« 最近の悩みごと | トップページ | このワード、なんて読むか分かってる? »

2007年3月 6日 (火)

アスクからX1950でファンレスな巨大グラボ

扇風機内臓マウスからカメラスタビライザまで幅広く手がけるアスクから新登場のRADEON X1950PRO搭載グラボ「AS-X1950PRO VIVO 256MBDDR PCIE SCS3」(ながっ)

なんとこれ、ファンレスです。
X1950クラスのハイエンドチップでファンレスは珍しいですね。

で、これがそのボード

Ask_1
すさまじいインパクト!!
ヒートシンクのあまりの巨大さにもはやボードが見えません。

なんでも「ARCTIC COOLING Accelero S2」とかいう2スロット占有型ヒートパイプ付き超大型ヒートシンクなんだとか。

Ask_2
ヒートシンクはボードから完全にはみ出ているので購入前にケースの幅等を確認する必要あり。
ケース内のエアフローにも十分注意したほうがいいでしょうね。


まあ近頃は裏面とか尻尾風などヒートシンクの造形も一種のアートと化しているようですから、今後もこのような奇抜なスタイルは増えていくと予想されます。
ヒートシンクがPCケースを飛び出す日もそう遠くはなさそうです。


(ところで、R600ってどうなったんだろうね?)


◎関連リンク
アスク、ファンレスのRadeon X1950 Proビデオカード(PC Watch)→
ニュースリリース(アスク)→

◎通販情報
RADEON搭載グラボ
[クレバリー] [TWOTOP] [ドスパラ]

|

« 最近の悩みごと | トップページ | このワード、なんて読むか分かってる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/5585662

この記事へのトラックバック一覧です: アスクからX1950でファンレスな巨大グラボ:

« 最近の悩みごと | トップページ | このワード、なんて読むか分かってる? »