« なんかメーカーPCで統計とか取ってみたら面白そうじゃない? in 春モデル | トップページ | Core 2 Duo E4300発売 FSB 800MHzの廉価モデル »

2007年1月18日 (木)

白くて円くて小さいPC 「VGX-TP1」

さて、少し間が空いてしまいましたが、今日はあの”丸VAIO”こと「VGX-TP1」を紹介します。

「VGX-TP1」(以下TP1)はSonyがVAIOの春モデルとして立ち上げた新モデル。
TP1はリビングの大型液晶テレビと接続することを前提とした設計で、大画面でPC内のコンテンツを視聴したり、テレビを録画したり、ネットに接続したりといった、いわゆるホームエンターテインメントの中核となるPCです。

Tp1_1_2
これまでにも似たようなコンセプトのPCはいくつか登場していますが、設計が中途半端だったり、リビングに置くにはデザインが酷いものばかりでした。
しかしTP1は徹底的に上記のような利用スタイルに特化したコダワリの設計となっていて、Sonyの本気を感じさせてくれます。

まずそのデザイン。
丸くて白くて小さい、それでいてどこかメカニカルという非常にユニークな筐体は男女を問わず魅力的なデザインで、リビングのTVの脇に置いても邪魔になりません。
背面ケーブルが目立たないようなカバーが付属したり、狭い空間に設置しても干渉しないスライド式の前面パネルを採用するなど、細部まで気を配っています。

To1_2 Tp1_3_1
美観を損ねがちなケーブル周りもTVとの接続にHDMIを採用することでケーブル一本でTVと接続が完了。あとは電源ケーブルを繋げばもう使えるようになります。
接続の仕方や取り回しに気を遣う必要はありません。
ディスプレイ接続にHDMIを使うというのはTVとの接続を前提としているからこそ可能な手法ですね。もちろんHDMI→DVI変換ケーブルも付属するので、PCモニタに繋ぎたいユーザーもご安心ください。

また、機能面も充実の仕上がり。
標準でアナログTVチューナーを内蔵しているのでテレビ録画OK。
無論リモコンが付属し、プリインストールソフト「VAIO Video Explorer」を利用してHDDレコ専用機にはないリッチなGUIと豊富な機能を楽しめます。
具体的には番組内のテロップだけ「テロップ再生」、重要シーンだけ見られる「ダイジェスト再生」、CMで登場した商品やBGMのWebサイトにジャンプできる「Webリンク」機能などが使えるそうです。
もちろんOSに標準搭載の「Windows Media Center」も大画面で利用可能です。

気になる地デジ録画については同時発売の外付けチューナー「VGX-DT1」(以下DT1)を使用することで対応。(TP1にはDT1同梱モデルもあり)
DT1はTP1にあわせた白くて丸い筐体で、TP1の上に重ねて使用できます。
DT1と専用ソフト「VAIO Digital TV」を組み合わせることでTP1での地デジの録画・再生を実現しています。

Dt1_1
ちなみにDT1はD3映像出力を搭載し、それ単体で地デジチューナーとして利用できるほか、TP1以外のPCでも「VAIO Digital TV」をインストールすることで地デジが利用可能になります。
サラッと書いてますけどこれって結構すごいことですよ?


TP1はPCとしてのスペックもなかなかのもの。
CPUにCore 2 Duo T5500 (1.66GHz Meromコア)、チップセットはIntel 945GM、1GBメモリ(512MB×2)、2層対応DVDスーパーマルチドライブ、160GB HDD(DT1同梱モデルは500GB)
ネットワークは100BASE-T有線LANと11b/g対応無線LAN
インターフェースはHDMI、VGA、光音声、USB 2.0×4、IEEE1394。
メモリースティック、SDメモリ対応カードリーダー内蔵。
リモコン、タッチパッド付きワイヤレスキーボード付属。
もちろんOSはVista Home Premium。

これだけいろいろ詰まっても筐体サイズは直径270mm、高さ91mmと驚愕のサイズ。
内部アーキテクチャが非常に気になります。
(六角形の基盤を搭載してるらしい。)

気になる消費電力は・・・わずか26W。 尋常じゃありません。
一見ファンレスっぽいデザインですが、一応ファンが回ってるらしいです。
26Wならかなり静かだと思いますが。


こんだけスタイリッシュ、機能満載、マジックアーキテクチャで予想実売価格は13万円前後だそうです。結構お買い得じゃないでしょうか。
ちなみにDT1は予想実売価格が5万円前後。外付け地デジチューナとしては高価な部類ですが、PCとの連携機能などを考えればけして高くないと思います。
発売日は”近日発売”だそうです。

ちなみにソニー直販限定でパーツ構成を変更できる「VAIO オーナーメイド」も可能です。
あの筐体ではHDDの交換は難しそうなのであらかじめ大容量HDDにカスタムしておくのがオススメですよ。
Sony Style(ソニースタイル)


個人的には地デジ標準対応、1TBHDD、2GBメモリ、BDドライブ内臓、11n無線LAN対応、デュアルHDMI、Bluetooth対応、SideShow対応リモコン付属の”Ultra TP1”みたいなのが欲しいです。Sonyさんよろしくお願いします。

まぁそんな不可能な希望は置いといて・・・どうする?TP1欲しいぞ?
ちょうど自由に使えるお金が13万くらいある・・・うちには32型アクオスもあるし・・・
でもノートPCも欲しいよな・・・アクオスのHDMIポートはPS3が使ってるしな・・・
どうする?どうすんのオレ!!

Sony Style(ソニースタイル)
Sony Style(ソニースタイル)
Sony Style(ソニースタイル)
Sony Style(ソニースタイル)
Sony Style(ソニースタイル)

◎関連リンク
VAIOホームページ(Sony)→
VAIOの新提案はHDMI搭載の円筒形リビングPC(ITMedia)→

もう1つの円いVAIOは3波デジタル放送をLANで配信(ITMedia)→
VAIO新展開。PC録画対応地デジチューナなどをチェック(AV Watch)→
ソニー、HDMIを搭載した円形デスクトップPC「VGX-TP1」(PC Watch)→

|

« なんかメーカーPCで統計とか取ってみたら面白そうじゃない? in 春モデル | トップページ | Core 2 Duo E4300発売 FSB 800MHzの廉価モデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/4983458

この記事へのトラックバック一覧です: 白くて円くて小さいPC 「VGX-TP1」:

« なんかメーカーPCで統計とか取ってみたら面白そうじゃない? in 春モデル | トップページ | Core 2 Duo E4300発売 FSB 800MHzの廉価モデル »