« Phenomのパッケージとされる画像 | トップページ | メモリ価格が円高影響で再崩落! »

2007年11月15日 (木)

DirectX 10.1に初対応したRADEON HD3800登場!

AMDからDirectX 10.1に対応した新GPU『RADEON HD3800』シリーズが正式発表されました。

hd3800

このRADEON HD3800は”RV670"のコードネームで開発されていたGPU。
基本設計はこれまでのRADEON HD2900シリーズと同等ながら、プロセスルールを55nmにシュリンクすることで高クロック化、低消費電力化を実現しています。

ラインナップは2種類でRADEON HD3870とRADEON HD3850。
HD3870は320SPで、コアクロックが775MHz、メモリクロックが2.25GHz。
HD3850は320SPのコアクロックが670MHz、メモリクロックが1.66GHz。
実売価格はそれぞれ3万円台後半と2万円台後半。

HD3800シリーズの特徴の一つがDirectX 10.1に対応していること。
対応ソフトウェアとの組み合わせでよりリッチなグラフィック表現が楽しめるかもしれません。
(ただし現時点で対応ゲームなし)

さらに接続インターフェースがPCI-Express 2.0にパワーアップ!
最大転送速度がこれまでの2倍になるので、対応チップセット(Intel X38など)との組み合わせでHD3800のパフォーマンスを最大限引き出せます。
転送速度は普通ですが、これまでのチップセットでも使えるので安心です。

さらにもう一つ大きな特徴として、最大4GPUでの並列処理を実現する”CrossFire X”に対応しています!
2~4枚のHD3800カードと対応チップセット(未発表)を搭載し、4スロットのPCI-Expressx16スロットを持ったマザーを用意すれば利用可能です。
一体いくらかかるんでしょうね(笑)

肝心のパフォーマンスについてですが、アプリケーションによるものの、概ねRADEON HD2900XTと同等、GeForce 8800GTよりやや下、といった感じ。
新GPUの割には地味な印象ですが、コストパフォーマンス的には悪くないようです。
ただ、8800GTの圧倒的なCPの前には敗北してしまいましたね。

RADEON派の方はGeForceブームに負けずに買ってやってください。

◎関連リンク
AMD、世界初DirectX 10.1対応の「Radeon HD 3800」シリーズ(PC Watch)
各社から「Radeon HD 3800」搭載カードが登場(PC Watch)
RADEON HD3800ベンチマーク(PC Watch)
DirectX 10.1対応「Radeon HD 3800」搭載カード登場(Akiba PC)

◎ネットショップリンク
RADEON HD3800搭載ボード
[TWOTOP] [クレバリー] [Faith] [ドスパラ]

|

« Phenomのパッケージとされる画像 | トップページ | メモリ価格が円高影響で再崩落! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/8931981

この記事へのトラックバック一覧です: DirectX 10.1に初対応したRADEON HD3800登場!:

« Phenomのパッケージとされる画像 | トップページ | メモリ価格が円高影響で再崩落! »