« Core2 Duo対応、G965搭載のIntel純正マザーが発売 | トップページ | IntelがCore2でベンチマーク大会開催。賞品はクァッドコアCPU! »

2006年8月23日 (水)

GDDR4メモリのRADEON X1950XTXが発表!ミドル、ローエンドの新モデルも

ATIは同社の新しいハイエンド向けGPU「RADEON X1950XTX」とミドルレンジモデル「RADEON X1650PRO」、ローエンド向けの「RADEON X1300XT」の3モデルを発表しました。
実際の発売は9月中旬になるようです。

情報元(PC Watch)→
グラフィックボード最新情報→

RADEON X1950XTXには新規格メモリの「GDDR4 メモリ」512MBを初採用したハイエンド向けモデル。
新規格メモリを使うことでメモリクロックがX1900XTXの1.55GHzから2.0GHzへと大幅に向上しています。
ただしコアクロックは650MHzでX1900XTXと同じなのが残念。

その他の仕様はほぼX1900シリーズを踏襲し、48基のピクセルシェーダに8基のバーテックスシェーダを搭載しているほか、
X1000シリーズ共通機能である画質向上、動画再生支援などの機能「AVIVO」や、2枚挿し技術「CrossFire」にも対応しています。
冷却システムは2スロット占有型で大型ですが、騒音は以前のものより抑えられているとのこと。
性能はCrossFire構成時にX1900XT(CrossFire構成)に比べ10%程度の性能向上としています。

RADEON X1650PRO、同X1300XTは共に12ピクセルシェーダ、5バーテックスシェーダを搭載しメモリはDDR/DDR2/GDDR3のいずれか。
X1650PROはコア600MHz/メモリ1.4GHzで、X1300XTはコア500MHz/メモリ800MHz。
こちらもAVIVOやCrossFireに対応しています。

X1950XTXはどうでしょうかね~
メモリの性能向上分がどれほどか分かりませんがコアクロックは変わってませんから、それほど性能は上がっていないような気がしますが・・・
X1650PROやX1300XTも別に新機能があるわけでもないですから。
今はNVIDIAの方にいくらかのアドバンテージがありそうです。(性能も人気も)
ショップでも今はGeForceばかり売れるらしいですし。
統合シェーダ採用の次世代GPU「R600」に期待ですかね。
(R600についてはこちら参照)

[修正 8/24 1:00]
当初発表されたミドルレンジGPUを「RADEON X1600PRO」としていましたが、正しくは「RADEON X1650PRO」でした。

|

« Core2 Duo対応、G965搭載のIntel純正マザーが発売 | トップページ | IntelがCore2でベンチマーク大会開催。賞品はクァッドコアCPU! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/3182318

この記事へのトラックバック一覧です: GDDR4メモリのRADEON X1950XTXが発表!ミドル、ローエンドの新モデルも:

« Core2 Duo対応、G965搭載のIntel純正マザーが発売 | トップページ | IntelがCore2でベンチマーク大会開催。賞品はクァッドコアCPU! »