« Vistaの画像を大量アップ | トップページ | NVIDIA、ハイコストパフォーマンスの「GeForce 7950GT/7900GS」 »

2006年9月 7日 (木)

Vista RC1が登録ユーザー向けに公開!

Microsoftは「Windows Vista」の製品候補第1版、通称「RC1」をテストプログラム登録ユーザー向けに公開しました。
現在は登録者のみで、新規参加はできませんが、数週間以内に新規登録を受け付ける予定になっているようです。

Windows Vista サイト(Microsoft)→
Windows Vista ダウンロードURL→
Windows Vista Wiki→
OS関連最新情報→

Winvista_01    Vistarc1ver_1

製品候補版(Release Candidate)とはこれまでの試験的意味合いの強かったベータ版とは異なり、ほとんどの仕様を確定させ、実際の製品にかなり近い仕様となったテスト版で、製品化に向けた細かいバグチェックなどの最終調整を行うものです。
実際このRC1(ビルド5600)は以前のベータ版に比べると安定性や互換性が段違いで、ある程度PCのトラブルに対処する力のある方であれば常用環境にもできるでしょう。

ただし、製品候補版といってもまだ不安定な部分や互換性問題などが散見するので、それ相応のリスクを伴うことを自覚し、自己責任においてお使いください。
また、Windows Vistaのフル機能を使うにはかなりの性能がPCに求められています。一昔前のPCでは動作しないでしょう。その点も確認しておくべきですね。

ちなみに私はすでにこのRC1をメインPCにインストールし、常用環境として使う構成を整えました。
今後大きな問題がなければVista発売までこの環境で過ごそうと思っています。
雑感としては、
安定性はベータに比べ段違い、インストール時も高度なGUIが使えるのでWinXPに比べてずっと簡単です。
デバイスドライバも充実していますね。
Pre-RC1(ビルド5536)と比べても動作が軽快になっていて、着実な進歩が実感できます。

Pre-RC1の記事でも書きましたが、プログラム互換性についてはもう一歩です。私の環境では、
DaemonTools 4.03』、『DonutP』、『ホームページビルダー10』、『紙copi Lite』、の4ソフトはインストール不可、もしくは動作不安定などの問題を確認しました。(いずれも私がよく使うソフトです)
ソフトの互換性問題についてはWikiページで有志の方々がリストを作っていますので参考になるかと思います。

今後RC1の詳細レポートもできたらいいなと思っています。(実現するかはかなり不透明・・・)


『Windows Vista』の開発もいよいよ最終段階に入りました。発売が楽しみです。(発売日は来年1月30日か?)
もあるようですが、どんなに批判があろうとWindowsがPCの世界で事実上の標準OSになっていることは疑いようのない事実です。良くも悪くも私たちの社会はWindows抜きでは動かなくなっているのです。

それだけにMicosoftに寄せられる期待は大きく、少しでもその期待から外れたときの失望も大きいものです。
実際、一部ではMacOSXのパクリだとか動作条件が厳しいとかパッシングも多いようです。
ITの巨人Microsoftにはその立場に驕ることなく、誰もが欲しがるような真に良いものを作り上げてほしいですね。
私は期待していますよMicrosoftさん!

|

« Vistaの画像を大量アップ | トップページ | NVIDIA、ハイコストパフォーマンスの「GeForce 7950GT/7900GS」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/3350403

この記事へのトラックバック一覧です: Vista RC1が登録ユーザー向けに公開!:

« Vistaの画像を大量アップ | トップページ | NVIDIA、ハイコストパフォーマンスの「GeForce 7950GT/7900GS」 »