« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

ndows Vistaの正式なラインナップが発表

米Microsoftが次期Windowsである「Windows Vista」の製品ラインナップについて正式に発表しました。
以前報道されていたものと大きな違いはなく、Vistaのラインナップは計6種類で以下のとおり。

・Windows Vista Starter
・Windows Vista Home Basic
・Windows Vista Home Premium
・Windows Vista Business
・Windows Vista Enterprise
・Windows Vista Ultimate

それぞれのエディションについての詳細は本サイトを読んで頂くか、より詳しく知りたい方はニュースサイトの記事、英語が読める方はMicrosoftのニュースリリースを見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

暇だな・・・

特に取り上げたいようなPCの情報もないので、まあダラダラと気になることを書いてみる。

もうすぐトリノ五輪が終わる・・・
始まる前はあんまり盛り上がってないみたいなので大丈夫か?と思っていたが、始まってみれば結構盛り上がりまっていたように思う。
日本勢のメダルはフィギュアスケートの荒川さんの一つだけだったのはちょっと残念だけど、
モーグルも上村さんの3Dジャンプが決まるかハラハラしながら見てたし、ハーフパイプ男子が全員まさかの予選落ちしたときは愕然とした。
カーリングなんてつまらなそうとか思っていたのも、見てみると案外ドキドキさせられて面白かった。
スピードスケートは種目が多くてちょっと飽き飽きしたかな。
フィギュアはやっぱり綺麗で楽しかったけど、なんで2回も転んだコーエンが銀で、完璧だった村主が4位なんだよ!とか悔しがってみたり。

やっぱりオリンピックって一度にたくさんの競技が見られるし、メディアの盛り上がり方もすごいから面白いな。2年後の五輪は北京だったかな?
今から楽しみだ。

※PCとまったく関係ない話題ですみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

Windows Vistaの製品構成が発表

アメリカのMicrosoftは20日、次期Windowsである「Windows Vista」の製品構成を誤って掲載してしまったようです。

情報元ページ→

それによれば、Vistaのエディションは6種類で、下記のようになっています。

「Windows Starter 2007」
新興国向けに用意されるエディションで、ベースはVistaでありながら機能を大きく制限されている。
日本では販売されない。

「Windows Vista Home Basic」
パソコンを複数所有しない一般的な家庭向けのエディション。
基本的なVistaの機能は一通り揃える。XP HomeのVista版だと思えばいいだろう。

「Windows Vista Home Premium」
Home Basicの上位版で、Basicの全機能を備えるほか、マルチメディアコンテンツを家電のように扱うためのソフト「Media Center」が搭載されている。
XP MCEの後継となる。

「Windows Vista Business」
XP Proの後継に当たる製品で、主にビジネスマン向け。

「Windows Vista Enterprise」
企業向けのエディション。仮想PC機能や多言語インターフェースなど独自の機能を備える。
個人では購入できないものと思われる。(購入する必要がないか)

「Windows Vista Ultimate」
個人向けのVistaで最上位となるもので、Home PremiumとBusinessの双方の機能すべてに加え、さらに機能が付加されているらしい。

このような製品構成になるようです。
ただし、この情報はあくまでMicrosoftが誤って掲載した情報であるという点に留意してください。
今月の終わりごろに正式なアナウンスがある予定です。

Windows Vistaに関する情報はこちら→

[追記]
当初この情報はMicrosoftが「正式に発表」したものであるとしていましたが、正しくは「誤って掲載」だったとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

Yonah対応マザーまとめ

CPU自体は1月に発売されましたが、対応マザーが一向に登場しないYonahこと「Core Duo/Solo」ですが、マザーの発売を心待ちにしている方は結構多いのではないのでしょうか。

Core Duo/Soloの情報はこちら→

そこで現在までに今後発売が予定されているCore Duo/Solo対応マザーの情報をまとめてみました。
といっても各所の情報を表にまとめただけですが・・・

製品名i975Xa-YDGi945GTm-HIL945GT Speedster?i945GTt-VFAGA-8I945GTMF-Y-RH
メーカー AOpen AOpen MSI AOpen GIGABYTE
写真(リンク) 写真 写真 写真 写真 写真
チップセット 975X 945GT 945GT 945GT 945GT
フォームファクタ ATX MicroATX MicroATX&ATX Mini-ITX Micro-ATX
内臓グラフィック ×
PCI-Expressx16 2 1 1 0 1
PCI-Expressx1 1 1 1 1 1
PCI 2 2 2 0 2
SATAポート 4 2 4? 2 2
IDEポート 2 1 1 1 1
登場時期 2月中旬 2月下旬 3月16日 4月上旬 不明
詳細情報リンク リンク リンク リンク リンク リンク

「i975Xa-YDG」はデスクトップ用のチップセットでありながらCoreに対応しているという変り種のマザーです。
PCI-Expressx16を2本搭載しているのでもしかしたらCoreでCrossFireができちゃうかも?
Coreで静穏高性能PCを作りたい方には注目ですね。

「i945GTm-HIL」はオーソドックスな構成のマザーですね。MicroATXなので小型PCにもいいでしょう。
AOpenならではの堅実なつくりって感じがします。

「945GT Speedster」は一見何の変哲もないMicroATXマザーですが、ボードのふちに特殊なスロットがついており、ここにオプションのボードを取り付けると拡張スロットが増えてATXサイズのマザーに早変わり・・・っていう変わったマザーのようです。

[追記]
その後MSIから945GT Speedsterの正式発表があったため、記事を少し修正しました。

「i945GTt-VFA」はなんと超小型フォームファクターであるMini-ITX規格のマザーです。
Core搭載の小型静穏PCの需要はかなりありそうですからもしかするとヒット商品になるかも?
しかしAOpenはモバイルCPU用マザーに積極的ですね。

「GA-8I945GTMF-Y-RH」は堅実なつくりのMicro-ATXマザー。
特に変わった機能はないようですが、こういう定番マザーこそ万人受けしますからね。

現在判明しているCore対応マザーはこんな感じです。
私は次世代CPU「Conroe」が出るまではお金を貯めるつもりでいますが、各所からのCore絶賛の評価を見てると欲しくなってきちゃいますね。

Conroeについてはこちら→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

2007 Microsoft Officeが発表

MicrosoftのOfficeのページにいつの間にか今年登場予定の開発コード「Office12」こと正式名称「2007 Microsoft Office」の詳細が発表されていました。

あくまでアメリカでの予定とのことですが、詳細な製品ラインナップ等が公開されています。

Office 2007プログラム単体ラインナップ(一部)

製品名 内容 価格
Microsoft Office Access 2007 Access $229
Microsoft Office Excel 2007 Excel $229
Microsoft Office OneNote 2007 OneNote $99
Microsoft Office Outlook 2007 Outlook $109
Microsoft Office PowerPoint 2007 PowerPoint $229
Microsoft Office Word 2007 Word $229

Office 2007スイート(統合製品)ラインナップ

製品名 内容 価格
Office Professional 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word、Access、Publisher、Outlook 2007 with Business Contact Manager $499
Office Small Business 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word、Publisher、Outlook 2007 with Business Contact Manager $449
Office Standard 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word $399
Home and Student 2007 Excel、PowerPoint、Word、OneNote $149
Office Basic 2007 Excel、Outlook、Word 店頭販売なし

大きくユーザーインターフェースが変化するらしいOffice 2007ですが、その開発コンセプトは"作業時にユーザーが思い通りの成果を出すことができる、「結果指向型」"(Microsoft Office 2007紹介ページより抜粋)だそうです。まだまだどんな形になるのかわからないOffice 2007ですが、Officeの大変革になることは間違いないので期待が大きい反面、使い慣れたインターフェースが変わることへの戸惑いもあって、いろんな意味で待ち遠しい製品です。

図 3 - 最も適切なときにユーザーの必要な機能を表示するコンテキスト コマンド タブ
Office 2007の新インターフェース(Microsoftサイトより)

Microsoft Officeのページ→

なお、この内容は後日本サイトにも記載する予定です。
OS最新情報紹介ページ→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

7800GTを2基搭載した化け物グラフィックボードが発表

ASUSからGeForce7800GTを一枚のボードに2基搭載したグラフィックボード「EN7800GT DUAL/2DHTD/512M」が発表されました。

EN7800GT DUAL/2DHTD/512Mは前述のとおりNVIDIAのハイエンドビデオチップであるGeForce7800GTを2基搭載したグラフィックボードで、対応マザーとの組み合わせでこのボード一枚でのSLI構成が可能。

インターフェースはPCI-Expressx16で、コアクロックが430MHz、メモリクロックは1.2GHzと通常の7800GT(400MHz/1.0GHz)よりクロックが高いのも特徴。

冷却機構は2スロット厚のファンクーラー搭載型。補助電源として外部ACアダプタが付属しています。

情報元:Impress PC Watch →
情報元:ITmedia +D PCUpdate→

まさに現在最強クラスの化け物ボードです。
予想価格は13万円だそうで、それだけあればそこそこの性能のPCが一台買えてしまいます。
もはや購入するのはゲーマーというよりベンチマーカー(ひたすら性能のみを追及する人々)の方がほとんどなのでしょう。
ショップでの売れ行きが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

CPU-Intel最新情報を更新

本サイトの「Intel-CPU最新情報」のページを更新しました。

更新内容は下記のとおりです。

・第2四半期のPentiumD、CeleronDのバリエーション追加に関する情報
・下半期登場予定の新型CPU「Conroe」、「Merom」に関する情報の追加 ・Conroe採用の廉価版CPU「Millvill」に関する記事の削除

Conroe、Meromに関して製品ラインナップに関するかなり詳細な情報を記載しています。
Millvillについては存在しない、もしくは当分後の登場になる気配が濃厚になったため、とりあえず削除しています。

Intel-CPU最新情報のページはこちら→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

TVチューナーボードを購入~録画編~

第一部再生編に続いてピクセラ製TVチューナーカード「PIX-MPTV-P8W」(以下:P8W)について。

さて、前回は取り付け~再生までについて書きましたが、今度はWindowsXP MCE(以下:MCE)のメディアセンター機能を使ってテレビを録画するまでです。

とりあえず番組を再生中に録画ボタンを押して録画してみます
当然ですがしっかり録画できた・・・と思ったのですが録画した番組を視聴中に早送りや巻き戻しをしたら画面が固まるというトラブルが発生!

最初はビデオを再生するためのプログラム(MPEGデコーダ)のせいかと思いましたがTVでない普通のDVDは問題なく再生できるので違いそう・・・
う~んやっぱりMCEに正式対応してないボードだとダメなのでしょうか?
この問題は結局まだ未解決です。ハァ

次はHDDレコーダーならではの電子番組表からの録画予約を試します。
番組表を表示して、21時からの「白夜行」を選択、録画画質などを設定して録画予約っと。
とっても簡単です。

Epg_1

そして時間になるとMCEが勝手に録画を始めてくれます。

さらにP8Wはチューナーを二つ搭載しているので録画中に別番組を見たり、同時に2番組を録画することもできます。
「白夜行」を録りながら「どっちの料理ショー」が見られました。[白夜行のサイト] [どっちの料理ショーのサイト]

Byakuyakou

さらに録画予約をした時間にPCがスタンバイか休止状態になっていると勝手にPCが起動して録画をしてくれる機能もあります。
HDDレコーダーっぽくてかっこいいです。
ただし録画後に自動で電源を切る機能もあるようなのですが、どうもその機能はうまく働いてくれていないようで、
自動起動→自動録画→ずっと起動しっぱなし→電気代・・・
という状態になっています。
これも未解決問題ですね~。

あとはHDDレコーダーっぽいおまかせ録画機能ですが、試しにキーワードに「トリノ」と入れてみると・・・
予想通りすごい数の録画予約がなされてしまい、とても使い物になりません。
トリノ五輪の大会の部分だけおまかせ録画したいのですが難しそうです。機械の限界ってやつですかね。
仕方ないので一つ一つ手動録画することにします。

とりあえずこんなところでしょうか。いくつか不具合や不満点もありますが結構MCE気に入ってます。
今後はリモコン買って、高解像度モニタ買って、サラウンド環境整えて・・・と夢は膨らむばかりです。(お金も膨らめばいいのに)

余談ですが今日からトリノですねー。
夏季五輪に比べて盛り上がりに欠けてる感は否めませんが、がんばれニッポン!とみんなで応援しましょう。

PIX-MPTV/P8W をTSKUMOで購入する→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

TVチューナーボードを購入

先日TVチューナーボードというパソコンでテレビを見たり録ったりする拡張ボードを購入しました。

購入したのはピクセラ製の「PIX-MPTV-P8W」です。 [ピクセラのサイトはこちら→]

Dscn2167

高画質をうたっていることとダブルチューナー搭載でW録画できるのでこれにしました。
購入価格は秋葉原のクレバリーさんで20968円でした。

家のPCはWindowsXP MCE (以下MCE)というPCを家電的に使うのに適したOSを入れているので、トリノ五輪が始まる前にパソコンHDDレコーダ化を目論んだわけです。

早速パソコンのPCIスロットという拡張ボード用のスロットに挿して起動!・・・「Error! ドライバーが見つかりません」・・・おっとドライバを入れなくては。
PIX-MPTV-P8Wは本来MCEには対応していないのでちょっと細工をしてドライバインストール!するとバッチリ認識されました。
そしてMCEで設定をすると・・・無事TV画面が写りました!!

Mce_tv

あんまり画質が良くなかったのですが、家のアンテナ線は分岐に分岐を繰り返しているうえ、PCというのはそれ自体ノイズを発生するものであるため仕方がないのかもしれません。

ちなみに日立製のPriusブランドPCに搭載されているチューナーもP8Wだったので試しにPrius付属のTV視聴ソフト「PriusNavistation」をインストールしてみたらこちらも正常に動作しました。
TV視聴という観点だけで見るとこっちのほうがMCEより多機能でいいかな?[Priusのサイト→]

さて、だいぶ長くなったので「第一部再生編」完!「第二部録画編」に続く・・・ということでまた今度。

PIX-MPTV/P8W iconをTSKUMOで購入する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

PCパーツ最新情報を更新

本サイトの「マザーボード最新情報」と「グラフィックボード最新情報」を更新しました。

マザーボード最新情報の更新内容はIntelが今年中ごろに発表予定のデスクトップ向け新チップセット「BroadWater」の情報を大幅にアップしました。
具体的な性能についても数値を挙げて紹介できるようになってきています。

マザーボード最新情報はこちら→

グラフィックボード情報のほうはATIのミドルレンジ向けGPUとなる「RADEON X1700」の情報とNVIDIAのミドルレンジ向けGPU「GeForce 7600」の情報を記載しています。

こちらも具体的に性能も紹介しています。

どちらのチップも発表目前ですのですぐに消してしまうことになるでしょう。
お早めにどうぞ

グラフィックボード最新情報はこちら→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

InternetExplorer7のベータ版が公開

1週間も更新をしてませんでした。気をつけます。


次期Windowsである「Windows Vista」の登場と同時期に発表されるという新しいInternetExplorerである「InternetExplorer7」(以下:IE7)のベータ版が一般ユーザーにも公開されました。
現在は英語版のみでアメリカマイクロソフトのサイトからダウンロードが出来ます

IE7の主な新しい機能は下記の通り
・タブブラウジング機能の追加
・セキュリティ向上
・RSSフィードへの対応

早速インストールしてみましたが、メニューバーの簡略化などによってすっきりした印象を受けますが、細かい設定方法が分かりにくいという面も。
期待していたタブブラウジング機能は「悪くはない」くらいでしょうか。 ほかのタブブラウザとそんなに変わりません。

便利かどうかは別にしてちょっと面白いのが表示中のページを一覧表示できる機能。
たくさんのページを開いたときに目的のページを探すための機能だと思いますが、どうでしょう?

ちなみにインストールすると日本語フォントが「メイリオ」になるようです。
また、まだバグが残っているらしく、RSSフィードの画面を出そうとするとフリーズするようです。

興味のある方は自己責任にてインストールしてみてはどうでしょう。

IE7 Beta2 ダウンロードページ→

スクリーンショットもアップしておきます。

スクリーンショット1
スクリーンショット2

WindowsVistaやIE7などの情報についてはこちらをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »