« Yonah対応マザーまとめ | トップページ | 暇だな・・・ »

2006年2月21日 (火)

Windows Vistaの製品構成が発表

アメリカのMicrosoftは20日、次期Windowsである「Windows Vista」の製品構成を誤って掲載してしまったようです。

情報元ページ→

それによれば、Vistaのエディションは6種類で、下記のようになっています。

「Windows Starter 2007」
新興国向けに用意されるエディションで、ベースはVistaでありながら機能を大きく制限されている。
日本では販売されない。

「Windows Vista Home Basic」
パソコンを複数所有しない一般的な家庭向けのエディション。
基本的なVistaの機能は一通り揃える。XP HomeのVista版だと思えばいいだろう。

「Windows Vista Home Premium」
Home Basicの上位版で、Basicの全機能を備えるほか、マルチメディアコンテンツを家電のように扱うためのソフト「Media Center」が搭載されている。
XP MCEの後継となる。

「Windows Vista Business」
XP Proの後継に当たる製品で、主にビジネスマン向け。

「Windows Vista Enterprise」
企業向けのエディション。仮想PC機能や多言語インターフェースなど独自の機能を備える。
個人では購入できないものと思われる。(購入する必要がないか)

「Windows Vista Ultimate」
個人向けのVistaで最上位となるもので、Home PremiumとBusinessの双方の機能すべてに加え、さらに機能が付加されているらしい。

このような製品構成になるようです。
ただし、この情報はあくまでMicrosoftが誤って掲載した情報であるという点に留意してください。
今月の終わりごろに正式なアナウンスがある予定です。

Windows Vistaに関する情報はこちら→

[追記]
当初この情報はMicrosoftが「正式に発表」したものであるとしていましたが、正しくは「誤って掲載」だったとのことです。

|

« Yonah対応マザーまとめ | トップページ | 暇だな・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/778953

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vistaの製品構成が発表:

« Yonah対応マザーまとめ | トップページ | 暇だな・・・ »