9600 BlackEditionが25日発売、値下げも実施(Akiba PC Hotline)
Phenom 9600 Black Editionのオーバークロック(上田新聞)

◎ネットショップリンク
Phenom
[TWOTOP] [クレバリー] [ドスパラ]

--------------------------
最後にまたネガティブな話をしてしまいます。
2008年始めにリリース予定で、先日サンプル品レポもあった
Phenom 9700/9900(2.4GHz/2.6GHz)ですが、エラッタ修正に時間がかかっており第2四半期に延期されるかもしれないようです。

この少し前にIntelの45nmクァッドコアであるYorkfiledも延期という話がでていて、AMDチャンスか?と思っていたのですが残念です・・・

|

« 出先で無料でネット、Wi-Fineを試してみる | トップページ | MMM8000のその後レポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/9559433

この記事へのトラックバック一覧です: 倍率フリーのPhenom 9600 BEが本日発売:

« 出先で無料でネット、Wi-Fineを試してみる | トップページ | MMM8000のその後レポ »