« ひたすら広告を貼り付けてみる | トップページ | Windows Vistaの価格発表!キャンペーンも続々開始 »

2006年10月26日 (木)

ブラウザ戦争再燃か、「Firefox 2.0」が公開

近年急速にシェアを高めているWebブラウザ「Firefox」のメジャーバージョンアップとなる「Firefox 2.0」が公開されました。

「Firefox」v2.0 日本語版が公開(窓の杜)→
Firefox 2.0配布ページ(Mozila Japan)→

私はずっと「Internet Explorer」(以下IE)派で、Firefoxはほとんど使ったことないのでどこが変わったとかそういうことは分からないのですが、ちょっと使ってみた感じはなかなか好感触。

Firefox

特に気に入ったのが「RSSフィード」の機能。ニュースサイトなどの更新情報を表示してくれる機能です。
IE7にも同様の機能があるのですが、見たいときにボタンひとつでさっと更新情報を参照できるので、Forefoxのほうが個人的には好みです。

ブラウザの主流になりつつあるタブブラウジング機能もFirefoxのほうが使い勝手がいい。
IE7のほうはデザイン重視でかっこいいのですが、実用性はFirefoxのほうが上でしょう。

インターフェースは簡素ですが、最低限必要なものは抑えています。従来のIE6に近いボタン配置なのでなじみがあります。
個人的にはブックマークの表示方式が好みでないですが。

重要ポイントのサイトが表示されるまでの時間ですが、サイト構造にもよるのでしょうがほとんどの場合IE7のほうが高速に思えます。


RSSフィード機能だけでもFirefoxへ乗り換える価値があると思いました。
しかしインターフェースなど個人的な好みに合わない部分もあるのでしばらくはやっぱりIEを使い続けますが。
これまでずっとIEしか使ったことのない方はぜひ一度Firefoxも試してみることをおすすめしますよ。

ちなみにIE7とは「Internet Explorer 7」のことで、先日Microsoftより正式にリリースされた最新ブラウザです。
日本語版もまもなく公開される予定です。

それと親サイトの「自作PC作成・最新情報ガイド」もFirefox 2.0で正確に表示されることを確認しました。
書いてはいませんがIE7でも確認しています。

Getfirefox_large2

|

« ひたすら広告を貼り付けてみる | トップページ | Windows Vistaの価格発表!キャンペーンも続々開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/3955980

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザ戦争再燃か、「Firefox 2.0」が公開:

« ひたすら広告を貼り付けてみる | トップページ | Windows Vistaの価格発表!キャンペーンも続々開始 »