« Windows Vistaが来年1月に発売延期 | トップページ | NVIDIA、「GeForce 7600GS、7300LE」を発表 »

2006年3月23日 (木)

3.73GHz動作のPentium Extream Edition 965が発表

Intelはデスクトップ向けCPUのハイエンドモデル「Pentium Extream Edition」(PentiumXE)に3.73GHzの高クロックで動作するPentiumXE 965を公開しました。

情報元(PC Watch)ページ→
ベンチマーク(PC Watch)ページ→

PentiumXE 965はPreslerコアのデュアルコアCPUで、動作クロックは3.73GHz、FSBが1066MHzでL2キャッシュは2MB×2。
その他の機能で、HT、EM64T、EIST、VTが搭載されており、OS側からは4つのCPUとして認識されます。
ソケットはLGA775で今までどおり、TDPは130Wです。

早ければ今週末にも店頭での発売となるものと思われます。
一応現状ではIntelの個人向けCPUで最強のモデルとなる965ですが、今秋にはConroeなどの期待のCPUが控えているだけにCPUの買い控えが起こることも予想されます。
4論理CPUや3.73GHzの高クロックという点でどれだけユーザーの購買欲を喚起できるかですね。

|

« Windows Vistaが来年1月に発売延期 | トップページ | NVIDIA、「GeForce 7600GS、7300LE」を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/1136618

この記事へのトラックバック一覧です: 3.73GHz動作のPentium Extream Edition 965が発表:

» デュアルコアと高性能PCの検討 [ブロードバンド時代のパソコン選定法]
高性能PCのことでは色々な方面からデータを検討してきましたが…やはり決めてはデュアルコアCPUのようですね。ノウハウ [続きを読む]

受信: 2006年7月11日 (火) 22時06分

« Windows Vistaが来年1月に発売延期 | トップページ | NVIDIA、「GeForce 7600GS、7300LE」を発表 »