« IntelがPentiumブランドを継続 | トップページ | ウォークマン買えなかったー »

2006年9月22日 (金)

PS3が仕様・価格改定、性能アップで5万を切った!

千葉県の幕張メッセで開かれている「東京ゲームショウ2006」。
初日のビジネスデイの22日、ソニーコンピュータエンターテインメント(SCEJ)社長の久夛良木健氏が基調講演とその後のトークセッションでPlyastation3の下位モデルの仕様変更と価格改定を発表しました。
改定後の価格は49980円(税込)です。

PLAYSTATION 3 20GB HDDモデルは49,980円(AV Watch)→
PS3値下げの本当の理由は、ビジネスモデルの変更か?(AV Watch)→
PLAYSTATION 3 49,980円が意味するSCEの戦略転換(PC Watch)→
Plyastation3オフィシャルサイト(SCEJ)→


「Plyastation3」は今年11月11日に国内で発売される次世代エンターテインメントシステム。
Cell」プロセッサやBlu-Ray Discの採用など画期的な設計が話題を呼んでいます。

発表当初は下位モデルの20GB HDD搭載モデルの価格が62790円としていましたが、今回49980円に値下げすることを発表、国内各所から”高い”との批判をうけていたためと思われます。

また、仕様面でも変更があり、当初下位モデルには「HDMI」端子は非搭載となっていましたが、HDMIの急速な普及から下位モデルにもHDMI端子が搭載されることになりました。

20GBモデル 60GBモデル
Ps320gb Ps360gb
HDMI 1系統(Ver.1.3)
無線LAN オプション
カードリーダー オプション
価格(国内) 49980円 オープン

いきなり2万円以上の値下げは驚きですね。ハード価格だけでは完全に赤字でしょう。
その赤字分はソフト側で埋めるつもりのようで、PS3ソフトの通常価格は1万円弱になるそうです。
しかし、それでもソニーのこの判断は間違いではないと思います。このままの価格、仕様で発売すれば大ゴケすることは素人にもわかるような状態でしたから。

私は今回の発表で注目すべき点は”値下げ”ではなく”HDMI追加”のほうだと思います。
以前の記事でもちょっと書きましたが、少しでもAV機器に対する知識がある方であればHDMIの有無が非常に大きな違いであることはすぐに分かります。
ですので、実質的には購入時の選択肢などはなく、自動的に上位モデルを買わざるを得ないという状況でした。
しかし、今回の仕様変更によりカードリーダーや無線LANの要らない人は下位モデルを、フル機能でガシガシ使いたいという人は上位モデルを選ぶことができるようになったわけです。


また、業界ではこの価格改定はSCEIのPS3での戦略の転換を表している、との見方もあります。
これまでSCEJはPS3を”ゲーム機”というより”コンピュータ”という位置付けにしていたが、これからはやや”ゲーム機”としての位置付けにシフトしているというものです。
この戦略の変更はPS3を”ゲーム機”として見ていた人にとっては大した影響を与えませんが、”コンピュータ”であると認識していた(PS3の本質を理解し、期待していた)人にとっては非常にショッキングなことです。
(ここではその”本質”については詳しく触れません。興味のある方は後藤弘茂氏の記事などが参考になると思います)


とにかく今回の発表でPS3への購買欲がぐっと高まりましたね。やっぱ欲しいな~。
5万なら何とか・・・・でもWiiも欲しいし・・

----------------------------------------------------------
明日はソニーの新ウォークマンが発売です。当初15日の予定でしたが23日に延期になっていました。
もちろん買います。家に戻ったらすぐにノジマへ飛んでいくつもりです。
でも明日は帰りが遅くなりそうなので・・・ダメかも。

Sony Style(ソニースタイル)

|

« IntelがPentiumブランドを継続 | トップページ | ウォークマン買えなかったー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/3544408

この記事へのトラックバック一覧です: PS3が仕様・価格改定、性能アップで5万を切った!:

« IntelがPentiumブランドを継続 | トップページ | ウォークマン買えなかったー »