« 大革新となるIntel次世代CPU「Nehalem」 | トップページ | NVIDIAからローエンド/ミドルレンジ向けGPU3種が登場 »

2007年4月23日 (月)

【お詫び】当ブログの記事で重大な誤りが判明しました

今月11日にアップした記事『新”香水瓶”ウォークマン「NW-E010」発表!』の内容に重大な誤りがあったことが判明いたしました。
十分に情報を吟味せずに思い込みで記事を書いてしまったことが原因です。
誠に申し訳ございません。

当該記事において「NW-E010」の機能として、”楽曲管理ソフトを介さずにWindowsエクスプローラからのドラッグ&ドロップによる楽曲転送に対応している”という趣旨の文章がありましたが、実際にE010を購入した読者様からのご報告によればやはり楽曲管理ソフトを使用しての楽曲転送以外には対応していないということです。

私はE010が”USBマスストレージに対応している”という情報のみから勝手に”ドラッグ&ドロップに対応している”と思い込んでしまい、十分に情報を理解・吟味・確認することなく記事に掲載してしまいました。
これは完全に私のミスであり、弁解の余地もございません。
今後は掲載する情報についてしっかりと確認をとってから掲載するよう気をつけますので、なにとぞお許しいただきますようお願いいたします。

なお、今後誤解の無いようにE010のデータ転送周りの仕様についてまとめておきます。

USBマスストレージには対応しているが、それはあくまでE010をデータストレージとして使用する場合のための仕様であり、楽曲の管理には従来どおりSonicStageなどの楽曲管理ソフトを介在させる必要がある。
Windowsエクスプローラから転送したデータについては基本的にE010側で認識・操作をすることはできない。

最後に、再度このような重大な誤情報を流してしまったことに対するお詫びの意を表するとともに、E010の仕様についてご報告いただいた読者様に感謝いたします。

本当に申し訳ありませんでした。

|

« 大革新となるIntel次世代CPU「Nehalem」 | トップページ | NVIDIAからローエンド/ミドルレンジ向けGPU3種が登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/6183529

この記事へのトラックバック一覧です: 【お詫び】当ブログの記事で重大な誤りが判明しました:

« 大革新となるIntel次世代CPU「Nehalem」 | トップページ | NVIDIAからローエンド/ミドルレンジ向けGPU3種が登場 »