« ATIの次世代GPU「R600」の非公式ベンチで驚きの結果が! | トップページ | 忙しい・・・けどCESが始まってる »

2007年1月 5日 (金)

Vistaを批判する記事を批判してみる記事

Windows Vistaの発売がだんだん迫ってきました。
新しい物大好きな私としては結構ワクワクしてきています。
ただ、個人的にはVistaには大いに期待しているんですが、世間一般的には割と冷めているなぁと感じています。

ところで、PC Watchに「Windows Vistaを好きになれない理由」という西川和久氏のコラムが掲載されていました。
このコラムで西川氏はかなり痛烈にVistaを批判されていらっしゃいますが、なるほどと同調&感心する部分もある一方、明らかな誤解や私との意見の相違も多々ありました。
そこで今日はこの”Vistaを批判するコラムを批判”してみようかなぁと思います。

※この記事を読む前に西川氏のコラムを読んだほうがいいと思います
「Windows Vistaを好きになれない理由」(PC Watch)→

まず西川氏が挙げている”Vistaを好きになれない理由その1”である快適に使うには最強ゲームマシン並のスペックをOSが要求する』という点。
これは明らかに誤解といえます。
確かにVistaではXPに比べ高いPCスペックを要求していますが、それでも決して無茶な要求スペックではありません。
現行のメーカーPCのほとんどがVistaの要求スペックを満たしています。

氏はVistaの3DGUI(Aero)に対応するグラボでファンレスのものを見つけるのは難しいと書かれていますが、グラボはおろかチップセット内臓GPUでもAeroに対応しているということをご存じないのでしょうか?
失礼ながら読んでいて苦笑してしまいました。

X300_1ファンレスでAero対応グラボ

また、ゲームとは無縁のビジネスユーザーにも高性能PCを強要され迷惑、OSがユーザーの利用方法を越えたリソースを要求するのは理解に苦しむ、といった記述もありましたが、
ユーザーの想定を超えたリソースが新たな発想、経験、表現を生む可能性もあるのではないでしょうか。
確かにリソースはユーザーが要求するものだとは思いますが、外部からの影響による変化が必ずしも悪影響のみを及ぼすとは限りません。


次に氏は『中途半端なハリボテ度』としてVistaのGUIの作りこみの甘さを挙げています。
私もVistaのGUIが中途半端であるとは思いますが、西川氏の主張する「中途半端さ」は実際に使用したユーザーの実感する「中途半端さ」とは少しズレているように感じました。

例えば氏は”パネルやメニュー”(これが具体的にどこを指すのかは不明)がWin3.x時代から変化していないとし、「根こそぎ変えないと操作中に違和感をおぼえる」と書かれていますが、私からしたら「今までと変わらなくて分かりやすい」と感じます。
コラムでは”パネル”の例としてデザイン変更のパネルを挙げていましたが、このような設定変更系のUIは大きく変わると混乱を招きかねません。
個人的には色やフォントは別の新メニューを用意して詳細に設定できるようになっているなどコントロールパネル周りの構成は良く練られていると感じています。

Vistairo

他にも氏はコンパネのアイコンサイズが変更できない、電卓のデザインをVista風にしてくれなど「どうでもよくね?」ってポイントばかり突いています。
電卓のデザインは変わってませんがマインスイーパなどのゲーム系はVista風になってますよ。

Soritia

私としてはExplorerの操作系、表示系の詰めの甘さが気になっています。
具体的には上の階層へ行くボタンがなくなったことや、アイコンの並べ方の設定が固定できない&分かりにくい、検索の精度が明らかに低いといった点などが気にかかります。
Explorerはどんなユーザーも頻繁に使う機能なので細かい点まで気を配って欲しいです。
(電卓のデザインよりはるかに重要だと思います)


3つ目に氏の挙げるのが『意味不明のエディション』
あまりに細かいエディション分けや機能とエディションの矛盾といった点について批判されています。
私もこれについてはほぼ全面的に同意見で、この複雑さについては何とかして欲しいと思います。

例えば私は”Home Premiumエディション”を既に予約しましたが、これには「リモートデスクトップ」機能が付いていません。私は本当はこの機能も欲しいのですが、この機能を搭載し、なおかつHome Premiumの機能も搭載しているのは”Ultimateエディション”しかなく、値段が倍近くになってしまいます。
そのため妥協してHome Premiumを予約しました。

しかし仮に単純化するためにエディションを”Ultimateエディション”だけにした場合はユーザーが使わない機能にまでお金を払わなければいけなくなってしまいます。
やはりエディション分けの必要性については認めざるを得ません。
一つの解決策としては各機能を徹底的にモジュール化し、OSのオーダーメード販売をするという方法も考えられますが、これは課金システムの複雑化を生みそうです。
また、いっそのことOSを言葉通り「基本ソフト」として最低限の機能のみを提供し、他の機能は別のソフトウェアとして提供するという退化的な解決策もありますが非現実的です。


そして最後に『Mac OS Xと比較して何1つ新しいものが無い』としています。
これはマックユーザーがVistaを批判する場合の常套文句となっています。
私はMac OSに触れたことがほとんどないのでこの点についてはなんとも言いがたいのですが、まぁそれはそれでいいんじゃないかな~と考えています。

個人的な感じではPC(Windows)はビジネスにもホビーにも使える”万能ツール”、Macはホビー用途に特化した良い意味の”おもちゃ”であると捉えています。そもそも性格が違うんだと。
そして今のWindowsはビジネスツールとしてはほぼ進化しつくし、ホビー面での強化を図っている。
その結果としてMacと似たような方向性になり、機能などが似てきているんだと思います。

AppleのCMでPCがビジネスマン、Macがニート青年に例えられていますが、私の解釈とあの例えはほぼマッチしてますね。
さらに、あのビジネスマンも背広を脱ぐと実は趣味人でした、みたいなCMをMicrosoftに期待してます。


そして西川氏の最後のコメント、
『すでに普通のアプリケーションを動かすと言う意味では、十分なCPUパワーとメモリ空間を多くのPCが備えている。しかし、それ以上のスペックをOSが要求し、仮に満たしたとしてもご覧の程度の差しか無い。リソースへの投資が割に合わないと思われても仕方のない状態なのだ。』

これですね。世間がVistaに(というかPC業界に)冷めている理由は。まさにこれ。
ユーザー一般がPCに頭打ち感を感じ、もっと刺激的で新しい、それもこれまでとはベクトルの違うエクスペリエンスを求めているのかもしれません。

私はこの変化をPC業界よりNintendoDSのヒットに代表されるゲーム業界で鮮烈に感じているのですが、PC業界でも同じような変化が起きているということでしょう。

そしてDSよりPSP、WiiよりPS3を好み、ハードウェア志向でいまだPC業界の成長を信じている私という人間はもう少数派の古い人間なのかもしれません。
そんなことを思いながらこの記事はこの辺で。



ふぅ、疲れた。
文才ない人間が長文書くもんじゃね~な。
なんか最後のほうに行くにつれて”批判”じゃなくなってるし。まいっか。
また次の記事からは小難しいこと考えないのんびりブログにしよ。

|

« ATIの次世代GPU「R600」の非公式ベンチで驚きの結果が! | トップページ | 忙しい・・・けどCESが始まってる »

コメント

はじめまして!最近よくこのブログを読みに来ているものです。
自分もちょっと笑ってしまいましたよ^^;
西川氏の言っていたスペックはゲーマー位しか必要としないでしょうね。
自分も12月位にPCを自作したのでその時に購入したXPの優待アップグレードでHomePremiumしようと思ってるのですが、あまりアップグレードする意味が無いような気がしますね。AERO機能以外VISTAはコレと言ったものが無いのが悲しい所です。
この話とは関係ないですが自作PC最新情報の方のグラフィックボードのまとめた表のところの旧世代のGeForce 6600等のところを復活させてもらえるとうれしいです。
12月ごろに自作したときに物凄く重宝したので・・・。
古い世代などの事が書いてあると最新世代の物と比べてどのくらい違うかがわかるのであったほうがいいです^^
長文は苦手なので変なところあったら軽くながしてもらえるとうれしいです・・・。

投稿: 直樹 | 2007年1月 5日 (金) 19時19分

今回の日記はかなり参考になりました。
雑誌のコラムを指摘っていうのは面白いですね。
個人的には動画の再生方法が違うのが気になってます(良い意味で)
環境を整えてあげれば、かなり使い勝手の良いOSじゃないかと思いますね;

ちなみに自分も少数派とやらです^^

投稿: シタン | 2007年1月 5日 (金) 22時23分

WindowsがMacの後追いをするのはある意味もう伝統ですからね…Zuneもしかり。
大体、アイコンを使ったユーザーインターフェース自体、Macの10年近く後にWinが導入したものですし、WindowsがMacより先にOSを発表したことがないとか、Winを叩く根拠はいくらでも挙げられるのは確かですね。

ちなみに本当のプロが使うツールはMacのシェアがダントツに高いです。映画製作会社のCG部門なんかに行くとずらっと並んでるのをよく見かけますよ。芸術家や漫画家さんなんかもMac率が非常に高いと聞いたことがあります。

操作性やとっつきやすさから言って、私はWinに「マニアックなことまで出来るOS」、Macには「間口が広く、誰でも使えるOS」といったイメージがあります。実際、アイコンの分かりやすさやインターフェース等、できるだけ多くの人が簡単に使えるよう努力しているのはMacじゃないでしょうか。Vistaは、単にMacOSXに対抗して見栄えを良くしたXPでしかないように感じています。

…というか、客観的に見てもMSは典型的なトヨタ商法(商売敵の製品よりほんの少しだけ性能の良いコピーを遅れて発売し、シェアをさらう)の企業でしょう。それだからこそここまで成長したとも言えますが。Winが世界に先駆けて搭載した画期的な機能があるというのならば挙げていただきたいものです。

投稿: 須賀海月 | 2007年1月 5日 (金) 23時30分

みなさんコメントありがとうございます。
こんなにコメント付いたのはウォークマンの記事以来です。

>直樹さん
ご要望にお答えしてGeForce 6x00系の性能表復活させました。
一から調べなおして書いたので前と少し違うかも。
Aero以外にもVistaは細かいところで使いやすくしようと頑張ってるみたいなんですけど・・・どうも詰めが甘いんですよね。

>シタンさん
雑誌のコラムの指摘、面白いんですけどねぇ~疲れるんですわ。この記事書くのに3時間以上かかりました。
文才ないんですよ・・・
動画再生方法・・・なんか違いましたっけ?
オーバーレイとかDirect3Dあたりの話ですかね?

>須賀海月さん
Macが「間口が広く、誰でも使えるOS」ですか・・・私には「面白そうだけど間口が狭く、入りづらいOS」に見えます。
私もMacになんとなく興味はあるんです。だけどMac OSを使うにはMacハードを買わなきゃならないじゃないですか。PCにはインストールできないでしょ?
だから怖い。間口が狭いと感じる。
それに「MacでできてWinにできないこと」ってのが思いつかないし。
こんな私はただの食わず嫌いなんでしょうか?

あ、それとZuneは私も売れないと思います(笑

投稿: あむんぜん(管理人) | 2007年1月 6日 (土) 00時23分

この記事も大変参考になりました。今使っているPCは十分Vistaへ移行可能な構成なのですが、その際は大画面Wideモニタ(テレビと併用)にしようと思ってるんでこれからが大変です。今月はもう一台PSP買うしロケーションフリーなんかも
気になるし色々と楽しみが多いです。

投稿: もっこり | 2007年1月 7日 (日) 19時20分

いつも参考にさせていただいてます。パソコン黎明期からゲームをやりつづけていた人間としては、いまのスペックではまだまだ夢がかなっていないのですよね。。。さらなる進化をもとめてやみません。マックとの比較なのですが、グラフィックデザイナーはカラーマネージメントの問題と業界の圧倒的なマックの寡占状態のため、マックを使いつづけております。3Dになるとウィンドウズのシェアが圧倒的です。これはマシンパワーの問題ですね。音楽業界はマックの寡占状態からウィンドウズ優勢にシフトしつつあるようです。クリエイター=マックの時代も終わりつつあるように思いますね。まぁアプリケーションが動けばどっちでもいいというのがユーザーサイドの本音でしょうか。新たなOSで今まで実現できなかったアプリケーションが登場する、ということになるとうれしいです。長文失礼しました。

投稿: bug | 2007年1月 9日 (火) 21時36分

>もっこりさん
返信遅れてごめんなさい。
Vistaに合わせてワイドモニタ化とかPSP購入とか・・・あなたは私?
どのモニタを検討中なんですかね?参考にしたいです。(ってもう見てないか)
2台のPSPで何するんですか?(笑)

>bugさん
やっぱゲーマーの方にはまだまだパワーが必要ですか。
じゃあR600とか気になるのでは?
VistaになったらDirectX10になりますからbugさんの夢に一歩近づけるかもしれませんね。

投稿: あむんぜん(管理人) | 2007年1月 9日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/4801637

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaを批判する記事を批判してみる記事:

» ガンダム無双! [注目ゲームソフト「ガンダム無双」について]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。毎日を常にエンジョイ!を心がけているtenpersonと申します。記事に「ゲーム」に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。注目のゲームソフト【ガンダム無双】についてご紹介しているブログです。今後どんどん情報を集めていきますので、ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませんので、どうぞ宜しくお願い致... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 05時39分

» マイクロソフトの最新製品 『Windows Vista』 が、1月30日に発売決定! [パソコン活用事典]
マイクロソフトの最新製品 『Windows Vista』、 『Office 20... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 21時01分

» 「ガンダム無双」夢のコラボ! [テンコモリウェブ]
「ガンダム無双」夢のコラボ!プレイステーション3用のソフト、タクティカルアクションゲーム「ガンダム無双」には、「武者ガンダム」が登場。バンダイナムコゲームスの「ガンダム」と、コーエーの「無双」がコラボした本作「ガンダム無双」は、かつてない爽快なガ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 02時26分

» マイクロソフト ビスタ [マイクロソフト ビスタ]
マイクロソフトのビスタが欲しい。欲しくて欲しくてたまらない今日この頃です。なぜそう思うのか。やっぱりあの六本木の広告のせいだろうか。。。あのチョーお金がかかってそうなプロモーション。とにかくすごいですよね。でも回りの声とか...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 03時17分

» Vistaのセキュリティ [無料オンラインゲームの紹介ブログ]
この前電気屋でVistaを見たがVista Home Basicの売り文句は「セキュリティ機能の強化」らしい。Windows Aeroが使えない以上他にあまり売りが無いからそれにしたんだろうけど誤解する人も多そうだ。セキュリティ強化というとウイルス対策を思い浮かべる人が多いと思うがVista...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 22時58分

» レディブースト -Windows Vistaの新機能- [レディブースト -Windows Vistaの新機能-]
レディブーストとは? -Windows Vistaの新機能- [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 10時53分

» 新春オススメPC! [♪楽天で楽々お買い物♪]
Windows Vistaが発売されたことで、この春に新しいパソコンを買い換える方が多いのではないでしょうか。OSが出ただけで、なんで新しいパソコンを買う必要があるの?と思う方がいらっしゃるでしょう。なんで?そのわけは、最新のOSであるWindows Vistaというものは、美しい視覚効果を出すために透過ウィンドウ、フリップ3DなどのWindows Aeroというユーザーインターフェイスを使用しています。それに加え、さまざまな機能が便利になりユーザーにとっては非常に使い心地が...... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 12時17分

« ATIの次世代GPU「R600」の非公式ベンチで驚きの結果が! | トップページ | 忙しい・・・けどCESが始まってる »