« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

読書の初夏

えー、新Athlon64もTurion64もSempronも発売しましたが、自作PC作成・最新情報ガイドは更新してません。
ちょっと忙しいです。

何が忙しいって読書に忙しい。
今「ハリー・ポッター」読み続けてます。面白いです。

というわけで更新は1週間くらい遅れるかもということで。

bn_2006su_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

次期オフィス「OFFICE 2007」のベータが公開

Microsoftは2007年初頭にリリース予定のオフィス統合ソフト「OFFICE 2007」の一般向けベータ版を公開しました。
現在同社のOFFICE 2007紹介ページよりダウンロードが可能です。
(ダウンロードにはWindows Liveアカウントが必要)
ただし、ベータ版ですので使用はあくまで自己責任でお願いします。

情報元(窓の杜)→
OFFICE 2007紹介ページ→

OFFICE 2007では今までのオフィスとは異なる新しい操作系(ユーザーインターフェース)の搭載が主な変更点となっているほか、PDFへの直接出力機能や互換性の高いXMLというファイルフォーマットに対応しているのも特徴です。

ちなみに上述のXMLの採用によりWord、Excel、PowerPointの拡張子がこれまでの「.doc」「.xls」「.ppt」から「.docx」「.xlsx」「.pptx」に変わり、過去のオフィスとのファイル互換性がなくなっています。
(ただしMicrosoftが無償配布している変換ツールを使うことで読み書きが可能)

私は早速インストールして一通り触ってみましたので雑感などを書きたいと思います。

まず話題の新インターフェースですが、思ったより以前のものと変わらないと感じました。
いままで文字だったボタンが画像に変わってどういう機能を持つボタンなのか分かりやすくなった感じです。
また、文字を選択すると半透明のウインドウがフェードインしてくる動作など3Dを多用しています。これはインターフェースのみでなくグラフや図などにも3D表現が多いです。

Wordではライブプレビュー機能が便利です。この機能はフォントやスタイルを変更するときにリストにマウスオーバーするだけでその効果をプレビューしてくれる機能です。
いろいろなレイアウトを試したい時などスピーディに作業できると思います。

Word4


Excelはグラフや表が以前に比べ作りやすくなっているうえ、3Dを用いたかっこいいグラフ、図が簡単に描けます。
また、関数機能も使いやすくなっていて、目的の関数を見つけやすくなっていたり、文字を入力するたびに関数の候補を挙げてくれるので、スペルを忘れてしまったときには効果大です。関数機能を多く使うデータ統計や研究などがやりやすくなるでしょう。

Excel

PowerPointは新機能は少ないですが、アニメーション設定やスライドなどの基本機能が新インターフェースに使いやすくまとまっています。
サンプルの図が種類も多くてプレゼンでは重宝しそう。
ただし、まだ作りこみが甘いのか、動作が全体的に重いです。3Dの誤表示など不具合も少しあります。

Powerpoint

他にもOutlookやAccessなどもありますが、とりあえず一般的な3製品についてのみ感想を書きました。

全体的に完成度も高く、あからさまな不具合などはないようです。
一般的な利用スタイルだったらこのまま使えてしまうんじゃないかとさえ思えるくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

AMDの新コアCPUが一斉発売に

昨日発表されたSocket AM2の新Athlon64X2/同64/Sempronですが、早速国内店頭で販売が開始されたようです。
また、バルク品のみですがモバイル向けデュアルコアCPU Turion64X2も販売されているようです。

情報元(Akiba PC Hotline)→
情報元2(Akiba PC Hotline)→

情報元によれば店頭で販売されているのは、
Athlon64X2 4800+(2.4GHz)、
Athlon64 3800+(2.4GHz)、同3500+(2.2GHz)、同3200+(2.0GHz)
Sempron 3600+(2.0GHz)、同3400+(1.8GHz)、同3000+(1.6GHz)
Turion64X2 TL-60(2.0GHz)
の4ブランド8モデル。

通販だともっと多くの種類の注文を受け付けているところもあります。
◎通販情報
CPU
TSUKUMOクレバリーFaithTWO-TOP
対応マザー
TSUKUMOクレバリーFaithTWO-TOP
ショップブランドPC
TSUKUMOFaithTWO-TOP

Athlon64X2は発表された7モデル中1モデルのみの販売ということで人気が集中、即売り切れるでしょう。
気になるのはAthlon64 3200+。このモデルは昨日発表されたリストにはないので、未発表の製品だと思います。

Turion64X2も案外早い発売です。
まあBOX版は来月になるでしょうし、対応マザーもまだないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

AMD、DDR2メモリ対応の新コアCPU発表

AMDは23日、DDR2メモリ対応で新型CPUソケット採用のAthlon64X2、Athlon64、Sempronを発表しました。
店頭販売開始は早ければ明日~今週中になりそうです

情報元(PC Watch)ページ→
レビュー記事(PC Watch)→

まず新型Athlon64X2はデュアルコアCPUで、大きな変更点はDDR2メモリに対応していることです。

さらにテクノロジとして仮想化技術の「AMD Virtualization」(以下AMD-V)を搭載しています。

また、DDR2メモリ対応の関係でCPUソケットが従来のSocket 939からSocket AM2という940ピンのものに変更されています。
もちろんSocket AM2対応マザーが必要になります。

新型Athlon64は基本的にはAthlon64X2のシングルコア版で、DDR2対応、AMD-V搭載、Socket AM2採用です。

新Sempronは廉価版のCPUで、DDR2メモリ対応、Socket AM2採用ですが、AMD-Vは非搭載です。
さらに今までAthlon64シリーズにのみ搭載されていた64bit拡張技術「AMD64」が全モデルに搭載されています。

下表が今回発表されたCPUのラインナップです

製品名 クロック L2 コア数 AMD-V AMD64 TDP
Athlon64FX-62 2.80GHz 1MB×2 2 125W
Athlon64X2 5000+ 2.60GHz 512KB×2 89W
Athlon64X2 4800+ 2.40GHz 1MB×2
Athlon64X2 4600+ 2.40GHz 512KB×2
Athlon64X2 4400+ 2.20GHz 1MB×2
Athlon64X2 4200+ 2.20GHz 512KB×2
Athlon64X2 4000+ 2.00GHz 1MB×2
Athlon64X2 3800+ 2.00GHz 512KB×2
Athlon64 3800+ 2.40GHz 512KB 1 62W
Athlon64 3500+ 2.20GHz 512KB
Sempron 3600+ 2.00GHz 256KB 1 × 62W
Sempron 3500+ 2.00GHz 128KB
Sempron 3400+ 1.80GHz 256KB
Sempron 3200+ 1.80GHz 128KB
Sempron 3000+ 1.60GHz 256KB

けっこう売れるでしょう。
Athlon64X2はパワーユーザーを中心に大人気のCPUですから。
市場の期待も大きいです。
Sempronもわりと売れるCPUです。
AMD64搭載にもなりましたからVista需要もあるかも。

Athlon64はどうでしょう?シングルコアで中途半端ですからねぇ。
Athlon64買うなら少しグレード下げてもX2買うべきでしょう。

まあ懸念としてはマザーとメモリを買い換える必要があることでしょうか。
DDR2メモリはだいぶ価格が下がってますが、マザーは新チップセットですから高いです。
ちなみにSocketAM2に対応したチップセットは現在ではNVIDIAの「nForce 5xx」シリーズと本日発表されたATIの「CrossFire Xpress 3200」、「Radeon Xpress 1100」シリーズです。

ATI新チップセット詳細(PC Watch)→
nForce 5xxシリーズ詳細(PC Watch)→


nForce 5xxのマザーは既に販売開始されています。
[TSUKUMO]、[Faith]、[クレバリー]、[TWO-TOP]

その他未発売のマザーに関しては下記リンク先が詳しいです
AM2マザー情報(PC Watch)→

クレバリーではCPU本体も注文受け付けているみたいです。

※通販情報など初出時にはなかった情報を多数追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

液晶モニタが欲しいー

大型の液晶モニタが欲しくてたまりません。

今使ってる8年前!の15型液晶モニタはもううんざりです。
コントラストが弱すぎで白色と黄色の区別がつかない!
グラボはデジタル出力のみなのに液晶側はアナログ入力しかないし。

そこでもっと解像度のある高性能液晶に変えたいと思ってるんですけど、やっぱり高い・・・
オーソドックスな17型クラスでも2~3万はするし、希望の高解像度モデルだと6万くらいから。

DELLの液晶が安くていいかなと思ってますが品質がよくないという噂もあって・・・
なかなか踏ん切りがつきません。
この先はCore2 DuoやPS3、Wiiなど欲しいものが山ほどあるし、どーしよ。

お勧めの製品などあったら教えてください。以上独り言でした。

dell_468x60_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月20日 (土)

Windows Vista対応度を判定するツールが公開

MicrosoftはWindows Vistaの紹介ページに自分のPCがVistaに対応できるかを判定してくれるツール「Windows Vista Upgrade Advisor」を公開しました。(英語版のみ)

情報元(窓の杜)ページ→
ツールダウンロードページ(Microsoft、英語)→

「Windows Vista Upgrade Advisor」をインストール、実行するとまず自分がVistaでどのような機能を使いたいかを選択し、その結果から自分に最適なVitsaのエディションを教えてくれます。

さらに先へ進むと自分が選択した機能が今のPC構成のままで使えるかどうかを判定し、使えない場合にはどうしたら使えるようになるかをアドバイスしてくれます。
また、現在PCにインストールされている機器(拡張ボードなど)がVistaでもそのまま使えるかどうかもチェックしてくれます。
(日本語は一部文字化けするようです)

今後Vistaへのアップグレードを検討している方は一度このツールを試してみて、Vista発売までにPC構成を万全に整えておくとよいでしょう。

ちなみにWindows Vistaの一般ベータ公開は今月27日らしいです。
インストールしてみたいけどサブマシンは古くてVistaは動かないし、どうするか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

AMDのデュアルコアモバイル「Turion64X2」が発表に

AMDは17日、モバイル向けのデュアルコアCPU「Turion64X2」シリーズを発表しました。
即日出荷が開始されているそうです。

情報元(MYCOMジャーナル)→

Turion64X2は「Taylor」のコードネームで開発されていたモバイル向けCPUで、大きな特徴はデュアルコアCPUであることと、DDR2メモリに対応していること、モバイル向けCPUとしては初の64bit拡張機能の搭載です。

さらにテクノロジとして先述した64bit拡張機能「AMD64」のほかに仮想化技術の「AMD Virtualization」(以下VT)を搭載しています。

また、DDR2メモリ対応のためにCPUソケットがSocket S1という638ピンのものに変わっているので、それに対応したマザーが必要です。

出荷は開始されてますが実際に自作市場に出回るのは来月くらいになるそうです。

下表がTurion64X2のラインナップです

製品名 クロック L2 コア数 VT AMD64 NXbit TDP 出荷価格
Turion64X2 TL-60 2.00GHz 512KB×2 2 35W 354$
Turion64X2 TL-56 1.80GHz 512KB×2 2 33W 263$
Turion64X2 TL-52 1.60GHz 512KB×2 2 31W 220$
Turion64X2 TL-50 1.60GHz 256KB×2 2 31W 184$

Turion64X2ね・・・売れないんじゃないでしょうか。
試してみないと分かりませんがIntelのCore Duoのほうが性能は高いって噂ですし、あと3ヶ月でIntelの次世代モバイルCPU「Merom」が出ますし。
マザーを買い換えってのも抵抗ありますよね。
しいて言えば64bit対応しているのでWindows Vista需要で売れるかも?
でもMeromも64bit対応してますからダメだな。

それとまだ店頭販売されていないので自作PC作成・最新情報ガイドのほうは更新してません。
店頭販売されるころになったら書き換えます。

デスクトップでは人気のAMDですがモバイル分野は苦しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

GeForce 7300GTが発表

NVIDIAは15日、GeForce 7300シリーズの上位モデル「GeForce 7300 GT」を発表したようです。

情報元(PC Watch)サイト→

GeForce 7300 GT(以下7300GT)はNVIDIAのローエンド向けGPUシリーズの中では最上位となるGPUで、コアクロックは350MHz、メモリクロックが667MHz、ピクセルシェーダ数は8ですがバーテックスシェーダ数は不明です。
下表は他モデルとの参考です。

コア メモリ ピクセル バーテックス
7300GT 350MHz 667MHz 8 ?
7300GS 550MHz 810MHz 4 3
7600GS 400MHz 800GHz 16 8

対抗相手はRADEON X1300シリーズでしょう。
まだ販売している店は確認していませんが、実売10000円弱くらいだと思います。

GeForce 7xxxシリーズはハイエンドモデルを筆頭にかなり人気があるのでこの7300GTも結構売れると思います。
気が早いかもしれませんがWindows Vista需要も多少あると思いますし。

ちなみにWindows Vistaのベータ公開は5月27日らしい・・・

ちょっと忙しいんで自作PC作成・最新情報ガイドはまだ更新してません。
AMDの新CPUの情報も入ってますが詳細はまた後日ということで。
リンクだけ貼っておきます。
AMD 新CPU情報(PC Watch)→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

PS3の発売日などが決定

ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション3」(以下PS3)の発売日、価格、仕様が決まりました。

情報元(AV Watch)ページ→

ps3

PS3は2006年11月11日に2モデルが発売されます。
20GBのHDDを搭載したモデルと60GBのモデルで、20GBモデルが62700円(税込)、60GBモデルはオープン価格ですが、おそらく1万円くらい高いと思われます。

PS3はBlu-rayディスクに対応し、高性能CPU「Cell」を搭載、先進的なGPUを搭載し、HD映像の再生も可能というもはやゲーム機の域を超えた代物です。
(実際にPC的な使い方も模索されているとか)
さらに詳しい仕様は情報元ページなどを見てください。

ちなみにこの発表にあわせて「Final Fantasy XⅢ」などのソフトの発表もされました。

PS3たいしたこと無いかなーなんて思ってましたけど実際に発表されるとけっこう魅力的に見えます。
FFXⅢのデモムービーとか超綺麗だし。
買っちゃおっかなー。
でも高いし、ソニー製品は初期ロットに不良があるに違いないだろうし、Blu-Rayが今後標準になるかも分からないし、XBOX360も面白そうだしなー

あと、ちょっと気になったのが20GBモデルと60GBモデルとの性能差。
20GBモデルにはHDMIやカードリーダー、無線LANも搭載しないみたいです。
となると買うなら60GBモデルしかない・・・でもますます高い・・・
ひどいぞソニー!

ちなみにPS3発表に触発されてか任天堂やMicrosoftが続々ゲーム機関連のニュースを出してます。
興味ある方はGAME Watchあたりを参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月10日 (水)

Intel未発表のPentium4 524が発売

Pentium4にエントリーユーザー向けの新製品「Pentium4 524」が秋葉原で発売になったそうです。

情報元(アキバ総研)ページ→

Pentium4 524はIntel未発表の新製品で、コアはPrescott(だと思う)でクロックは3.06GHz、L2キャッシュ1MB、FSBが533MHzのCPUです。
テクノロジはHTとEM64Tが搭載のようです。
価格は15000円前後。

FSBが533MHzのPentium4は珍しいですね。現在流通しているモデルでは唯一だと思います。
性能的にはCeleronDに近いですが、HT搭載ということでPentium4ブランドなんでしょうね。

次世代CPUを控えているこの時期にPentium4(しかも旧コア)を出しても売れないような気がしますが、次世代CPUを出す前に在庫を減らしたいのでしょう。
PrescottコアはIntel社内で在庫山積みらしいですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

Conroe、Meromのブランド名が「Core 2 Duo」に

Intelが7月~8月に発表予定の次世代CPU「Conroe」、「Merom」の製品ブランド名が「Core 2 Duo」に決まったようです。

情報元(PC Watch)ページ→
Intelプレスリリース→
Conroe,Meromの詳細→

Core2シリーズロゴ Core2シリーズロゴ

Coreシリーズの2世代目のCPUということで「Core 2 Duo」となったようです。
(1世代目はYonahことCore Duo)

さらにConroeシリーズのハイエンドモデルとして、Conroe XEこと「Core 2 Extream」というモデルも登場するようです。(ロゴ右)

この発表に合わせて自作PC作成・最新情報ガイドも更新しておきましたのでぜひ見てください。

しかしCoreの2世代目でCore2って安直過ぎませんかね?
IntelもConroe、Meromにはかなりの期待と力を注いでいるのだから名前ももうちょっとカッコいいものを考えればいいのに。
だいたい「こあつーでゅお」って読みにくいでしょ。

まあ重要なのは名前ではなく中身ってことで。
人も外見だけじゃ判断できませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

RADEON X1900GT発表

ATIは5日、RADEON X1900シリーズの廉価版「RADEON X1900GT」を発表したようです。

ATIプレスリリース(英文)→

RADEON X1900GT(以下X1900GT)はATIのハイエンド向けGPUシリーズの中で最廉価となるGPUで、コアクロックは575MHz、メモリクロックが1.2GHz、ピクセルシェーダは36、バーテックスシェーダが8のようです。

コア メモリ ピクセル バーテックス
X1900GT 575MHz 1.2GHz 36 8
X1900XTX 650MHz 1.55GHz 48 8
X1800XL 500MHz 1.0GHz 16 8

対抗相手はGeForce 7800GTくらいでしょうか?
実売価格は5万円くらいですからハイエンドとしてはそれほど高くは無いですが・・・
まあ性能しだいでしょう。

GWで国内ニュースサイトはどこもお休みなのでレビュー記事なども紹介できません。
店頭は分かりませんがネットでは既にTWO-TOPFaithで販売開始していますので、自分で性能を確かめてみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

5月1日の更新情報

自作PC作成・最新情報ガイドをすこーし更新しました。

更新内容は、
Intel-CPUのページに新発売のPentiumD 960の情報を追記
Intel-CPU最新情報にIntelの次世代CPU「Conroe」、「Merom」の登場時期を更新
です。

PentiumD 960についてはこちらの記事あたりを見てください。

いままでConroeの登場時期は8~10月、Meromは10~12月ごろと予想していましたが、先月27日の事業戦略説明会でConroeは7月、Meromは8月と発表されましたのでそのように直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PeniumD 960が発売

秋葉原で「PentiumD 960」が発売されたようです。

情報元(Akiba PC Hotline)ページ→

PentiumD 960はPentiumDとしては最高となる3.60GHzで動作するCPUで、Preslerコア搭載、FSB 800MHz、L2キャッシュは2MB×2、EM64T、VT、EIST搭載です。

自作PC作成・最新情報ガイドは既に更新しました。

売れますかね?買うとすればハイエンドユーザーでしょうが、最近のハイエンドユーザーはAthlon64X2に流れてますし。
うまくすればオーバークロックでPentiumXE化できるかも?
(オーバークロックは保証外です)

[当初PentiumD 960はIntel未発表であると書いていましたが、発表されていたようなので記事を修正しました。]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »