« メモリ価格が円高影響で再崩落! | トップページ | Phenomに完全対応の新チップセット「AMD 7」 »

2007年11月19日 (月)

AMDが満を持してPhenomを発表!

どういうわけか情報より1日早いですが、AMDから”Agena"コア搭載の新ブランドCPU『Phenom』(フェノム)シリーズが発表されました。

phenom_logo

今回発表されたPhenomはいずれもクァッドコア製品である「Phenom 9600」(2.3GHz)と「Phenom 9500」(2.2GHz)の2モデル。

両モデルの違いは動作クロックのみで、いずれもAgenaコア、65nmプロセス、各コア独立で512KBのL2キャッシュと共有2MBのL3キャッシュを搭載。TDPは95W。

またインターコネクトに新たにHyperTransport 3.0(HT3.0)を採用、メモリもDDR2-1066に対応しました。
これらの変更の影響でPhenomはプラットフォームが”Socket AM2+”となり、AM2+対応チップセットとの組み合わせでHT3.0やDDR2-1066が利用可能になります。
これまでのSocket AM2とピン互換ですのでAM2マザーでも利用可能ですが、その場合HT3.0やDDR2-1066は使えません。

さらにPhenomでは電源周りが改良されており、”Cool'n'Quit 2.0”となりました。
各コアごとに動作クロックを調整したりすることが可能です。

------------------------------

ちなみに各所でリークされたPhenomのベンチマーク結果は残念ながら散々な結果になっており、ほぼすべてのアプリケーションでCore 2 Quad(C2Q)に負けるという結果に。
これはC2Qのほうがクロックが高いせい・・・というわけでもなさそうで、C2QをPhenomレベルにダウンクロックした場合、PhenomをC2Q並みにオーバークロックした場合のいずれでもC2Qの優位は変わりませんので、CPUの潜在パフォーマンスそのものが低いようです。
それにDDR3メモリも結局対応してませんねぇ。

ぶっちゃけこれでは買う価値があるのか疑問ですが、とりあえず新コア・新ブランドだから試したいという方はぜひ試してみてください。

◎関連リンク
AMD、デスクトップ向けネイティブクアッドコア「Phenom」を正式発表(PC Watch)
ついに「真のクアッドコア」が市場へ。AMD,新世代CPU「Phenom」を発表(4Gamer)

◎ネットショップリンク
[TWOTOP] [クレバリー] [ドスパラ]

|

« メモリ価格が円高影響で再崩落! | トップページ | Phenomに完全対応の新チップセット「AMD 7」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/9001787

この記事へのトラックバック一覧です: AMDが満を持してPhenomを発表!:

« メモリ価格が円高影響で再崩落! | トップページ | Phenomに完全対応の新チップセット「AMD 7」 »