« 秋葉原でヘッドホンを試聴してきた | トップページ | 正式公開したWindows Liveを使ってみる »

2007年11月 8日 (木)

新型PS2と新色PSPが年末商戦に参戦!

また数日更新が滞ってしまいました(汗)
なんか適当なネタで埋めないと^^;

ソニー・コンピュータ・エンタテインメント・ジャパン(SCEJ)は先日年末商戦に向けさらに省スペース化した新型PS2『SCPH-90000』と先日発売して好調な新型PSPの新カラーバリエーションモデル『PSP-2000DR』を発売することを発表しました。

2000dr90000


新型PS2(SCPH-90000)は新デザイン筐体を採用したPlayStation2。
一見これまでの薄型PS2と変わらないように見えますが、よく見ると細部が違っています。
また、新型はこれまで外付けだったACアダプタを本体に内蔵しており、トータルでのサイズは大幅に減少しています。
これだけ薄いボディにACアダプタまで内蔵とは驚きです。
基本的な機能はこれまでのPS2と変わりありません。
発売日は11月22日。お値段は16,000円と据え置きですが、縦置き用スタンドは別売りです。(1,5000円)


続いてPSPの新色。
PSPのカラバリに新たにディープ・レッドが加わりました!
見てのとおり血のように深い赤色で、まさにディープ・レッドです。
(一部ではブラッディ・レッドのほうが適正との声も)
機能的には他の新型PSPと同じです。

ちなみにこの新色は単体での販売はされず、バリューパックとワンセグパックに同梱という形になります。
バリューパックは32MBメモステやポーチなどがセットになったパックで22,800円。
ワンセグパックは1GBメモステやワンセグチューナーなどがセットになって29,800円。
いずれも発売は12月13日。数量限定ですので欲しい方は早めに予約するなどしておいたほうがいいかもしれません。
限定数は公開されてませんが、一説によると合計10万台というウワサ。

なかなかいい色なので単体販売を希望する人が多そうですね。
しかしバリューパックのメモステがいまどき32MBって・・・


PS3に注力するべきこのタイミングでいまさらPS2ってどうなの?って声も一部で聞かれますが、私はさほどおかしくないと思います。
PS2互換のないPS3を出したことからも明らかなように、SCEとしては今後はPS3、PS2、PSPの3本柱で行くという意思の現れでしょう。
これまではPS2の部分はPS3でカバーして2本柱、という戦略だったように思いますが、PS3が思ったより伸びないことから、PS2はPS2、PS3はPS3と分けていく戦略への転換ですね。
私はこの方向で歓迎です。
PS3はあくまでPS3のゲームをやるために買うわけだし。


◎関連リンク
SCEJ、PSPに新色「ディープ・レッド」登場(GAME Watch)
SCEJ、新デザインのPS2「SCPH-90000」シリーズを11月22日発売(GAME Watch)

|

« 秋葉原でヘッドホンを試聴してきた | トップページ | 正式公開したWindows Liveを使ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/8826446

この記事へのトラックバック一覧です: 新型PS2と新色PSPが年末商戦に参戦!:

« 秋葉原でヘッドホンを試聴してきた | トップページ | 正式公開したWindows Liveを使ってみる »