« ソニーが踊るタマゴ型ミュージックプレイヤー「Rolly」を発表 | トップページ | ありそうでなかった!あいうえお順配列のキーボード »

2007年9月11日 (火)

ソニー、欧米向け新ウォークマンを日本でも発表、ただし謎仕様

ソニーは、先日欧米で発表した新ウォークマンNW-S610シリーズの日本向けモデルとなる「NW-S710F/S610F」シリーズを発表しました。発売は10月20日から。
なぜか欧米モデルとはけっこう仕様が違います。

S710fS610f

S710FとS610Fの違いはノイズキャンセリング機能の有無。
S710Fにはノイズキャンセル機能内蔵、対応イヤホンが付属しています。
この機能はNW-S700シリーズにも搭載され、好評を博していますね。
あとはメモリ容量とカラーも違います。

そのほかの仕様は共通で、1.8型/320*240ドット液晶搭載でビデオ(MPEG-4/H.264)再生対応。
音楽はMP3/AAC/WMA、そして欧米モデルでは未対応のリニアPCMとATRACになぜか対応しています。
さらに欧米モデルでは対応していたDRM付きWMAにはなぜか未対応です。

欧米モデル同様FMチューナーは搭載。
上位モデルのA800シリーズ同様の高音質化機能「クリアステレオ」と「DSEE」も搭載しています。
インターフェースもほぼA800のものを踏襲しているようです。
A800のUIは大変優秀ですからこれはうれしいですね。

メモリ容量バリエーションはS710Fが8GB/4GB/2GBの3種で、S610Fは4GB/2GBの2種
カラーバリエーションはS710Fがホワイト/ピンク/ブルー/レッド/ブラック
S610Fがシルバー/ブルー/ピンクです。


そして、なんと、ありえないことに
楽曲管理・転送には「SonicStage CP」を利用します。
欧米モデルではSonicStageは使わず、ドラッグ&ドロップでの転送に対応していましたが、国内モデルはSinicStageのみ、ドラッグ&ドロップはできません


・・・以上、なんだか謎仕様ですね。
なぜ同じモデルなのに国が違うだけでこうも劣化してしまうのでしょう?
DRM付WMA対応、ATRAC廃止、SonicStage廃止、D&D転送対応といった欧米モデルのユーザー重視姿勢はどこへ行ってしまったのでしょうか?
おそらく欧米モデルと共通なのはボディだけで、内部のハードウェアはほぼ別物なのでしょう。
日本向けA800のハードを少し手直しして流用しているように思えますね。

なぜこんなことをするのか?
欧米モデル発表時には「あとは日本に来るのを待つだけ!」なんて書きましたが、こんな仕様になるなら来なくてよかったです。


◎関連リンク
ソニー、ビデオ/ノイズ低減対応の新ウォークマン(AV Watch)→
NW-S710F/S610F商品情報ページ→
Sony Style(ソニースタイル)

|

« ソニーが踊るタマゴ型ミュージックプレイヤー「Rolly」を発表 | トップページ | ありそうでなかった!あいうえお順配列のキーボード »

コメント

新ipodではなくてこちらを買おうと思っていたのに・・・

sonyは意味不明ですね。

ipod買おうかな・・・。

投稿: tetu | 2007年9月12日 (水) 00時45分

>tetuさん
ぶっちゃけあんまり薦められる製品ではないと思います・・・
いや、SonicStageが好きな人もいるでしょうし、ATRAC対応してないとダメな方もいるでしょうから一概には言えませんが。

ただ、音質や操作性は大変素晴らしいですよ。
iPodは音質面であまりいい評判聞かないのでそこら辺はご注意ください

投稿: あむんぜん(管理人) | 2007年9月12日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/7899548

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー、欧米向け新ウォークマンを日本でも発表、ただし謎仕様:

» NW-S710F/S610Fシリーズ(ソニー:ウォークマン) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life]
「NW-S710F/S610Fシリーズ(ソニー:ウォークマン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。... [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 21時18分

« ソニーが踊るタマゴ型ミュージックプレイヤー「Rolly」を発表 | トップページ | ありそうでなかった!あいうえお順配列のキーボード »