« Socket939のSempronが発売 | トップページ | Socket754でSLI可能なマザーが発売 »

2006年3月 2日 (木)

ATIが新型チップセットを発表

ATIがAMD製CPU向けの新しいチップセット「CrossFire Xpress 3200」を発表しました。

情報元ページ(PC Watch)→

CrossFire Xpress 3200チップセットは既存のチップセットである「RADEON Xpress 200」チップセットの上位モデルにあたり、基本的な性能においてはほぼ両者に違いはないようですが、ATIのグラフィックボード2枚挿し技術である「CrossFire」の性能向上が図られています。
Xpress 200ではもともと16レーンしかないPCI-Expressのバスを8レーン×2に分けてCrossFireを動作させていたのですが、Xpress 3200は16レーンのバスを2本用意し、最高性能でのCrossFire動作を実現させています。

Xpress 3200を搭載したマザーボードは早速3月2日から店頭に並ぶ予定とのこと。

なお、このXpress 3200は本サイトにて「RD580」というコードネームで紹介していたチップセットです。
Xpress 3200の情報については数日前に入手していたので本サイトにアップしようと思っていたのですが、つい怠けてるうちに予想外のスピードで発表されてしまったわけです・・・
まさかCeBITの前に発表されるとは・・・

しかし、こちらこちらのレビュー記事を見てる限り、思ったほどXpress 200から性能はアップしていないようです。
ドライバのチューンなどが進めばもう少し改善するとは思いますが、現状ではいまいち求心力に欠ける製品のように感じますね。

|

« Socket939のSempronが発売 | トップページ | Socket754でSLI可能なマザーが発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/890046

この記事へのトラックバック一覧です: ATIが新型チップセットを発表:

« Socket939のSempronが発売 | トップページ | Socket754でSLI可能なマザーが発売 »