« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

カッコイイ!ソニーの新型ウォークマン「Sシリーズ」

ソニーが発表した新しいウォークマン、「NW-S203F」。
一目見た時に思わず「かっこいい!」と口走ってしまいました。(ホントに)
これなら独走状態のiPodにも勝てる!
今日はちょっとPCネタから脱線してこの「NW-S203F」を熱烈アピールします。

これが「NW-S203F」。アルミを使用したこの金属感むき出しの質感、すらっとした細身なデザインながら無骨さも感じさせます。
カッコイイ!

基本コンセプトは「スタイリッシュなスポーツモデル」。
アウトドアでの仕様を想定した作りになっていて、ボディはアルミを使用し、汗や水滴がついても問題ない防滴仕様。
金属を使用しながらも約26gと軽量。
カロリー消費量・歩数・距離の計測が出来るカウンター機能やストップウォッチ機能搭載。
3分の充電で3時間再生可能という高性能バッテリーも搭載。
ソニー独自の操作系”ジョグシャトル”。

このように機能も多彩でとにかくかっこいい「NW-S203F」。私的にはiPodなんか目じゃないと思います。

発売日は9月15日です。価格は1GBモデルが15000円で、ソニースタイル限定の2GBモデルが20000円。
ソニースタイルで先行予約受付中です。
絶対買いです。私もたぶん買います!

ソニースタイル
Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

[速報]秋葉原で突然Meromが発売!?

秋葉原で予想外に早く”Merom”ことモバイル版「Core 2 Duo」の単体BOXが発売したようです。

情報元(ASCII24)→
Merom詳細→

今回発売されたCore 2 Duoは下記の4モデル
Core 2 Duo T7600 (2.33GHz/L2 4MB)
Core 2 Duo T7400 (2.16GHz/L2 4MB)
Core 2 Duo T7200 (2.00GHz/L2 4MB)
Core 2 Duo T5600 (1.83GHz/L2 2MB)

TSUKUMO eXとソフマップ、ブレスで販売しているようですが、各店とも入荷量は極少数、次回入荷未定とのことで1回限りのフライング販売みたいなものじゃないでしょうか?
TSUKUMO eXとソフマップは朝から販売しているのでもう無いかもしれませんが、ブレスは夕刻からの販売らしいので一早くMeromが欲しい方は秋葉原に走ってみては?

Meromこと「Core 2 Duo」は先に販売が開始されたデスクトップ版Core 2 Duoと基本的な仕様は同じ。
ただしFSBが667MHzに、TDPが34Wになっていて、低消費電力のモバイル向けCPUになっています。
また、ソケットはCore Duo/Soloとピン互換で、対応チップセットは「945GM」チップセットなのでCore Duo/Solo対応のマザーがそのまま使用可能になっています(BIOSアップデート等が必要になる場合もあり)。

Merom搭載PCはすでに13のメーカーから製品が発表されています。(詳細→

私はCPU単体発売は9月か10月になると思ってましたから8月中の発売は驚きですね。
まあ本格的な販売開始はもうしばらく後になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米AmazonでWindows Vistaの予約が開始

昨日もVistaの話でしたが、今日もVista。
米の大手ショッピングサイト「Amazon.com」でWindows Vistaの通常版、アップグレード版の予約が始まったようです。
Amazonでは販売開始日を1月30日だとしています。
This item will be released on January 30, 2007.

情報元(MYCOM)→
Amazon.com→
Microsoft→
Windows Vista詳細→

また、Vistaの予定価格については昨日の記事で流出情報を書きましたが、Amazonでの予約価格は昨日のそれより軒並み安い価格になっています。
だいたい10~50米ドルくらいの差があります。

各エディションの予約価格は、表のとおり

エディション(通常) 価格(米ドル) 日本円換算
(1ドル117円換算)
Home Basic 199ドル 23283円
Home Premium 239ドル 27963円
Business 299ドル 34983円
Ultimate 399ドル 46683円
エディション(アップグレード版)
Home Basic 99.95ドル 11694円
Home Premium 159ドル 18603円
Business 199ドル 23283円
Ultimate 259ドル 30303円

まだMicrosoftからの公式発表はないのでこの価格がVistaの正式な価格になるのか、本当に1月30日に発売なのかは不明です。
日本では異なる可能性もありますしね。

カナダで流出した価格情報と大きく食い違うのも変ですね。
流出情報が間違っているのか、カナダでは異常に高いのか、予約のみ特別価格なのか。
なんにせよ安い分には構いませんけどね^^

ちなみに、一応日本のAmazonも確認しましたが日本ではまだ予約受付してませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カナダでVistaの価格情報が流出!Ultimateは5万超か

カナダMicrosoftから次期Windowsこと「Windows Vista」の価格情報が流出したそうです。

情報元(JapanCNET)→
Windows Vista情報(Microsoft)→
Windows Vista詳細→

Microsoftがカナダのホームページに誤って短時間ながらVistaの価格情報を記載してしまい、それをブロガーのEd Bott氏が発見したようです。
誤記に気づいたMicrosoftはすぐにこの内容を削除したようで、現在は価格情報は記載されていません。

この情報によると日本で売れ筋になると思われる「Home Premium」エディションは299カナダドル(約3.2万円)で、XP Homeよりも少し高い価格設定になっています。
Vistaのフル機能を搭載した「Ultimate」エディションは499カナダドル(約5.3万円)とかなり高い価格設定になっているようです。

全エディションの価格は下記のとおり。

エディション(通常) 価格(カナダドル) 日本円換算
(1ドル106円で換算)
Home Basic 233ドル 24698円
Home Premium 299ドル 31694円
Business 379ドル 40174円
Ultimate 499ドル 52894円
エディション(アップグレード版)
Home Basic 129ドル 13674円
Home Premium 199ドル 21094円
Business 249ドル 26394円
Ultimate 299ドル 31694円

ただしこれは正式な価格ではなくカナダでの予定価格であり、日本を含め他国では異なる可能性があるので注意してください。

けっこう高めの価格設定ですよね。
Ultimateが5万か・・・ムリ。
ただ、これは通常のパッケージ版の値段です。実際に自作ユーザーが購入する時はパーツとセット販売のDSP版を購入することになるでしょうから通常版の半額くらいの値段になると思われます。
自作ユーザーでなくてもアップグレード版なら結構安いのでこっちもねい目でしょうね。

ちなみにVistaは現在Beta2が配布中ですが、まもなく9月中にはRC1と呼ばれるリリース候補版が登場する予定です。ここでVistaの仕様はほぼ確定。
その後最終バグチェック等を行って実際の発売となります。

私もRCテストには参加したい・・・のですが、Beta2の時のようにすぐやめちゃうかもしれませんね。
実はVistaベータに積極的でない最大の理由は以前ここでも紹介した「紙copi Lite」が使えないからなんです。
これが使えないと情報収集できない→サイト更新できないので。
早くIE7に対応してくださいよ紙copiさん。

ところでついさっきからInternet Explorerで一部のサイトにアクセスすると強制終了しちゃうんすけど。
なんで?バグ?でも夕方まで使えてたし。
ウイルスか!? セキュリティソフト反応してないんだけど・・・
だれか詳しい人助けてくださ~い

[追記] すいません。再起動したら直りました。みなさんもトラブったときは落ち着いて行動しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

もう一つのCore 2 Duo、”Merom”の公開が解禁!

Intelのモバイル向け新世代CPU、開発コード”Merom”こと「Core 2 Duo」の公開が解禁された模様です。
各社からMerom搭載PCが多数発表されました。

情報元(PC Watch)→
情報元2(ASCII24)→
情報元3(Akiba PC Hotline)→
Merom詳細→


Merom搭載ノートPCを発表したのは確認しているだけで下記の13社。
ヒューレット・パッカード
エプソン
NEC
ソニー
東芝
富士通
ソーテック
フェイス
アロシステム

マウスコンピュータ
九十九電機
TWOTOP
ドスパラ
各社とも17型ワイドなどのハイエンドノートPCが多いようです。
(アロシステムや、マウスコンピュータでは12型クラスのモデルも発表しています。)
少し消費電力が上がった影響でしょうね。
バッテリー駆動時間も2~3時間が多く、モバイル向きのノートはまだ無いです。

Core 2 Duoクラスの性能ならノートでも十分重い処理が楽しめることでしょう。
デスクトップ代替ノートを狙っている方は選択肢の一つとして検討の価値があるでしょう。

ただし、来年中ごろまで待てるのなら待つのもアリです。
というのも、来年には新モバイル向けチップセット「Crestine」(クレスティーン)が登場し、Santa Rosaプラットフォームと呼ばれる構成のノートPCが登場するからです。
こちらのSanta RosaならWindows Vistaにも対応し、大幅性能UPが期待できます。

また自作PCユーザーにもMeromはCPU選択肢の一つとなり得るでしょう。
早速秋葉原ではMeromをデスクトップPCに組み込んだデモ展示が行われているようです。詳細→
実際のCPU単体販売は9月~10月になるようですので、それまで気長に待ちましょう。
対応マザーもまだ出ていませんが、Core Duo/Soloに対応したマザーであれば基本的に対応できるはずです。
最近ではモバイルCPUでも手軽に自作出来るようになっていますから、Meromを使って高性能、低消費電力を狙ってみてはいかがですか?
(もちろん「Crestine」を待つのもアリですが。)

なんか今日の記事の文章イマイチだな・・・(いつも上に)
近頃プラモデル製作が忙しくてあまりPCに触れてないから勘が鈍ったかな


[追記 8/30]
新モデル発表にあわせエプソンNEC富士通ソニー東芝を新たに追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

IntelがCore2でベンチマーク大会開催。賞品はクァッドコアCPU!

IntelがCore 2 Duo/Core 2 Extream限定のベンチマークコンテストを開催しています。
期間は8月25日12:00から10月31日23時59分まで。

Intel_contest_1

このベンチマクコンテストはCPUをCore2シリーズに限定し、スクウェアエニックスの「FINAL FANTASY XI for Windows オフィシャルベンチマークソフト」の高解像度モードでのスコアを競うもの。FFベンチダウンロード

使うパーツやオーバークロックの使用などに制限のない「アドバンスクラス」と、市販パーツの定格動作のみの「スタンダードクラス」の2クラスがあります。

各クラスの1~3位と10位、20位に賞品が用意され、1位にはIntelが今年中に発売予定のクァッドコアCPU「Kentsfield」(ケンツフィールド)の購入に使用できる商品券10万円分が贈られます。うらやましい。Kentsfield詳細

Intelの特設サイトから誰でも応募可能で、応募の際にはベンチマークスコアを写した画像と、CPU-Zなどのソフトを使用したCPUがCore2であることを証明する画像の2つを用意する必要があります。
これらを用意した上で、こちらのメールアドレスへ必要事項を記入し、画像を添付して送るとエントリー完了です。

Ffbench Cpuz
エントリーに必要な2枚の画像

IntelもCore2を普及させるのに躍起ですね。
しかし、メーカーで積極的にこういうイベントを開催してくれるとユーザーとしては楽しいのでいいと思います。
一応私もエントリーしておきましたが、別に入賞を狙ってるわけでなく、抽選で当たるTシャツ狙いですね(笑)。ちなみにスコアは”5949”です。
まあそこらの素人ユーザーでは500%入賞は不可能
本気で入賞を狙うならCore 2 Extreamは必須で、他のパーツも最上級でまとめる必要があります。
自信のある方は入賞目指して挑戦してみてください。自信のない方もTシャツが当たるかもしれませんのでエントリーしとくといいでしょう。

情報元(PC Watch)→
Intel特設サイト→
FFベンチダウンロード→
CPU-Zダウンロード→
Kentsfield詳細情報→
Core 2 Duo E6300ベンチ特集→

◎通販情報
Core 2 Duo Eシリーズ
[TSUKUMO] [クレバリー] [ドスパラ] [TWO-TOP] [Faith]
Core 2 Duo Extream
[TSUKUMO] [クレバリー] [ドスパラ] [TWO-TOP] [Faith]
Core 2 Duo対応マザーボード
[TSUKUMO] [クレバリー] [ドスパラ] [TWO-TOP]
Core 2 Duo搭載PC
[TSUKUMO] [クレバリー] [ドスパラ] [Faith] [TWO-TOP] [DELL]

[修正 8/26 13:30]
画像が正しく表示されていませんでしたので修正いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月23日 (水)

GDDR4メモリのRADEON X1950XTXが発表!ミドル、ローエンドの新モデルも

ATIは同社の新しいハイエンド向けGPU「RADEON X1950XTX」とミドルレンジモデル「RADEON X1650PRO」、ローエンド向けの「RADEON X1300XT」の3モデルを発表しました。
実際の発売は9月中旬になるようです。

情報元(PC Watch)→
グラフィックボード最新情報→

RADEON X1950XTXには新規格メモリの「GDDR4 メモリ」512MBを初採用したハイエンド向けモデル。
新規格メモリを使うことでメモリクロックがX1900XTXの1.55GHzから2.0GHzへと大幅に向上しています。
ただしコアクロックは650MHzでX1900XTXと同じなのが残念。

その他の仕様はほぼX1900シリーズを踏襲し、48基のピクセルシェーダに8基のバーテックスシェーダを搭載しているほか、
X1000シリーズ共通機能である画質向上、動画再生支援などの機能「AVIVO」や、2枚挿し技術「CrossFire」にも対応しています。
冷却システムは2スロット占有型で大型ですが、騒音は以前のものより抑えられているとのこと。
性能はCrossFire構成時にX1900XT(CrossFire構成)に比べ10%程度の性能向上としています。

RADEON X1650PRO、同X1300XTは共に12ピクセルシェーダ、5バーテックスシェーダを搭載しメモリはDDR/DDR2/GDDR3のいずれか。
X1650PROはコア600MHz/メモリ1.4GHzで、X1300XTはコア500MHz/メモリ800MHz。
こちらもAVIVOやCrossFireに対応しています。

X1950XTXはどうでしょうかね~
メモリの性能向上分がどれほどか分かりませんがコアクロックは変わってませんから、それほど性能は上がっていないような気がしますが・・・
X1650PROやX1300XTも別に新機能があるわけでもないですから。
今はNVIDIAの方にいくらかのアドバンテージがありそうです。(性能も人気も)
ショップでも今はGeForceばかり売れるらしいですし。
統合シェーダ採用の次世代GPU「R600」に期待ですかね。
(R600についてはこちら参照)

[修正 8/24 1:00]
当初発表されたミドルレンジGPUを「RADEON X1600PRO」としていましたが、正しくは「RADEON X1650PRO」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

Core2 Duo対応、G965搭載のIntel純正マザーが発売

「Intel G965 Express」チップセットを搭載したマザーボード「DG965RY」、「DG965SS」がIntelから発売したようです。

情報元(Akiba PC Hotline)→
G965チップセット詳細→

DG965RY、DG965SSはIntel純正でチップセットにG965/ICH8を搭載のマザーで、DG965RYがATX版、DG965SSがMicroATX版。
対応CPUはCore 2 DuoとPentium各種。Core 2 Extreamには対応していないので注意が必要です。
メモリはDDR2 800/667/533に対応しています。
その他にDG965RYはPCI Expressx16×1、PCI Expressx1×3、PCI×3、SATA×4、IDE×1を、
DG965SSはPCI Expressx16×1、PCI Expressx1×1、PCI×2、SATA×4、IDE×1を搭載。
基本的に両モデルは同じチップを搭載しているため規格サイズとスロット数以外に違いはないようです。

また、G965に搭載の内臓グラフィック「Intel GMA X3000」はDirectX10に対応した初のGPUで、Windows Vistaに対応し、内臓グラフィックとしてはかなりの性能をもっていることも注目ですね。
さずがに最新3Dゲームは苦しいでしょうが、ちょっとしたゲームなら十分楽しめそうです。
動画再生支援などのマルチメディア強化もされてます。
(詳細は上のリンクを参照のこと)

DG965RYの強さは価格。なんと15000円前後の実勢価格でCore2対応マザーとしては最安の部類に入ります。
G965の需要もあるので売れ線マザーになる予感。

DG965SSは16000円ほどの低価格も強みですがそれだけでなくMicroATX規格というのがポイント。
Core2対応でMicroATXのマザーはまだ数えるほどしかなく、ネット上でも発売が待望されていました。かなり売れますね。きっと。

両製品で残念な点はサウスブリッジにICH8を搭載している点。
SATAのHDDをネイティブで使えないのがもどかしいです。
あとIntel純正マザーですのでオーバークロックはほぼ不可能と思われます。
パワーユーザーには向いていません。
Core 2 Extream未対応はそれほど致命的ではないですね。10万もするCPUを使えるユーザーはそう多くないでしょう?
今後BIOSアップデートで対応する可能性もありますし。

こんな感じでけっこう注目株なマザーです。Core2の供給量もだいぶ潤沢になってきましたから、そろそろCore2の第2次買い時かも?(第1次は発売時)

◎通販情報
DG965RY
[Faith] [TWOTOP] [クレバリー]
DG965SS
[Faith] [TWOTOP] [クレバリー]
Core 2 Duo
[TSUKUMO] [Faith] [TWOTOP] [クレバリー]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

おすすめソフト紹介:「紙copi Lite」

帰省から帰って(?)きました。駒ケ岳きれいでした。
別に書きたいニュースもないので私が普段愛用しているソフトでも紹介したいと思います。

1回目はWebサイトの内容を簡単に保存、整理できるスクラップブックソフト、「紙copi Lite」です。

例えば、ニュースサイトやブログなどで注目の記事があるけど、後でゆっくり読みたいような時、あなたはどうしますか?
お気に入りに登録したり、ファイルに保存したりしていますか?
しかし数が溜まってしまったり、収集したいときはそれでは不便です。
そこで紙copi Lite。
これを使えば新聞のスクラップブックなどのようにジャンル別や重要度別に記事を分けて保存しておけるんです。
Webページをそのまま取り込めるので、画像なども残しておけます。

私はこのソフトで普段PC系ニュースサイトの記事を収集し、サイトを作る時に読み返したりしています。
わざわざブラウザを立ち上げてリンクを辿っていく必要がないのですぐに作業を始めることができるし、Web上で削除されていた時も安心です。
Webページだけでなくテキストを保存してネタ帳にしたりTo Doリストにすることも出来るでしょう。
操作系も簡単で直感的に使えるのも良いところ。

使い方はとても簡単。
保存したいページで右クリックして「紙に取り込む」を選択するだけ。
自動的にタイトルや日付、リンク元も入れてくれます。
重要な部分にはマーカーで色をつけることも可能(テキストのみ)
ジャンル別に分けるときは「箱」を複数作って分けると便利です。

とても便利で多用途に応用可能な「紙copi Lite」はフリーソフト(要登録)です。ぜひ一度試してみてください。
なお、さらに細かい分類やページ編集機能などを持った多機能版「紙copi」
も有料で提供されています。

Kamicopi
これが紙copi Liteの画面。
重要部分に色をつけたりできる。

提供元(ユミルリンク)→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

お盆ですね、疲れますね。

今日から帰省で長野に行ってきます。
車で5,6時間、混んでなきゃいいけどな~
あっちでは駒ケ岳に遊びに行く予定ですが・・・疲れそ。
最近体力がどんどん落ちて・・・

とにかくそういうわけで3,4日はHP更新はお休みです。(もともとあんまり更新してないけど。)
このブログはあっちからでも更新できるけど、情報収集とか難しいんでたぶん更新しないと思います。
自作PC作成・最新情報ガイドは完全に無理ですね。

ところでイギリスのテロ未遂のせいで海外旅行組は大変みたいですね。
液状物は完全に持ち込み禁止だとかいろいろと。

みんないつもテロとかBSEとか見つかってから急に騒ぎ出しますけど、むしろ見つかってからの方が安全じゃないか?と思うんですけどどうでしょう?
テロ犯だってわざわざ警備が厳重なときは狙わないでしょう・・きっと。
逆に音沙汰ないときの方が危ない!・・きっと。

BSE問題だってやっと輸入再開されましたけど「不安なんで当分様子見ます~」とかニュースで客が言ってたけどBSEって潜伏期間何年とか何十年だぞ?
何十年も様子見るんですか?ムリでしょ。
しかもアメリカ産はダメでオーストラリア産はOKなんて言う人もいるし。

・・・おっとつまらない話をしてしまいました。
それではまた数日後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

Core 2 Duo E6300のベンチマークを公開

やっとベンチマークがまとまりました。
みなさん自分のPCと比較などして参考にしてください。
なお、グラフなどを多用した詳細版のページも立てましたのでこちらも見てください。

core2ロゴ

ベンチマーク特設ページ→
参考:Core 2 Duo全方位ベンチマーク(MYCOM)→

それではベンチ結果を簡単に。

◎テスト環境
CPU:Core 2 Duo E6300
マザー:Intel DP965LT
GPU:RADEON X1600XT
メモリ:DDR2 533 512MB×2
HDD:Maxtor 6L250S0 (SATAHDDをIDEモードで使用)
OS:WinXP MCE

◎結果
PCMark05 : 4970
CrystalMark2004 : 85350
CineBench v9.5 CPU Score: 575
Superπ 104万桁: 31秒
3DMark05 : 5321
3DMark06 : 3041
FMO 1080x768 : 17509
FF11 High : 5511
UCBENCH : 4508
DivXエンコード ポータブル : 12.6fps
MPEG-4 ISO エンコード : 31.6fps

これだけ見てもなんだか分からないかもしれませんが、詳細版を見たり、自分のPCと比較される面白いと思います。
みなさんもベンチマークを取ってみてください。みなさんの結果報告も待ってます。

また、疑問、感想、要望などありましたらこの記事にコメントしていただくか、メールにてお送りください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月11日 (金)

AMD×ATIの次はGIGABYTE×ASUSだ!

日本ではマザーボードやグラフィックボードなどのPCパーツの大手ベンダーとして有名なGIGABYTEとASUSTekが、合弁会社を設立するらしいですね。

情報元(MYCOMジャーナル)→
GIGABYTE→
ASUSTek→

GIGABYTEからマザーボード部門とグラフィックボード部門が分離して、それとASUSが手を組むという形になるような感じですが、合弁といっても対等な形ではなくGIGABYTE側のプライオリティが高いようです。
この新会社はGIGABYTEの製品ブランドを引き継ぐらしいので。

ASUSの方も別にASUSのブランドがなくなるわけでもなく、これまでどおりの事業体制を継続する模様。

まあ、一般自作ユーザーに与える影響はそれほど大きくなさそうです。FOXCONNのGIGABYTE買収なんて噂もあったようですから、各ベンダーどうしの戦略的な難しい絡みがあるんでしょう。
記事タイトルはAMDのATI買収と絡めてみましたが、その影響力とか形態はまったく違いますね。
一応PC繋がりってことでお許しを。

(えー、Core 2 Duo E6300のベンチマーク計測に手間取っています。
今日中に公開できればいいですけど、無理かもしれません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

Intel Core 2 Duoを買いました!!

買っちゃいましたよ「Core 2 Duo」
衝動買いです。
秋葉原にサウンドボード買いに行ったんですが、気づいたらCore 2 Duo持ってました。

買ったのはCore 2 Duoの中では最下位モデルの「E6300」(1.86GHz)です。
本当はE6600が欲しかったんですがそんなにお金がないので妥協しました。
(デジカメが不調なので画像はまた今度)

買ったのは8月5日(発売日)ですがいろいろ忙しかったのとセットアップでかなりてこずったので今日までかかりました。
これから各種ベンチマークなど取りますので、後日ベンチ結果はアップしたいと思います。

まだベンチとか高負荷処理はやってないので全然速くなった気はしませんね。
動作音は少し静かになったかな?くらいです。
グラフィックボードがうるさいせいだと思いますが静穏化に期待してたのでちょっと残念です。

で、CPUと一緒にマザーボードも買ったんですがこれが大失敗・・・
衝動買いだったのでろくに調べずに一番安いIntel純正マザーを買ったのですが、このマザーが酷い仕様。
箱の裏にはSATAが使えるような記述があるくせにまったく使えず、グラフィックボードのブラケットがケースと干渉してモニタが接続できない(無理やり斜めに接続して解決)、BIOS設定画面が説明書と明らかに異なるなどさんざん苦労させられました。
しかも光音声出力がなかったのでサウンドボードもやっぱり購入しなきゃいけないし・・・(これは調べなかったのが悪いのですが)
みなさんマザーボードの選定・購入は慎重に行いましょう・・・

ちなみにCPUはTSUKUMO eX、マザーはT-ZONEで買いました。
CPUは24980円ですが、ポイントがついて実質23553円でした。
マザーは14980円のところをタイムセールで14082円。
一気に財布がすっからかんです・・・・

◎通販情報
Core 2 Duo
[TSUKUMO] [Faith] [TWO-TOP] [クレバリー]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

8月5日0:00よりCore 2 Duoの深夜販売が行われます

Intelの最新CPU「Core 2 Duo」が8月5日より販売解禁となります。
そのため秋葉原など各所のPCパーツショップで5日0:00よりの深夜販売が行われます。
予約分を逃してしまった!という方でも早いうちから並べば購入できると思われるので、誰よりも早くCore 2 Duoが欲しい方並んでみては?
なお、現段階ではE6300(1.86GHz)とE6600(2.40GHz)に人気が集中すると予想されています。

下記が深夜販売を予定しているショップの一覧です。

ドスパラ秋葉原店本店(8月5日0:00より販売開始、DS Liteなどが当たるくじ引きあり、5日10:00からの早朝販売もあり)
ドスパラアキバ店(5日0:01より販売、E6700/E6600は予約者のみ、E6400/E6300はその場で購入可能、E6300の中に1個だけE6600が混じっているらしい)
クレバリー1号店(5日0:01より販売))
TWO-TOP(店頭予約者のみ?、秋葉原最安?)
T-ZONE(4日23:30にオープン、0:00より販売開始。Core2以外のパーツも購入でき、特価品も用意)
ZOA秋葉原店(0:00にオープン、E6700/E6600は予約者のみ、E6400/E6300はその場で購入可能、Core2以外はマザーとグラフィックボードのみの販売)
TSUKUMO各店(秋葉原店は4日22:00に会計を済ませ、0:00に受け渡し。在庫数は豊富らしい。自由参加のゲーム大会やCore2購入者のみの抽選会などもあり。その他の店舗はこちらを参照)
Faith(4日23:30にオープン、0:00より販売開始。Core2対応マザーの特価品なども用意)

秋葉原でも久々に深夜販売が行われるということがCore 2 Duoへの市場の期待の大きさをあらわしていますね。
大規模な深夜販売は2005年4月23日の「WindowsXP x64 Edition」の発売時以来ですから1年ぶりくらいですね
”CPU”の深夜販売は1999年のAthlon発売時以来でしょうか?

私も並ぼうかな・・・でも最下位のE6300とマザーも買ったら4万以上ですからね・・・やっぱ当分PrescottのPen4とお付き合いかな。
秋葉原まで行って・・・・行列を眺めてサウンドボードでも買ってくるのが関の山ですかね。(今これが欲しいんです)

ちなみに通販でも5日に入手できる可能性はありますので通販もオススメですよ。
◎通販情報
Core 2 Duo (比較的納期が早そうなところ)
[クレバリー] [TSUKUMO] [ソフマップ]

(ちなみにこの記事は当ブログの記念すべき(?)100件目の記事です。パチパチ)

[追記 8/4 0:30]
各店詳細を追記、リンク修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

VT非搭載のお買い得CPU「PentiumD 945」発売

PentiumDに新モデル「PentiumD 945」が登場したようです。

情報元(アキバ総研)→

PentiumD 945は3.4GHz動作で上位モデルのPentiumD 950と同じクロックですが、仮想化技術「VT」を非搭載とすることで950より5000円ほど安い23000円程度になっています。

VTの有無以外の使用はPentiumD 950と同じで、3.4GHz動作/L2 2MB×2/FSB 800MHz/LGA775/TDP 95W/EM64T・EIST搭載 です。
コアはPreslerだと思いますが不明。

VTはほとんどのユーザーにとっては無用だと思いますので、高クロックのPentiumDを狙っている方にはお買い得だと思います。
今CPUを購入するならやっぱり「Core 2 Duo」がいいと思いますけどね。

しかし3.4GHzのデュアルコアCPUが23000円はすごいですね。
私のPen4 3.4GHzは3万以上したのに・・・
今はCore 2 Duoの影響で旧モデルはAMD/Intelともに赤字覚悟の投売り状態ですから、旧CPUを買うなら絶好のタイミングであることは間違いないです。
半値以下になってるようなCPUもありますから。

◎通販情報
PentiumD 945
[Faith] [TWO-TOP] [クレバリー]

Intel CPU
[TSUKUMO] [Faith] [TWO-TOP] [クレバリー]

AMD CPU
[TSUKUMO [Faith] [TWO-TOP] [クレバリー]

Core 2 Duo
[TSUKUMO] [Faith] [TWO-TOP] [クレバリー]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »