« やっとキタキタ新ウォークマン!! | トップページ | いろいろ欲しくてどうしたらいいの!? »

2007年3月11日 (日)

私がケータイを嫌う3つの理由

実は私はケータイを持ってません。

なんだか気づかない間に小学生ですらケータイを持つようなご時勢になり、もはや生きた化石のような人間となってしまいました。

ガジェット大好きな私がケータイを持ってないなんて自分でも意外ですが、どーにもケータイはキライです。
キライというより憎んでいるといったほうがいいくらい。

ところがいよいよ最近周りからの圧力が強くなり、しゃーない買うかーって感じになってます。

そこで今日は最後の抵抗として私がケータイをキライな理由をつらつら書いてみようかなぁ。

※すごくつまらない記事です!文も読みにくい超駄文なので、読めたもんじゃありません。
読んでてイライラすると思いますが、それでもいい方のみどうぞ。
(クレームはお受けいたしません)


ケータイがキライな理由その1
中途半端な汎用性とインターフェース

確かに昨今のケータイは多機能ではあるが、汎用性が著しく低いと思う。
PCとスケジュール同期するだけだって専用ケーブルと専用ソフトを買ってきて・・・などと複雑怪奇な手順をたどらなければならない。
なぜケータイメーカーはUSB内臓して、内部メモリをマスストレージ認識するようにしないのか。
スケジュールなどのデータ構造をオープンフォーマットにして機種間の相互互換性を上げようとしないのか。

しかもあのインターフェースの使いにくさときたら。
まぁQWERTYキーボードが搭載できないのは仕方ないとしよう。
しかし、機種によって操作方法が著しく違うのはいただけない。
ケータイの統一インターフェースみたいなのを策定したほうがいいと思う。



ケータイがキライな理由その2
キャリア主導の販売体制

現状のキャリアが主導となって端末と通信サービスをセット販売している体制は明らかに非効率的だ。
ユーザーはキャリアに縛れてしまい、本当に自分の欲しい端末を購入することができない。
ベンダーだってキャリアごとに何種類もの端末を製造しなければならなくなってコストがかさむはずだ。
普通に考えれば端末と通信サービスは別々で販売されるべきである。
(PCとISPは別々に購入・契約されるように)

すでに現行のケータイはどのキャリアの機種も共通のSIMカードを使っているのだから、やろうと思えばすぐにでも販売体制を変えることができるはずだ。(SIMロックを廃止すればいいだけ)
海外ではSIMフリー端末はあたりまえで、ユーザーによる柔軟な運用が可能になっていると聞いたことがある。



ケータイがキライな理由その3
月額制・従量制という課金方式

一般にケータイは月額で基本料金を毎月払い、通話すればさらに30秒いくら、メールを送れば1パケットいくらといった月額課金と従量課金を組み合わせた課金方式だ。
月額課金はよしとしよう。しかし従量課金を私はひどく気分が悪いものと感じる。
なぜパケット代を気にしながらメールを送り、ブラジングしなければいけないのか。
だいたい、”パケット”などというわけの分からない単位を使っているくせに、ブランジングしていて何パケット使ったのかさっぱり分からないではないか。
これでは一体いくらかかるのかわからなくて不安になり、安心して使えない。こんなことでいいはずがない。

PC、というか家庭向けネットサービスでは今は完全定額制があたりまえだ。(昔は従量制も多かったが)
ケータイだって同じように完全定額制があたりまえになるべきなのだ。




以上!
あ~なんか下手くそな文だな。こんな記事書かなきゃ良かった。
もっと素直に「どのキャリアのどの機種がいいかな~?」って書けばよかったな。

つーか早く公衆無料無線LANが整備されて全国どこでもネットに繋がるようになればいいんだ。
そうすればケータイなんてなくてもモバイルPC一台でどこでも行けるのに・・・・
ケータイよりレッツノートが欲しい。

|

« やっとキタキタ新ウォークマン!! | トップページ | いろいろ欲しくてどうしたらいいの!? »

コメント

中途半端な汎用性とインターフェースについて
USBでつながるのありますよ。GSMですが。
キャリアの仕様に合わせてセットメーカが作っています。
usb入れるコストスペースがありキャリアが入れてといえばすぐ出現すると思います。
操作に関しては韓国の携帯電話は同じキャリアであればメーカが違っても操作方法はいっしょです。
キャリア主体なので開発コストもかからない方向にもっていってほしいです。
キャリア主導の販売体制について
SIMロックは日本の場合はずせば良いということではないと思います。各キャリアで使用している周波数、電波方式が違うので、GSMのようにはならないと思います。auの機械でドコモのSIMで動作しても基地局はauなのでローミング代が高そうです。統一した周波数電波方式だったら問題なかったのですけど。
月額制・従量制という課金方式について
キャリアも商売ですから。定額制にするキャリアもデータ伝送等でぼちぼち出てきていますが、通話料で収入が減るなら、他のビジネスモデルがないとなかなか踏みきれないと思います。
ただし近未来各社Wimaxをにらんでいますから、Voipになり、通話料は無料になり、Lan契約料だけになるかな、なんて考えてます。そのときキャリアは映像販売等でもうけるのかなと思います。

投稿: とし | 2007年3月11日 (日) 13時12分

なぜパケット代を気にしながらメールを送り、ブラジングしなければいけないのか。
↑納得です。最近はいろいろなコンテンツが増えて通信量も増えてきています。
しかし通信料は基本的に従量制、というのはユーザーには納得出来かねることだと思います。
昔、まだ定額制を申し込んでない時に、アプリDL・着歌DL・サイト閲覧などをしていると
すぐに料金が5000円、1万円等に達してしまい、気づかなければパケ死に陥ることもありました。
今はDOCOMOでパケホーダイに加入しているので問題はありませんが、月4000円と言うのは悩んでしまうところです。
パソコンでのプロバイダに払う料金と同等というのは、
通信量も速度も見やすさも使い易さも違うというのにこの料金は不適切だと思います。
きわめ付けは4000円も払って定額制にしているというのにフルブラウザ(PCと同じ表示の閲覧方式、見にくい・・・。)は従量制・・・・なぜなんでしょうかね?
自分的にはネットは基本PC、出かけているときにちょっと知りたいことやバス・電車・地図などのことは携帯という使い方をしています。

投稿: 直樹 | 2007年3月11日 (日) 20時55分

としさん、直樹さんコメントありがとうございます。
ケータイを持ってすらいない私がこのような記事を書いたのはやっぱり浅はかだったなぁ・・・と後悔するばかりです。

早速今日ケータイ各キャリアのパンフをもらってきました。
どの機種がいいのかな~。
ぶっちゃけメールと電話ができればいいんでですよね~

投稿: あむんぜん(管理人) | 2007年3月11日 (日) 23時39分

私も高校生ですが携帯は持っていません。
回線と携帯のどちらかと言われたので回線を優先してネット環境を優先しました。
情報はパソコンが優れているので。

私も携帯電話を嫌っていると言うより企業を恨んでいます。

ADSLを引くのに2ヶ月まてと言われ手続きミスでさらに1ヶ月まてと言われその企業に愛想をつかして入会もするきもなくしました。

携帯は自分の金でやるように言われているので収入に余裕があれば買いますね。

メールや通話は基本料金に含まれているかと思ったら別料金なんですね。

パソコンをしている側から見るとえ~って感じです。

投稿: エムピー | 2007年3月12日 (月) 01時04分

携帯嫌いなら、是非WILLCOMを!定額プランならメールはパケット料金無料ですよ。W-Zero3+パケット定額ならqwaityキーボードで256kインターネットも出来ますよ

投稿: shain | 2007年3月12日 (月) 03時53分

イーモバイル・・・通話できないままサービス開始とは!

投稿: shain | 2007年4月 2日 (月) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/5644860

この記事へのトラックバック一覧です: 私がケータイを嫌う3つの理由:

« やっとキタキタ新ウォークマン!! | トップページ | いろいろ欲しくてどうしたらいいの!? »