« GPUを裏面に搭載したグラフィックボード | トップページ | 3DMark06がリリース »

2006年1月17日 (火)

Yonahのソケットの不思議

先日発売された「Yonah」こと「Core Duo/Solo」のCPUソケットについて不思議なことが・・・

Core Duo/SoloのCPUソケットは478ピンだと発表されていて、店頭でも確認されているので間違いありません。
しかし、各所で発表されているCore Duo/Solo対応マザーボードのソケットを見るとほとんどのものは479個の穴が開いているんです。
[写真]
せっかく穴があるのにピンが入ってない状態になってるんですね。

で、これはなぜだろう?と思いちょっと調べてみたらIntelのサイトにその答えらしい記述を見つけました。
Intelの「945GT」チップセットの詳細ページには、

(Supports Intel® Core™ Duo processor in the 478-pin Micro FCPGA and 479-ball Micro FCPGA packages, with scalability for future processor innovations.)

このように書かれていました。
つまり945GTチップセットは478ピンのCore Duoのほかに479ピンの「未来の新型CPU」に対応しているということです。

この「未来の新型CPU」というのは十中八九Meromのことと見て間違いないでしょう。

上記より以下のようなことが推測できますね。
・945GTはMeromに対応する
・Meromは479ピンのソケットを採用する
・479ピンソケットのCore対応マザーならばMeromに直接移行可能(?)

どこまでこの予測が当たるか分かりませんが、もしCoreを購入予定で将来Meromへの移行を考えている方は479ピンのマザーを購入しましょう!

※筆者予想が間違っていても責任は取れません

Meromについてはこちら→


|

« GPUを裏面に搭載したグラフィックボード | トップページ | 3DMark06がリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18458/374569

この記事へのトラックバック一覧です: Yonahのソケットの不思議:

« GPUを裏面に搭載したグラフィックボード | トップページ | 3DMark06がリリース »