« 7800GTを2基搭載した化け物グラフィックボードが発表 | トップページ | Yonah対応マザーまとめ »

2006年2月17日 (金)

2007 Microsoft Officeが発表

MicrosoftのOfficeのページにいつの間にか今年登場予定の開発コード「Office12」こと正式名称「2007 Microsoft Office」の詳細が発表されていました。

あくまでアメリカでの予定とのことですが、詳細な製品ラインナップ等が公開されています。

Office 2007プログラム単体ラインナップ(一部)

製品名 内容 価格
Microsoft Office Access 2007 Access $229
Microsoft Office Excel 2007 Excel $229
Microsoft Office OneNote 2007 OneNote $99
Microsoft Office Outlook 2007 Outlook $109
Microsoft Office PowerPoint 2007 PowerPoint $229
Microsoft Office Word 2007 Word $229

Office 2007スイート(統合製品)ラインナップ

製品名 内容 価格
Office Professional 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word、Access、Publisher、Outlook 2007 with Business Contact Manager $499
Office Small Business 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word、Publisher、Outlook 2007 with Business Contact Manager $449
Office Standard 2007 Excel、Outlook、PowerPoint、Word $399
Home and Student 2007 Excel、PowerPoint、Word、OneNote $149
Office Basic 2007 Excel、Outlook、Word 店頭販売なし

大きくユーザーインターフェースが変化するらしいOffice 2007ですが、その開発コンセプトは"作業時にユーザーが思い通りの成果を出すことができる、「結果指向型」"(Microsoft Office 2007紹介ページより抜粋)だそうです。まだまだどんな形になるのかわからないOffice 2007ですが、Officeの大変革になることは間違いないので期待が大きい反面、使い慣れたインターフェースが変わることへの戸惑いもあって、いろんな意味で待ち遠しい製品です。

図 3 - 最も適切なときにユーザーの必要な機能を表示するコンテキスト コマンド タブ
Office 2007の新インターフェース(Microsoftサイトより)

Microsoft Officeのページ→

なお、この内容は後日本サイトにも記載する予定です。
OS最新情報紹介ページ→

|

« 7800GTを2基搭載した化け物グラフィックボードが発表 | トップページ | Yonah対応マザーまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/740045

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 Microsoft Officeが発表:

« 7800GTを2基搭載した化け物グラフィックボードが発表 | トップページ | Yonah対応マザーまとめ »