« Pentium DCに2.2GHzの上位モデル登場 | トップページ | Microsoft Mobaile Memory Mouse 8000を買ってみた »

2007年12月10日 (月)

Core 2 Extreme QX9770のベンチマーク

来年第一四半期にはPenrynの一般向けモデル(C2D/C2Q)が発売予定ですが、超ハイエンドモデルとして「Core 2 Extreme QX9770」も予定されています。

QX9770は現在Intelの最高峰CPUであるC2E QX9650(3.0GHz)を塗り替えて最上位の位置に鎮座ましましの予定のCPUで、
FSB 1600MHzに対応し、動作クロック3.2GHz、L2 6MB×2、TDP 136W(!)
予価 1399ドル(15万円以上!)というあらゆる面で強烈なCPUとなっております。

この最強CPUのベンチマークが解禁されたようで、サンプル品を使ったベンチマーク結果が国内含め複数ソースから上がってきています。
とりあえず国内のもののみ列挙しておきますので参考にしてください。
[PC Watch]
[4Gamer]
[ITMedia]
[マイコミジャーナル]

詳しくは各記事を見ていただければと思いますが、
傾向として、順当にクロック相応分の性能向上は果たしているようですが、残念ながらFSB 1600MHzの効果があまり出ていないようです。
どうもCPU以外のチップセットやメモリがボトルネックになっているような感じもありますね。
最強のCPUを活かすには他も全て最強で固める必要があるようです。

◎関連リンク
Intel-CPU最新情報(自作PC作成・最新情報ガイド)
"Penryn"正式発表、Intel最上位クァッドコア発売

|

« Pentium DCに2.2GHzの上位モデル登場 | トップページ | Microsoft Mobaile Memory Mouse 8000を買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/9338960

この記事へのトラックバック一覧です: Core 2 Extreme QX9770のベンチマーク:

« Pentium DCに2.2GHzの上位モデル登場 | トップページ | Microsoft Mobaile Memory Mouse 8000を買ってみた »